15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

太陽電池の価格見通しに複雑なシグナル

Must read

毎週更新される pvマガジンダウ・ジョーンズ傘下のOPISが、世界のPV業界の主な価格動向について解説している。

太陽電池のFOB中国価格は、需給ファンダメンタルズに大きな変化がなかったため、今週は一貫して推移している。モノPERC M10とG12セル価格はそれぞれ0.0482ドル/Wと0.0473ドル/Wで横ばい傾向にあり、TOPCon M10セル価格は前週比0.0584ドル/Wで横ばいとなった。

OPISの調査によると、中国国内市場のMono PERC M10セルは0.387元(0.055ドル)/Wで推移している。価格安定の一因は、川上のウエハー価格が上昇を止め安定したことにある。中国国内市場におけるMono PERC M10ウエハーの価格は、ウエハーメーカーによる価格引き上げと利益回復の試みが需要の低迷により頓挫した結果、今週は横ばい傾向となり、先週と変わらず1.98元/枚で推移した。

とはいえ、セル・サプライヤーは依然として新たな値上げを考案しようとしている。セル部門の関係者によると、2月上旬までに0.4元/個を超える価格まで上昇する可能性があると楽観視している。

この関係者によると、市場関係者は、Mono PERC M10セルの価格は当面最低水準にあると見ている。「メーカーは、特注品を大きな損失で販売する必要はない。

これとは対照的に、ある川下筋は、春節前のMono PERCセルの追加値上げには慎重で、値上げを支えるだけの十分な需要がないと主張している。「ヨーロッパのデベロッパーが2023年後半に開始する新規モジュール購入オーダーの大半はn型である。

人気コンテンツ

あるデベロッパーは、すべての種類のセルが2月に値上げするのは難しいかもしれず、モジュール事業のキャッシュフローがセルの値上げを支えることができないかもしれないと述べた。

n型セルに切り替えた後も、別のセル・サプライヤーは、メーカーの財務状況は大きく改善していないと主張している。この情報源は、銀ペーストのようなシリコン以外のコストが、n型セルの製造がMono PERCセルの製造よりも高くつく主な理由だと述べている。TOPCon M10セルの価格は0.08元/W~0.09元/Wpで、Mono PERC M10セルより約21%高いが、N型セルのプレミアム価格はこれらの費用をカバーするには不十分である。

事業の継続を目指すセルメーカーにとって、製品の多様化は依然として重要な戦略である。ある中堅セルメーカーはOPISに対し、2024年に16バスバーのTOPCon M10セルの生産を開始する予定であり、これは従来の10バスバー・セルよりも効果が高く、銀ペーストの使用量も少なくて済むと述べた。

本記事で表明された見解および意見は筆者個人のものであり、必ずしも当社が保有する見解を反映するものではありません。 PVマガジン.

このコンテンツは著作権により保護されており、再利用することはできません。私たちと協力し、私たちのコンテンツの一部を再利用したい場合は、ご連絡ください: editors@pv-magazine.com.

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article