31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

彼は女王を裏切った。許せない』:メーガン・マークルが引き起こしたドナルド・トランプとハリー王子の溝

Must read

イギリス

ドナルド・トランプ前米大統領とハリー王子の間の溝が深まり続けるなか、緊張関係にメーガン・マークルの影が投げかけられ、大西洋を越える嵐が吹き荒れつつある。

トランプ氏のエリザベス女王への憧れのルーツは、1953年、ニューヨークで母親と並んで、最近手に入れたばかりのテレビで戴冠式を見たことにさかのぼる。

ウィンザー城で初めて女王に会ったとき、彼はこう言った:「女王は素晴らしい。彼女はとても鋭く、賢く、美しい。とても特別な人だ。

「私の母はあなたの大ファンでした。彼女はヘブリディーズ諸島のストーノウェイで生まれたんだ。とても真面目なスコットランドで、それは間違いない』ってね」。

これは、トランプ大統領が最近ハリー王子を激しく批判し、11月の選挙で前大統領がホワイトハウスを奪還した場合、ハリー王子は “自己責任 “になると威嚇的に警告したことにつながる。

ワシントンDCで開催された保守政治行動会議でのスピーチで、T.ランプは後任のバイデン大統領に向けてハリー王子が2020年に英国から米国に移って以来、彼がハリー王子に過剰に配慮していると非難した。

論争の中心となっているのは、サセックス公爵夫人であるメーガン・マークルで、ハリー王子との結婚は世界的な見世物となり、伝統的に控えめなイギリス王室にアメリカ的なセンスを導入した。

9月 ドナルド・トランプは熱意の欠如を表明した サセックス公爵夫人がアメリカ人に投票を呼びかけたことを受けて。

この元女優が初めてトランプを取り上げたのは、2016年に出演した “The Nightly Show with Larry Wilmore “でのことだった。

その瞬間を振り返り、マークルはこう発言した:”トロントで『SUITS/スーツ』の撮影をするんだけど、カナダに残ろうかな “って思った瞬間だった」。

そう、もちろん、トランプは分裂している、女性有権者のことだけを考えても……」と続けた。2012年だったと思うけど、共和党は女性票を12ポイントも失ったのよ。これはとても大きな数字で、トランプほど女性差別的で、それを声高に主張する人は、その大きな塊と言えるわ」。

マークルは後に、ヒラリー・クリントンへの支持は “彼女が女性だから “ではなく、”トランプが描いているような世界を本当に望んでいないことが簡単にわかるようになったから “だと明らかにした。

事情に近い情報筋によると、大統領在任中のトランプは、ハリー王子が伝統的な王室の儀礼から逸脱し、メーガン妃を率直に支持していると受け止めたことに驚いたという。

ハリー王子が職務から身を引き、米国に移住するという決断を下したことが火種となり、公的・外交的なスペクタクルが巻き起こった。

トランプとハリーの関係の転換点は、メーガン・マークルがハリー王子の決断、特に王室の職務から離れるという決断に影響を及ぼしているというトランプの認識に根ざしているようだ。

前大統領は、ハリー王子の離脱を女王への裏切りだとして、内々に不支持を表明したと言われている。

アナリストたちは、トランプ大統領とハリー王子の衝突は単なる個人的な確執ではなく、米英両国の社会で起きているより広範な文化的シフトの反映だと指摘する。

メーガン・マークルの女優から公爵夫人、そして独立したアメリカ人居住者への道のりは、伝統、多様性、個人の選択をめぐる進化する物語を体現し、称賛されるとともに批判されてきた。

この確執の波紋は、個人的な敵意にとどまらない。

伝統的に緊密な結びつきを特徴とする米国と英国の外交関係は、個人的な感情が政治的な言説と絡み合うことで、新たな次元の緊張に直面している。

歴史的に政治問題への関与に慎重であった王室は、不注意にも外交的スペクタクルの集中砲火を浴びている。

トランプとハリーの軋轢を世間が分析し続けるなか、両者は依然として世間の注目を浴び、影響力を行使し、物語を形成している。

精神衛生問題や退役軍人の権利に関するハリー王子の主張と、メディア、政治、ビジネスへのトランプ氏の進出は対照的であり、より広い社会的・政治的ランドスケープにおける継続的な緊張の舞台となっている。

メーガン・マークルは、ドナルド・トランプとハリー王子の対立のきっかけとなり、個人的な関係、政治的イデオロギー、そして世界的なセレブリティの力学が複雑に絡み合っていることを明らかにした。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article