29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

ステランティス社、オンタリオ州ウィンザーで電気ダッジ・チャージャーを製造へ

Must read

テクノロジー

テクノロジー 同社はこれを “世界初で唯一の電気マッスルカー “と呼んでいる。

2024年3月6日11:06 AM EST 3件のコメント

自動車会社ステランティスは、オンタリオ州ウィンザーの組立工場で2024年型ダッジ・チャージャーを生産する。

ダッジのブランドCEOであるティム・クニスキスは声明で「次世代のダッジ・マッスルが登場した」と述べた。

ステランティスは、ダッジ、クライスラー、フィアットを含む14のブランドで自動車を製造している。

デイトナのスキャットパックとR/Tモデルの2ドアクーペの生産は2024年半ばに、4ドアバージョンの生産は2025年に開始される。同年にガスエンジン車の生産も開始する。

11月にステランティスは、工場に電気バッテリー機能を導入すると述べた。 カナディアン・プレス

今回の移転はユニフォーとの労働協約の一環であり、ステランティスはウィンザー工場への投資額を18億9000万ドルと見積もっている。

ウィンザー工場は現在、ハイブリッド車とガスエンジン車を生産している。同社は、EVは2038年までにネット・カーボン・ゼロを達成するために、グローバルな二酸化炭素排出量を削減するのに役立つと述べている。

画像クレジット:Stellantis

出典 ステランティス Via: カナディアン・プレス

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article