28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

インスタント・ファッションの代償

Must read

ビジネス情報

消費者は、ビジネスモデルの副作用、特に利益の私物化と、人的・環境的被害を含むコストの社会化について理解すべきである。

2024年2月27日

Cezaro De Luca/Europa Press via Getty Images

ポスト

  • ポスト

  • 共有する

  • 注釈を付ける

  • 保存

  • 印刷する

  • 近年、インスタント・ファッションは爆発的な人気を博している。シェインがIPOを模索する中、著者はインスタント・ファッションに貢献した社会現象、成功の要因、そしてこの業界モデルの危険性を検証する。このような商品には明らかに需要があるが、消費者や政策立案者は、このビジネスモデルには副作用、特に利益の私物化と社会的・環境的害を含むコストの社会化が伴うことも認識する必要がある。

    過去30年間で、3つのテクノロジーシフトがファッションの展望に変化をもたらした。第一に、2000 年代初頭、高度なデータ分析、RFID、そしてローカライズされたサプライチェーンが、「ファストファッション」の出現を後押しした。続く10年には、インターネットを活用したeコマースの登場により、消費者直販(DTC)ブランドが台頭した。

    • ケネス・P・パッカー は、タフツ大学フレッチャー・スクールの実務担当教授で、ティンバーランドの元最高執行責任者。

    ポスト

  • ポスト

  • 共有する

  • 注釈を付ける

  • 保存

  • プリント

  • 引用元へ

    - Advertisement -spot_img

    More articles

    - Advertisement -spot_img

    Latest article