28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

マーケティングと広告の違い

Must read

アメリカ

マーケティングと広告の違いについて隣の人に聞いても、明確な答えは返ってこない可能性が高い。多くの人にとって、マーケティングと広告には微妙な違いしかなく、説明するのが難しいことが多いからだ。

正直なところ、広告とマーケティングは密接に関連した分野であり、共通点も多い。しかし、多くの点でも異なっている。その違いを理解し、それぞれが中小企業の経営者としてあなたにどのような利益をもたらすことができるかを理解するには、まず両方の基本を理解する必要があります。

アメリカ マーケティングと広告の違い

このセクションでは、マーケティングと広告の明確な役割と影響を解き明かし、それぞれが中小企業の成功にどのように貢献しているかを明らかにすることを目的としています。密接に関連しながらも、その独自の機能を理解することは、戦略的プランニングと成長に不可欠である。

マーケティングとは何か?

マーケティングとは、簡単に言えば、企業とそのターゲットオーディエンスとのコミュニケーション手段のことである。米国マーケティング協会 は次のように定義している。 顧客、取引先、パートナー、社会全体にとって価値のあるものを創造し、伝達し、提供し、交換するための活動、一連の制度、プロセス」と定義している。

マーケティングには、市場細分化、ターゲットグループの特定、市場分析などの手法が含まれ、顧客との関わりや製品プロモーションのために適切な戦略を採用する。

マーケティングの核となる4つの主要な要素には、製品(Product)、価格(Price)、場所(Place)、プロモーション(Promotion)がある。これらの要素はマーケッターのE・ジェローム・マッカーシーによって紹介された。各要素の内訳は以下を参照。


スモール・ビジネス・ディール


商品

製品とは、消費者の需要/ニーズに対応する商品とみなされる。それは有形財であったり、無形のサービスであったりする。適切な製品を選択することは、それがあなたのビジネスの基礎であり、最初に顧客を引き付けるものであるため、非常に重要です。

価格

顧客が製品に対して支払う金額である。価格は企業の収益性を左右し、それによって企業が成功するか否かが決まる。適切な価格を設定するには、市場を理解し、顧客にとっての価値を確保する必要がある。

場所

製品は、消費者がアクセスできる場所に置かれなければならない。場所には、選択的流通、フランチャイズ、独占的流通などの戦略が含まれる。適切な場所や流通チャネルは、顧客が見つけやすく、購入しやすくすることで、製品の成功を大幅に高めることができる。

プロモーション

企業が製品に関する情報を提供するために採用するすべてのコミュニケーション手段は、プロモーションとみなされる。プロモーションには、広報、広告、販売促進などの要素が含まれる。効果的なプロモーションは、製品の認知度と知名度を高め、より多くの販売を促します。

それでは、広告の意味を理解してみましょう。

アメリカ マーケティングと広告の違い

アメリカ 広告とは何か?

広告は、製品やサービスを促進または販売するために企業によって使用されるマーケティングコミュニケーションの一形態として定義されています。本質的に、広告はマーケティングのコンポーネントまたはサブセットの一つです。言い換えれば、あなたがパイとしてマーケティングを考えるならば、広告はそのパイの重要なスライスになります。

広告の主な目的は、製品、サービス、または会社を促進することによって、購買行動に影響を与えることです。この目標を達成するために、広告は創造的なポジショニングとメディアに焦点を当てています。そうすることで、広告はあなたが提供しなければならないものについての認識を広める。

によると ロバート・J・ラヴィッジとゲイリー・A・スタイナーが提唱した「効果の階層」モデルによると、購買者は購買を行う際に6つの段階を経る。すなわち、認知、知識、好感、嗜好、確信、購入である。これら6つの段階は、さらに3つのカテゴリーに分けられる:意識と知識(認知的)、好みと嗜好(感情的)、確信と購入(結論的)である。

