33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

一般教書演説バイデン氏、富裕層と企業への増税を誓う

Must read

アメリカ

アメリカ 一般教書バイデン氏、富裕層と企業への増税を誓う© Reuters.ファイル・フォト:2024年3月5日、米ワシントンのホワイトハウスのステート・ダイニング・ルームで、競争評議会の会合前に発言するジョー・バイデン米大統領。REUTERS/Evelyn Hockstein/File Photo

デービッド・ローダー

ワシントン(ロイター) – ジョー・バイデン米大統領は木曜日、一般教書演説で、米国の富裕層と大企業への増税を宣言。

バイデン氏は、来週発表される2025年度予算案の一部であるこの措置を予告した。この予算案は、10年間で連邦赤字を3兆ドル削減することを目指すもので、同時に低所得者層への減税と中流階級の住宅購入者支援も目的としている。

バイデン氏は、今後2年間、毎月400ドル相当を住宅ローン金利の高騰分を相殺することで、アメリカ人が初めて家を購入したり、より大きな家に買い替えたりするのを支援する新しい税額控除を提案した。バイデンはまた、連邦政府が支援する住宅ローンの借り換えにおける権原保険の廃止を求めた。

この税制計画は、民主党大統領の再選キャンペーンの中核をなすと予想され、企業や富裕層、多くの中流階級のアメリカ人に対する減税に2017年に署名した共和党のドナルド・トランプ候補とは対照的である。

「私は資本主義者だ。100万ドル、あるいは数百万ドルを稼ぎたい?それは素晴らしいことだ。ただ、公平に税金を払えばいい」とバイデンは言い、トランプ時代の減税は「連邦赤字を爆発的に増やした」と付け加えた。

バイデン氏の税制案のほとんどは、11月の両議会で民主党が過半数を占めない限り、実現の可能性はほとんどない。

法人税率を現在の21%から28%に引き上げるというこれまでの呼びかけに加え、2022年のクリーン・エネルギー法案の一部として獲得した法人最低税15%についても「少なくとも21%」への引き上げを求めた。この税金は10億ドル以上の利益を計上した企業に適用される。

バイデン政権幹部はまた、2022年に承認された企業の自社株買いに対する1%の課税を4倍にしたいと記者団に語った。

減税抑制

バイデンはまた、議会に対し、役員報酬に対する企業所得控除をはるかに厳しく制限し、特定の従業員に対して100万ドルまでとすることを承認するよう求めた。

現在の法律では、最高経営責任者、最高財務責任者、その他の重要な役職の報酬の控除は禁止されている。ホワイトハウス当局者によると、新提案は100万ドル以上の報酬を受け取るすべての従業員を対象とし、10年間で2500億ドル以上の新たな法人税収を上げるという。

バイデンはまた、内国歳入庁がすでに監査の対象としている、企業用ジェット機の使用に対する事業所得控除を追及するよう議会に求めた。これには、企業用ジェット機の減価償却期間を現在の5年から民間航空機と同じ7年に延長し、年間控除額を減らすことも含まれる、と政府高官は述べた。

バイデンは、1億ドル以上の富を持つアメリカ人の所得に最低25%の税金を課す「億万長者税」の必要性を改めて訴え、育児や有給休暇などの福利厚生の財源として10年間で5000億ドルを捻出できると述べた。

OECDの報告によると、平均的なアメリカ人労働者の2022年の税率は約25%であった。バイデンは、約1,000人の億万長者の平均税率は8.2%だと述べ、こう付け加えた:「億万長者の税率は、教師や衛生士、看護師よりも低いはずはない。

彼は、40万ドル以下の所得者に対するトランプ時代の減税を延長し、COVID時代の子ども税額控除の拡大を復活させ、低賃金労働者に対する税額控除を増やすことを約束した。

バイデンの最新の提案は、2017年の共和党減税の維持を最優先事項としている米国商工会議所から鋭い非難を浴びた。

バイデンの政策は、「実際に経済成長を低下させ、新規事業の立ち上げを減少させ、雇用創出を減少させ、アメリカ人家庭の選択肢を減少させるだろう」と、同商工会議所のニール・ブラッドリー最高政策責任者は述べた。

しかし、左派寄りのCenter on Budget and Policy Prioritiesで税制政策を担当するチャック・マー氏は、バイデン氏の「軌道修正」は米国の税制をより公平なものにするだろうと述べた。

「バイデン大統領の税制案は、法人税率引き下げに代表されるように、2017年のトランプ税法が富裕層に偏り、高額で、約束を果たせなかったことを認識している」とマー氏は述べた。

ジャンクフィー」との戦い

消費者が高値に直面し続けるなか、バイデンはまた、表示価格に上乗せされる「ジャンク・フィー」やパッケージの小型化など、「価格破壊」を引き続き取り締まると述べた。

今週、クレジットカードの遅延手数料の上限を8ドルとする動きがあった後、バイデンは、これによりアメリカ人は200億ドルを節約でき、銀行はそれについて「怒っている」と述べた。

「私はそれだけにとどまらない。私の新政権は、ケーブルテレビ、旅行、公共料金、オンライン・チケット販売について、前もって合計金額を伝える規則を提案している。そうすれば、驚くことはない。それが重要だ」と彼は付け加えた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article