28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

オージーGDPが軟調に推移する中、豪ドルは心理的水準を下回る水準で推移

Must read

ビジネス情報

  • 水曜日のASX200指数が改善したため、豪ドルは日中の損失を回復。
  • 2023年第4四半期の豪GDP(前期比)は0.2%増と予想の0.3%増をわずかに下回る。
  • オーストラリア・コモンウェルス銀行は、弱いGDPデータを受けて、2024年に75bpsの利下げを行うとの見通しを改めて示した。
  • 米2月ISMサービス業PMIは予想53.0に対し52.6に低下。
  • 米国債利回りの上昇でドルが上昇。

豪ドル(AUD)は、水曜日のGDPが軟調だったにもかかわらず、日中の損失を回復した。しかし、株式市場が軟調に推移する中、豪ドルはアジア時間序盤に下落圧力に直面した。S&P/ASX200指数は、ウォール街のテクノロジー株や鉱業株の下落を反映し、3セッション連続で下落している。

豪ドルは、予想を下回る軟調な値動きの影響をほとんど受けずに推移した。 国内総生産 (GDP)のデータ。2023年第4四半期のGDPは前期比0.2%増となり、市場予想の0.3%増をわずかに下回った。しかし、前年同期比では1.5%増と予想の1.4%増を上回ったものの、前回の2.1%増には届かなかった。

オーストラリア準備銀行(RBA)は、インフレ率を目標に戻すことを目指し、景気減速の兆候を引き続き監視している。RBAは、2024年6月までに経済成長率が1.3%までさらに減速すると予想している。

オーストラリア 米ドル・インデックス パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の米議会下院金融サービス委員会での証言が水曜日と木曜日に予定されており、これを前に米国債利回りが回復していることが好感され、ドルインデックス(DXY)は3日続落に歯止めをかけようとしている。しかし、米ISMサービス購買担当者景気指数(PMI)が予想を下回ったことから、米ドル(USD)には下落圧力がかかっている。水曜日には2月のADP雇用者数変化が注目される。

ビジネス情報 デイリーダイジェスト市場の動き豪ドル、リスクオン心理で上昇

  • 1月のAiG産業指数は-14.9と、前月の-27.3から低下。
  • AiG建設業PMIは、前回値-11.5から-18.4へと低下し、縮小幅を拡大した。
  • AiG製造業PMIは-12.6で、前回の-23.8から縮小した。
  • 柔道銀行サービス業PMIは53.1と、10ヵ月ぶりの高水準となった。この上昇により、指数は拡大を示す50.0の基準値を上回り、前回の49.1を上回った。
  • 柔道銀行総合PMIは前回の49.0から52.1に上昇し、9ヶ月ぶりの高水準となった。
  • 2023年第4四半期の豪州経常収支は、予想の56億、事前の13億に対し118億に増加。
  • ANZ-ロイ・モルガンのオーストラリア消費者信頼感指数は、前回の83.2から81.0に低下。この最新の数値は、2024年に入ってこれまでで最低のレベルを記録した。
  • オーストラリア・メルボルン研究所、2月のインフレ率は前年同月比4.0%上昇、前回の4.6%上昇を下回る。
  • コメルツ銀行のエコノミストは、オーストラリア準備銀行(RBA)が利下げを延期し、その間の豪ドル(AUD)を下支えすると予想している。彼らは、オーストラリア経済の減速が差し迫っているとは見ていない。しかし、景気後退を示唆するような明確な兆候が現れれば、RBAは金融政策スタンスを早期に調整する可能性がある。
  • 柔道銀行のエコノミスト、マシュー・デ・パスクエールによると、2月のサービス業PMIは、同セクターが2023年にソフトランディングを達成し、2024年初頭に活動の復活を目撃していることを示唆している。企業活動の回復力は経済成長と雇用に良い兆しを見せる一方、インフレ率が豪準備銀行の予測期限内に目標値に戻る可能性には疑問を投げかけている。
  • ニューヨーク連銀の元エコノミスト、スティーブン・フリードマン氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策担当者は、力強い成長と不安定なインフレのため、今年の利下げには慎重な姿勢を維持する可能性が高いと指摘した。同氏は、2024年に予想されている3回の利下げよりも少ない可能性を予想している。
  • アトランタ連邦準備制度理事会(FRB)のボスティック総裁は月曜日、ソフトランディングの達成に不安を表明し、話題となった。ボスティック総裁は、利下げが開始されても連続的な利下げは見込んでいないが、2024年には25ベーシスポイントの利下げを2回実施すると予想している。インフレ率は目標の2%に戻ると予想されているが、ボスティック総裁は勝利を宣言するのは時期尚早だと考えている。
  • CMEのFedWatchツールによると、3月に25ベーシスポイントの利下げが実施される可能性は4.0%、5月と6月に利下げが実施される可能性はそれぞれ23.9%と53.3%となっている。
  • 2月のISMサービス業PMIは52.6に低下、53.4から53.0への低下予想に反して。
  • 1月の工場受注(前月比)は3.6%減少、予想の2.9%減少を上回る。
  • S&Pグローバル総合PMI(2月)は前回値51.4から52.5に上昇。
  • 米2月ISM製造業PMIは49.1から47.8に低下、市場予想の49.5を下回る。
  • 米2月ミシガン州消費者景況感指数は76.9に低下し、市場予想の79.6から横ばいとなった。
  • 1月の米個人消費支出(PCE)価格指数は前年比2.4%上昇、前月比2.6%上昇に対し市場予想と一致。前月比は0.3%上昇(前月:0.1%)。