これらの3つのカテゴリーについては、以下でもう少し詳しく説明します。

認知的

この段階では、消費者は広告コミュニケーションを通じて彼らに提供された情報を処理します。したがって、広告はターゲットとなる消費者の興味をそそるために、製品の利点に関する情報を提示する必要がある。強い第一印象を与え、好奇心を育むためには、メッセージが明確で説得力があることが不可欠である。

アフェクティブ

消費者が感情段階にあるとき、彼らはブランドと関連付け始めることができるはずです。したがって、広告は、観客の感情的な側面に共鳴する必要があります。消費者は感情的な愛着を感じるブランドを選ぶ可能性が高いため、この結びつきはブランドの忠誠心や嗜好性を高めるために不可欠である。

結論的

Conativeステージは、買い手が実際に購入するか、単に購入する意思を示している段階を指します。この段階では、広告は購買プロセスを促進する方法に発展する。conativeステージは、買い手が実際に購入を行っているか、単に購入の意思を示している段階のいずれかを指します。この段階では、広告は購買プロセスを促進する方法に進化します。ここでの効果的な広告は、消費者が行動を起こすことを奨励し、彼らが購入を行うために、できるだけ簡単にそれを作る。

側面 マーケティング 広告
定義 価値ある製品を創造し、提供し、交換するための、企業とそのターゲットオーディエンスの間のコミュニケーション。 製品やサービスを促進するためのコミュニケーションに焦点を当てたマーケティングのサブセット。
主な要素 製品、価格、場所、プロモーション クリエイティブ・ポジショニングとメディア
製品 消費者の要求/ニーズに応える 製品やサービスを宣伝する
価格 企業の収益性と成功を決定する 価格設定とは直接関係ない
場所 商品流通とアクセシビリティの戦略 製品の立地とは無関係
プロモーション 広報、広告、販売促進など。 主に販促活動に重点を置く
目標 顧客エンゲージメントと製品プロモーション 購買行動への影響
効果の階層 認知的、感情的、結論的 認知的、感情的、結論的
認知的 興味を引く商品情報の提供 商品のメリットを伝える
感情的 ブランドとの感情的なつながりを作る 観客の感情に響く
Conative 購買プロセスの円滑化 購入または購入意向を促す

アメリカ マーケティングと広告の違い

アメリカ 広告とマーケティングはどう違うのか?

もうお分かりだと思いますが、マーケティングと広告は異なります。前述のように、マーケティングは、企業がその製品やサービスを促進し、配布し、価格をどのように全体像を提示します。広告は、この全体像の構成要素である。

広告とは別に、マーケティング計画には、広報、販売、流通戦略といった他の要素も含まれる。これらの要素はすべて、独立して、また相互依存的に機能することが期待されている。すべてが同じマーケティング目標をサポートするために協力しなければならない。

興味深いのは、ほとんどのマーケティング計画において、広告宣伝費が一般的に最大の経費を占めていることである。その理由を理解するのは難しくない。よく実行された広告キャンペーンは、望ましいインパクトを生み出すために、複数のチャネルで高い頻度で実行される。

また、マーケティングプランを作成することは、一般的に広告キャンペーンを作成するよりも時間がかかることを言及する価値がある。マーケティングには、市場分析、マーケティングリサーチ、ポジショニング、セグメンテーションなど様々な分野が含まれるため、広告よりも多くの戦略立案が含まれます。

言い換えれば、広告は、企業の製品やサービスについての適切な話題を作成することによって、マーケティングをサポートしています。それは、ターゲットオーディエンスの心の中に好奇心を生成しますが、最終的には全体的なマーケティングプランをサポートするために動作します。

アメリカ マーケティングと広告の違い

アメリカ 広告とマーケティングの境界線の曖昧さ

デジタル時代において、マーケティングと広告の間に存在する薄い境界線はますます曖昧になってきている。

検索エンジンマーケティング(SEM)とディスプレイ広告で、デジタルマーケティング担当者は現在、オンライン広告スペースで作業しています。ソーシャルネットワーキングは、最高の結果を達成するためにマーケティングと広告をペアリングしているこれらのマーケティング担当者のほとんどのための最も好ましいチャネルであることが判明している。

