28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

今日の株式市場:NiftyとSensex、新週はマイナススタート

Must read

  • インドのNiftyとSensexは月曜日、世界市場が慎重な中、赤字で引けた。
  • NiftyとSensexは、金属と製薬セクターの銘柄に足を引っ張られた。
  • 現在、米国のPCEインフレ・データ、インドの第3四半期GDP、そして今週末に予定されている月次デリバティブの期限切れに注目が集まっている。

インドの主要なベンチマーク指数であるSENSEX30とNIFTY50は、アジアと欧州の株式市場の慎重な基調に影響され、月曜日は下落して取引を終えた。中国と台湾の間に再び緊張が高まっていることや、今後発表される世界的なインフレ・データを市場は重く見ており、リスク心理は今のところ弱いままである。

インドのトレーダーは、インドの第3四半期国内総生産(GDP)データおよび月次デリバティブ契約の期限切れを控えて警戒を続けた。 今週.

ナショナル証券取引所(NSE)のニフティ50は22,122.05、ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30は72,790.13と、それぞれ0.45%近く下落した。

  • NiftyとSensexは月曜日、金属と製薬セクター株の急落の影響を受けた。
  • 月曜日、ニフティの上昇率上位はパワーグリッド、L&T、SBI生命保険、アダニ・エンタープライゼス、タタ・コンシューマー・プロダクツだった。一方、値下がり率上位はヒンダルコ、ディビスラボ、テック・マヒンドラ、アジアン・ペイント、アポロ病院などだった。
  • 主要企業ニュースTVSモーターは、TVS HLXバリアントHLX 150Fを発売した。
  • CNBC-TV18が情報筋の話として報じたところによると、Vodafone Ideaの取締役会は数ヶ月以内に大規模な資金調達計画を策定する予定。
  • 中国商務部は月曜日、「米国は中国が “過剰生産能力 “を生み出したと虚偽の主張をしているが、これは米国側の一国主義と覇権主義的行動を完全に反映している」と述べた。
  • これとは別に、中国当局は、福建省沿岸警備隊が台湾の金門島近海でパトロールを強化していると発表した。
  • 金曜の米国株式市場は横ばいから下落して引けた。米国株式先物は、報道時点では0.15%安で取引されている。
  • 先週、NiftyとSensexのトレーダーは、インドと米国の企業PMI速報値がまちまちだったことや、インド準備銀行(RBI)2月会合でタカ派的な議事録が発表されたことを考慮した。
  • HSBC銀行が木曜日に発表したデータによると、インドの製造業購買担当者(PMI)指数は1月の56.9から2月は56.7に低下した。一方、サービス業PMIは前回の61.8から62.0に上昇した。総合PMIは前回の61.2に対し61.5となった。
  • RBI議事録の中で、シャクティカンタ・ダス総裁は、「この局面で、金融政策は引き続き警戒を怠らず、インフレ前線での我々の仕事が終わったと思い込んではならない。我々は、粘着性のあるディスインフレの “ラストワンマイル “をうまく乗り切ることに専念しなければならない」と述べた。
  • S&Pグローバル製造業PMIは50.7から51.5に改善したが、S&Pグローバルサービス業PMIは52.5から51.3に低下した。
  • 今後の注目は、今週末に発表される米国のPCEインフレとインドの国内総生産(GDP)である。
  • CMEのフェドウォッチ・ツールによると、米連邦準備制度理事会(FRB)が5月に利下げに踏み切る可能性は、1カ月前の90%超から大幅に低下し、市場では現在20%程度にとどまっている。6月の会合については、利下げの可能性は数日前の77%から70%に低下している。

ーニフティ50 FAQ

んだな。

ニフティ50、または単にニフティは、インドで最も一般的にフォローされている株価指数です。インド証券取引所(NSE)が1996年に発表しました。インドの大企業50社の加重平均株価をプロットし、投資家に経済の13セクターへの包括的なエクスポージャーを提供しています。各企業の加重平均株価は、「フリー・フロート・キャピタリゼーション」、すなわち容易に取引可能な全株式の価値に基づいている。

ニフティ50を動かす要因は何ですか?

Niftyは複合指数なので、その価値は四半期決算や年次決算で明らかになるように、指数を構成する企業の業績に左右されます。もう一つの要因は政府の政策で、例えば2016年に政府が500ルピーと1000ルピーの紙幣を無効化することを決定しました。これは一時的な現金不足を招き、Niftyにマイナスの影響を与えた。インド準備銀行が設定する金利水準は借入コストを決定するため、さらなる要因である。気候変動、パンデミック、自然災害も要因のひとつである。

ニフティ50の主な節目は何ですか?

ニフティ50は1996年4月22日に1,000を基本水準としてスタートしました。現在までの最高記録は、2024年1月15日に達成した22,097です(これは2024年2月に書かれています)。10,000を初めて上回ったのは2017年10月17日だった。Niftyは2020年3月23日、Covidパンデミック時に1日で最大の下落を記録し、1,125ポイント(12.37%)下落した。Niftyが1日で最も上昇したのは2009年5月18日で、インドの選挙結果を受けて651ポイント上昇した。

ニフティ50の主要企業は?

Nifty50の主要企業には、HDFC銀行、Reliance Industries、ICICI銀行、Tata Consultancy Services、Larsen and Toubro、ITC Ltd、Housing Development Finance Corporation Ltd、Kotak Mahendra Bankなどがあります。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄のポジションも持っておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報の誤謬、脱漏、および本情報の表示または使用から生じるいかなる損失、傷害、損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article