ビジネス情報 テクニカル分析:豪ドルは、心理的レベル0.6500を上回る動き

水曜日、豪ドルは0.6490付近で取引されました。当面のレジスタンスは、心理的レベル0.6500付近に位置しています。このレベルを上抜けした場合 豪ドル/米ドル ペア は、0.6529の21日指数移動平均(EMA)、0.6543のフィボナッチリトレースメント23.6%レベル、そして0.6550のメジャーレベルに到達しています。下値では、前週の安値0.6486が重要なサポートとなる。突破された場合、主要サポートレベルである0.6450と2月の安値0.6442付近をターゲットとする可能性がある。

ビジネス情報 豪ドル/米ドル:日足チャート

ビジネス情報 今日の豪ドル相場

以下の表は、本日の主要通貨に対する豪ドル (AUD) の変動率を示しています。オーストラリアドルはスイスフランに対して最も堅調でした。

米ドル EUR GBP CAD 豪ドル 日本円 ニュージーランドドル スイスフラン
米ドル 0.03% 0.03% -0.04% -0.14% -0.03% -0.01% 0.11%
ユーロ -0.05% -0.02% -0.08% -0.18% -0.07% -0.05% 0.07%
GBP -0.03% 0.00% -0.06% -0.16% -0.05% -0.02% 0.08%
CAD 0.03% 0.08% 0.06% -0.11% 0.00% 0.03% 0.15%
豪ドル 0.14% 0.20% 0.17% 0.10% 0.11% 0.13% 0.25%
0.03% 0.07% 0.04% -0.01% -0.10% 0.02% 0.11%
ニュージーランドドル 0.00% 0.06% 0.02% -0.03% -0.14% -0.02% 0.13%
CHF -0.12% -0.08% -0.09% -0.15% -0.25% -0.14% -0.12%

ヒートマップは主要通貨の対円レート変動率を示しています。基準通貨は左の列から、気配通貨は上の行から選ばれます。例えば、左の列からユーロを選び、水平線に沿って日本円に移動すると、ボックス内に表示される変化率はEUR(ベース)/JPY(クォート)を表します。

ビジネス情報 GDPに関するFAQ

国内総生産(GDP)は、一定期間(通常は四半期)におけるその国の経済成長率を測定します。最も信頼できる数値は、GDPを前四半期(例:2023年第2四半期対2023年第1四半期)、または前年同期(例:2023年第2四半期対2022年第2四半期)と比較したものです。年率換算された四半期GDPは、その四半期の成長率をあたかもその年の残りの期間も一定であるかのように外挿したものである。しかし、一時的なショックがある四半期の成長率に影響し、それが年間を通じて続く可能性が低い場合(例えば、コビド・パンデミックが発生した2020年第1四半期に成長率が急落したような場合)、これらの数値は誤解を招く可能性がある。

GDPが上昇することは、一般的にその国の通貨にとってプラスである。なぜなら、GDPは経済成長を反映するため、輸出可能な商品やサービスを生産する可能性が高くなり、海外からの投資も集まりやすくなるからである。同じ意味で、GDPが落ち込むと通貨にとってはマイナスになるのが普通である。経済が成長すると、人々はより多く消費する傾向があり、インフレにつながる。その国の中央銀行はインフレに対抗するために金利を引き上げなければならないが、その副作用として世界の投資家からの資本流入が増えるため、自国通貨高が進むことになる。

経済が成長しGDPが上昇すると、人々はより多くの支出をする傾向があり、それがインフレにつながる。すると、国の中央銀行はインフレに対抗するために金利を引き上げなければならなくなる。金利の上昇は金にとってマイナスです。なぜなら、金を保有する機会コストは、現金預金口座に資金を預ける機会コストよりも高くなるからです。したがって、GDP成長率の上昇は通常ゴールド価格にとって弱気要因となります。

このページの情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていません。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性についていかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article