しかし、それは必ずしも良いことを意味するものではありません。その理由は次のとおりです。

多くの人は、ソーシャルメディアは強力なマーケティングチャネルであり、広告目的には慎重に使用されるべきであると考えている。

IBM.comのゲストブログで、Collective Biasのチーフ・ソーシャル・マーケティング・オフィサーであるテッド・ルービンは次のように説明している。しかし、あまりにも多くのブランドがソーシャルコミュニケーションの中で “広告 “を打ち、即座に行動を起こそうとしている。

最も最適な方法でソーシャルメディアを活用するために、マーケティング担当者は広告とマーケティングのための正しい戦略を持つ必要がある。まず始めに、顧客が何を求めているかを理解することが重要だ。彼らは広告や仕掛けを浴びるためにソーシャルメディアを利用しているのだろうか?それとも、興味深い方法で提供される情報を求めているのだろうか?

ターゲットオーディエンスの脈拍をチェックしているブランドは、ソーシャルメディアが統合マーケティングコミュニケーション戦略にどのように役立つかを知っている。それを念頭に置き、使いすぎずに活用する方法を知っている。

企業にとって重要なことは、広告とマーケティングがどのように連携して正しい結果をもたらすかを本当に理解することである。

アメリカ マーケティングと広告の違い

アメリカ 進化する広告とマーケティング

今日のダイナミックなビジネス環境において、かつて広告とマーケティングを明確に分けていた境界線はますます曖昧になってきている。デジタル時代は新たな機会と課題をもたらし、マーケティング担当者は、最適な結果を得るために両分野を活用する革新的な方法を模索する必要に迫られている。

デジタルマーケティングの力

検索エンジンマーケティング(SEM)とディスプレイ広告の出現により、デジタルマーケティング担当者は現在、オンライン広告の広大な領域で活動しています。この移行により、企業はデジタルプラットフォームの精度とリーチを活用し、特定のオーディエンスを効果的にターゲットにすることができるようになりました。特にソーシャルネットワーキングプラットフォームは、より広範なマーケティング戦略と広告をブレンドするユニークな機会を提供し、マーケティング担当者に好まれるチャネルとして浮上している。

注意書き

しかし、デジタルマーケティング、特にソーシャルメディアの領域では、注意を払うことが重要です。ソーシャルメディアは強力なマーケティングチャネルになり得るが、広告戦術の使い過ぎは悪影響をもたらす可能性がある。オーディエンスに広告やギミックを浴びせることは、短期的な利益をもたらすかもしれないが、信頼を損ない、長期的な関係構築の努力を妨げる可能性がある。

正しい戦略を立てる

成功しているデジタルマーケティング担当者は、顧客の嗜好に沿った適切な戦略を立てることの重要性を理解しています。視聴者が広告の嵐を望んでいるのか、それとも魅力的で有意義な方法で提供される情報を求めているのかを見極めることが不可欠です。そのためには、オーディエンスの習慣や価値観を深く理解し、彼らのオンライン体験を尊重し、彼らのデジタルインタラクションに付加価値を与える戦略を立てる必要があります。

バランスを見つける

デジタルを活用する企業にとって重要なのは、広告とマーケティングがどのように調和し、望ましい成果を達成できるかを理解することである。魅力的なマーケティング・コンテンツと戦略的に配置された広告の間で適切なバランスを取ることは、強固な顧客関係を構築し、持続可能なビジネス成長を達成するための道です。ビジネス目標とオーディエンスのニーズの両方に対応できるようにアプローチを調整することは、マーケティング活動がユーザー体験を妨げるのではなく、むしろ向上させることを確実にするため、非常に重要です。

デジタル領域が進化し続ける中、中小企業のオーナーは広告やマーケティングへのアプローチを適応させ、最新のツールやテクニックを効果的に活用する必要があります。そうすることで、常に変化し続けるビジネス環境の中で成功するためのポジションを確立することができるのです。

