28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

レアル・マドリー、審判問題でベリンガムとビニJr.を出場停止で失う可能性

Must read

ビジネス情報

レアル・マドリードは、土曜日の夜に行われたバレンシアとのドロー後の混乱により、今後数週間のうちに2人の主力選手を失う可能性がある。ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールは、試合後の審判に対する発言により、出場停止処分を受ける可能性があると報じられている。

レアル・マドリード対バレンシアの試合終了間際の騒動の原因は?

メスタージャ・スタジアムで行われたバレンシア戦、ロス・ブランコスは2-0の劣勢から、ヴィニシウスのゴールで引き分けに持ち込んだ。しかし、バレンシアはビニシウスのゴールで大逆転勝利を収めたと思った。 ジュード・ベリンガム がヘディングでゴールネットを揺らした。

主審のヘスス・ジル・マンサーノは当初、7分間のロスタイムを追加していたが、VARのチェックにより、さらに延長されることになった。99分、レアル・マドリードは攻勢を強めたが、試合終了のホイッスルが鳴り、文字通り空中分解した。 ブラヒム・ディアス ボックス内のベリンガムに向かってクロスが送られ、それがベリンガムの頭に当たった瞬間、主審は笛を吹いた。その一瞬後、ボールはゴールネットを揺らし、レアル・マドリードの選手たちは歓喜に沸いた。

しかし、すぐにゴールは認められず、ジル・マンサーノは抗議する選手たちに取り囲まれた。ベリンガムにはレッドカードが提示され、クラブがこの判定を不服としない限り、出場停止となる可能性が高い。

なぜヴィニシウスは出場停止の可能性があるのか?

スポーツ 2ゴールを決めたヴィニシウス・ジュニオールが、レアル・マドリードのテレビ局の取材に応じ、出場停止処分を受ける可能性があると語った:「結局、僕たちは勝つことができなかった。

リーガ・エスパニョーラのコンペティション委員会は過去にも、マッチオフィシャルに苦言を呈した選手を制裁したことがあり、ヴィニシウスも同じ運命をたどるかもしれない。もちろん、レアル・マドリードはさらなる制裁から選手を守るだろうが、攻撃陣だけでなく、守備陣もジレンマに直面することになるのかどうか。

ここ数ヶ月、クラブは負傷者の危機に直面しており、GKを含む多くのDFが長期離脱を余儀なくされている。ここまで奇跡的にリーガ・エスパニョーラの首位をキープできているのは、驚異的な中盤とフォワードラインの存在が大きい。

ベリンガムとヴィニシウスはともにシーズンを通して印象的なプレーを見せており、キャンペーン終盤の重要な時期に2人を失うことは大きな痛手となる。

カルロ・アンチェロッティ監督はベリンガムを擁護し、イングランド人選手はレフェリーに対して侮辱的な言葉を浴びせておらず、レッドカードに値しないと述べた。試合後の記者会見で、アンチェロッティはこう語った:ベリンガムは主審に “クソゴールだ “と言っただけで、侮辱などしていない。レフェリーが何を書いたか見てみよう」。

イタリア人監督は、勝利につながるゴールが認められた後、それは普通の反応であり、選手全員が同じように怒っていたと語った。しかし、彼は混乱の中で冷静さを求めた。「何と言えばいいか、言うことはあまりない。前例のないことが起きた。選手たちは怒っているが、我々全員が冷静にならなければならない。

一部のソーシャルメディアユーザーは、ギル・マンサーノが英語を話すサッカー選手に何を言われたのかさえ正確に理解していなかった可能性が高いと冗談を言っている。未確認情報では、この事件は調査中であり、レフェリー自身も出場停止処分を受ける可能性があるとしている。

とはいえ、レアル・マドリードは引き分けにより勝ち点2を落としたものの、タイトルのライバルであるジローナがマジョルカに敗れ、勝ち点差が7に開いたことに安堵していることだろう。一方、FCバルセロナはアスレティック・クラブと引き分け、3位ジローナとの勝ち点差をキープした。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article