29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

独占:ボルトがボツワナに進出、ドライバー手数料を6カ月間無料に

Must read

テクノロジー

エストニアのライドヘイリング会社Boltは、ボツワナの首都ハボローネでサービスを開始し、ライドヘイリング会社としては他にinDriveしかない市場で競争する。

ボルト社は、展開の一環として、通常乗車料金の15%から20%であるドライバーからの手数料を6ヶ月間徴収しない。同社によると、これまでに100人のドライバーが乗り込んでいるという。

ボルト社のボツワナでの立ち上げは、アフリカ南部での拡大を続けている。同社は過去6ヶ月間にザンビア、ジンバブエ、ナミビアでサービスを開始した。ボツワナは、2016年に南アフリカで初めてサービスを開始して以来、ボルトがサービスを開始した14番目のアフリカの国である。

「ボツワナで当社のサービスを導入できることをうれしく思います」と、ボルトの事業拡大責任者であるローラン・コアージュ氏は述べた。”我々の目的は、競争力のある価格設定によって高い需要を育てながら、ドライバーの収益を増やすことです。”

Boltはボツワナのライドヘイリング市場に参入したが、ライドヘイリングプラットフォームにとっては厳しい事業環境でもある。inDriveはボツワナ市場をテストした最初のプラットフォームで、5年前にボツワナでサービスを開始した。現在に至るまで、同国で唯一のプラットフォームであり続けている。

しかし 人気が爆発したがおそらく国内でのライドヘイリングの需要の大きさを示しているのだろう。 ドライバーの不正行為 また プッシュバック 公共交通事業者からの反発

Boltは、ライダーやドライバーが即座に警察に連絡できるSOSボタン、ライダーやドライバーが互いにマッチングしないようにするドライバー・アンマッチング、双方がリアルタイムの乗車情報を共有できる「シェア・マイ・ライド」オプションなどの機能を備えている。また、このプラットフォームでは、ドライバーは現地の規制当局から必要な免許をすべて取得している必要がある。これらの機能を通じて、同社はボツワナのライドヘイリングを悩ませてきた安全性と不正行為の問題に対処したいと考えている。

2023年初頭、ボルトはアフリカ市場に5億ユーロ以上を投資する計画を発表した。その取り組みのひとつが、30万人以上のドライバーパートナーに雇用機会を提供することだった。同社は世界45カ国で事業を展開し、1億5,000万人以上の顧客にサービスを提供し、300万人以上のドライバーと協働している。

テクノロジー 最良のアフリカ技術ニュースレターを受信する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article