アスペクト 進化する広告とマーケティング
デジタルマーケティング デジタル時代は広告とマーケティングの境界線を曖昧にし、SEMやディスプレイ広告のようなオンラインプラットフォームを通じて、精密なターゲティングとオーディエンスリーチの機会を到来させました。
ソーシャルネットワーキング ソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームは、マーケティング担当者に好まれるチャネルとなり、広告をより広範なマーケティング戦略に統合するユニークな機会を提供している。
ソーシャルメディアにおける注意 ソーシャルメディアは強力なマーケティングチャネルであるが、広告戦術を使い過ぎると、信頼を損ねたり、長期的な関係構築の努力を妨げたりして、マイナスの結果を招く可能性がある。
正しい戦略を立てる 成功するデジタルマーケティング担当者は、顧客の好みに合わせて戦略を調整し、オーディエンスが魅力的な方法で提示される情報と広告のどちらを好むかを理解しています。
バランスを見つける 魅力的なマーケティング・コンテンツと戦略的に配置された広告の適切なバランスを達成することは、強固な顧客関係を構築し、持続的なビジネス成長を実現するための鍵となる。
適応 中小企業の経営者は、進化し続けるデジタル環境の中で最新のツールやテクニックを効果的に活用するために、アプローチを適応させなければならない。

アメリカ 広告とマーケティングの相乗効果を活用する

広告とマーケティングにはそれぞれ独自の役割と目的がありますが、多くの場合、最も大きな効果をもたらすのはそのコラボレーションです。ここでは、企業がこの2つの分野のシナジーを活用し、強力な競争優位性を獲得する方法をご紹介します:

  • 統合キャンペーン: マーケティング戦略と広告戦術をシームレスに融合させた包括的なキャンペーンを展開します。広告宣伝活動が、より広範なマーケティング目標やブランドメッセージと整合していることを確認します。
  • 一貫したメッセージング: すべてのマーケティングおよび広告チャネルにおいて、一貫した一貫性のあるメッセージを維持しましょう。この一貫性がブランド・アイデンティティを強化し、消費者の信頼を育みます。
  • データ主導の洞察 データ分析を活用することで、消費者の行動や嗜好に関する貴重な洞察を得ることができます。これらの洞察をマーケティングと広告戦略の両方に取り入れ、よりターゲットを絞った効果的なキャンペーンを展開しましょう。
  • クロスプロモーション: 広告チャネルを通じてマーケティングコンテンツを宣伝し、またその逆も行いましょう。例えば、ブログ記事や有益なビデオを有料広告で共有し、リーチとインパクトを最大化する。
  • フィードバックループ: 広告キャンペーンからインサイトを収集し、マーケティング戦略を洗練させるためにフィードバックの仕組みを確立する。広告のパフォーマンスから得られた洞察は、より広範なマーケティングの意思決定に役立てることができる。
  • 統一された目標 マーケティングチームと広告チームが共通の目標と重要業績評価指標(KPI)を共有できるようにしましょう。このように一致させることで、全員が同じ目標に向かって努力し、協力意識を育むことができます。
  • カスタマージャーニーマッピング マーケティングと広告の両方からのタッチポイントを含む包括的なカスタマージャーニーマップを作成する。顧客の認知からコンバージョンまでの経路を理解することで、より統合的なアプローチが可能になる。
  • パーソナライゼーション: マーケティングと広告の両方で、データ主導のパーソナライゼーション技術を活用しましょう。よりパーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスを提供するために、個々の顧客の好みに合わせてメッセージングを調整します。
  • テストと最適化 広告とマーケティング戦略を継続的にテストし、最適化しましょう。A/Bテストは、どのアプローチが最も効果的で、どこに調整が必要かを判断するのに役立ちます。

中小企業広告ガイドを読む


もっと見る 広告


引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article