15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

シンガポールのQIPが米国のベッドに進出、シカゴのプロジェクトが前進で上屋を建設

Must read

テクノロジー

テクノロジー   シカゴの633 Sラサール

シカゴの633 S LaSalleで建設中(イメージ:QIP)

シンガポールを拠点とするプライベート・エクイティ不動産会社Qインベストメント・パートナーズ(QIP)は、シカゴの2件の住宅開発プロジェクトとニューヨークの新設倉庫施設で米国での足場を拡大している。

QIPは2月中旬、ジョイント・ベンチャー・パートナーであるメルローズ・アセンション・キャピタル(MAC)と共に開発を進めている、シカゴのサウス・ループにある633 S LaSalleの358ベッドの集合住宅プロジェクトで、米国初のプロジェクトとして建設資金6,370万ドルを調達したと発表した。

この発表は、JVがシカゴのダウンタウンの南にある同じ地区内で2つ目の集合住宅プロジェクトを引き受ける準備をしている時に行われたもので、同社の共同設立者兼最高経営責任者(CEO)のピーター・ヤング氏は最近ミンティアンディに語った。

日本の集合住宅と英国の学生寮の分野に当初焦点を置いていたQIPのグローバルな足跡を強化するためには、米国での事業を成長させることが極めて重要であり、同社は、米国の他の不動産セクターの変動にもかかわらず、米国の住宅および産業用不動産に有利な見通しを持っているとヤング氏は述べた。

「我々は米国の不動産市場に期待している。私たちの考えでは、米国のマクロとファンダメンタルズは強く、集合住宅とラストワンマイルの物流セクターは特に強い。

コビッド後の回復

633 S LaSalleの建設ローンは、Glacier Global Partners、BH3 Management、Petros PACE Financeの間でシンジケートされた。 2021年の最初の資金調達ラウンド.

テクノロジー ピーター・ヤング QIP

QIP共同設立者兼最高経営責任者 ピーター・ヤング

17階建てのこのプロジェクトは、サウス・ループ地区の学生や若いプロフェッショナルをターゲットにしており、6月に着工した後、2025年の第1四半期に稼働する予定だとヤングは語った。

「COVID-19の流行は、私たちの着工のタイミングに大きな影響を与えたが、私たちは幸運にも、再配置、再構築、そして建設費の高騰と金利の上昇という途方もなく困難な時期を乗り切り、より良いプロジェクトを実現するための時間を得ることができた」と、QIPの米国開発責任者であるジェームズ・コパック氏は声明で述べ、このプロジェクトがシカゴの賃貸住宅市場に「必要とされる在庫」をもたらすと指摘した。

シカゴを拠点とするMAC社は、このプロジェクトの少数株主であり、ヤング氏によると、パートナーは、賃貸住宅への旺盛な需要を見込んで、サウス・ループで2件目の集合住宅開発をすでに計画している。

「私たちのプロジェクトは、私たちが作成した製品で高いテイクアップを期待しており、その賃貸価格は、市内中心部に住むことを探している人々にとって特に魅力的です。シカゴのサブ・マーケット、特にサウス・ループは、非常に堅調に推移すると予想されますが、もちろん、米国の不動産市場全体も非常にダイナミックです」とヤング氏は語った。

アメリカ第3の都市であるシカゴでは、賃貸アパートの竣工はすでにピークを迎えており、シカゴは、短期的に賃貸料の伸びと入居率が期待できる、国内でも数少ない集合住宅市場である。 CBREの最新レポート.

2024年には44万戸が完成予定で、さらに90万戸以上の賃貸住宅が計画中である。CBREは、供給が急増することで、空室が増加し、今年の米国全体の集合住宅賃貸の伸びが鈍化すると予想している。

アップステートシェッド

産業面では、QIPは昨年末、開発部門がニューヨーク州ユティカのラストマイル物流プロジェクトの開発マネージャーを務め、初の倉庫プロジェクトを手掛けたとヤング氏は語った。

テクノロジー QIP ニューヨーク州ユティカ

QIPがニューヨーク州北部のビルド・トゥ・スーツ型倉庫の開発マネージャーを務める。

この52,500平方フィート(4,877平方メートル)のビルド・トゥ・スーツ・プロジェクトは、シュイラー・ビジネス・パークに位置し、ニューヨークを拠点とするRoutine Propertiesによって開発された。10月に竣工したこの物件には、現在、不特定の全米小売業者が入居している。

ヤング氏によると、QIPは過去2年間、米国開発マネージャーのアルバート・フィゲラス氏と共にコパック氏が率いる米国チームを成長させてきた。

「このシカゴのプロジェクトを実現し、シカゴのMACとの投資や倉庫プロジェクトのようなパッシブな投資を行うには、米国に現地拠点を持つことが鍵となります。

アメリカの3つのプロジェクトは、QIPの日本における4つの集合住宅(249床)と、イギリスにおける11の学生用宿泊施設(2,139床)のポートフォリオに追加される。

同社は5,000万ドルを投じて日本の4物件を取得した。 GK APGアセット1の集合住宅ビークル 昨年6月にクローズしたアリッサ・パートナーズを共同投資家兼現地運営パートナーとしている。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article