33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

セネガルとインドネシアの選挙は市民にとって何を意味するのか?

Must read

ビジネス情報

選挙はどこで行なわれても論争の的となるが、いくつかの国では、そのプロセスが意図したようにうまくいかないとき、選挙は特別な意味と意義を持つようになる。

セネガルとインドネシアという2つの具体的な舞台で、現在大きな政治的変化が起きており、その結果はそれぞれの国の国民に広範囲に及ぶ結果をもたらすだろう。

ビジネス情報 セネガル

セネガルの有権者は、大統領選の延期に端を発した数週間の危機の中で最新の展開を示す一連の発表を受け、3月末にようやく、そして再び投票に向かう見込みである。

しかし、第一回投票の正確な日程についてはまだ混乱がある。

マッキー・サル大統領が3月24日としたのに対し、セネガルの最高憲法機関は31日に実施すべきだとしている。

いずれにせよ、選挙は4月2日のサール大統領の任期終了前に行われることになり、これが現在セネガルで起きている政変の主な要因のひとつとなっている。

サルは、大統領選挙の12月への延期を覆した裁判所の決定を全面的に遵守すると述べ、できるだけ早く投票を組織するための協議を行うことを約束した。

2月25日の大統領選挙を延期し、セネガルを選挙の不確実性に陥れた法案は、セネガルの憲法評議会によって覆された。

「共和国大統領は、憲法評議会の決定を完全に実施する意向である。「この目的のため、国家元首は大統領選挙をできるだけ早く実施するために必要な協議を遅滞なく実施する。

緊張が落ち着いたことを示すように、デモは平和的に通過し、警察は秩序を維持した。

しかし、2月25日の投票を延期するというサルの土壇場での動きは、伝統的に安定したセネガルのここ数十年で最悪の危機を引き起こした。

憲法評議会が介入し、国内外からの圧力が高まる中、大統領は「可能な限り早く」選挙を実施すると宣言した。

2012年以来政権にありながら3期目に立候補していないサルは、候補者候補の失格に関する論争と、2021年と2023年に見られた不安の再来を懸念し、投票を中止したと述べた。

国際社会はこの騒乱に懸念を表明し、セネガルに対しできるだけ早く投票を実施するよう要請しており、この訴えは土曜日にアフリカ連合委員会のムーサ・ファキ・マハマット委員長によって再度表明された。

サルは憲法評議会の裁定を尊重すると約束したにもかかわらず、選挙の新しい期日と候補者は不明である。

このことが市民にとって何を意味するかは単純である。不穏と不安定が混乱を招き、投票が行われるまで犯罪が増加する。国には安定が必要であり、その間に国民は苦しむことになる。

ビジネス情報 インドネシア

インドネシアでは、ジャカルタで大規模な抗議デモが発生し、デモ隊が選挙当局に対し、不正選挙が蔓延しているとして、プラボウォ・スビアント候補の大統領就任を阻止するよう求めた。スビアント候補は人権問題で物議を醸した人物であるが、先の大統領選挙ではアニエス・バスウェダン候補とガンジャール・プラノウォ候補も参加した選挙戦で58%以上の得票率を獲得し、勝利を宣言していた。

ジョコウィの名で知られるジョコ・ウィドド現大統領はすでに最長2期を務めており、今回の選挙は10年ぶりの政権交代となる。

スビアントは72歳の元軍事強権者で、インドネシアの現国防相である。2014年と2019年にジョコウィに敗れており、3度目の出馬となる。

公式の結果がないにもかかわらず、スビアント氏は、サンプリングされた投票所の80%以上から57%から59%の得票を示した非公式のカウントに基づいて彼の勝利を発表した。

2004年に直接投票が開始されて以来、インドネシア大統領選挙における過去の迅速な集計の正確性を考慮すると、これらの暫定結果は、スビアント氏が決選投票を回避する可能性があることを示唆している。選挙結果は、重要な市場と資源を持ち、米国や中国などの大国の利益に影響を与える、グローバルな舞台の重要なプレーヤーであるインドネシアにとって極めて重要である。

この選挙は、スビアントの人権侵害に関する歴史的な告発や、権威主義的な人物とのつながりを考えると、インドネシアの民主主義の健全性に対する懸念を提起している。彼の伴走者であるジブランもまた、その年齢と家族的つながりのために論争を引き起こし、特に憲法裁判所の判決が彼の立候補を認めた後、縁故主義に関する議論を巻き起こした。

次の指導者を選ぶにあたり、インドネシアは、活気に満ちながらも困難な民主主義を背景に、首都の移転を含む経済とインフラの大きな変革期を迎えている。

選挙の正式な結果は未定のままであり、最終結果には1ヶ月かかる見込みである。

バスウェダン候補とプラノウォ候補の両チームは、選挙が「組織的、体系的、大規模」な違反行為に彩られたとして、選挙違反の証拠を提出することを約束した。

不正の疑惑は、ウィドド氏の息子であるジブラン・ラカブミン・ラカ氏の立候補にも及び、その資格は年齢によって争点となり、司法の公平性に対する非難につながった。こうした論争にもかかわらず、ウィドド氏は選挙プロセスにおける不正や偏見を否定し、その透明性と複数の政党による監視を強調している。

インドネシアが一刻も早く分裂を乗り越え、正式な結果を出さなければ、国民も苦しむことになる。

ビジネス情報 なすべきこと

セネガルやインドネシアのような国々では、選挙が依然として不透明であったり、決着がつかなかったりするため、市民への影響は政治、経済、社会の各分野にまたがり、無数の課題につながる可能性がある。政治的不確実性はしばしば新政府樹立の遅れにつながり、重要な政策の実施を妨げ、政府機関に対する国民の信頼を低下させる正統性の危機を生み出す。

経済的には、この政情不安は一時的に投資を抑制し、経済成長を鈍化させるだけであればよいが、短期的には雇用と生活に影響を与えるだろう。明確な勝者が現れるまでは、社会的緊張が暴力にエスカレートし、個人の安全を脅かし、財産を損ない、日常生活や必要不可欠なサービスへのアクセスを混乱させる可能性が高い。

選挙紛争の解決が長期化すると、民主的規範や制度が侵食され、政治的関与が低下し、表現、集会、報道の自由が制限される可能性がある。

これらの両国における選挙の不確実性がもたらす心理的・社会的なひずみは、過小評価することはできない。政治的な二極化が進むと、地域社会は分断され、社会関係は緊張を強いられる。一方、政治的不安定性からくるストレスや不安は、精神的な健康や幸福に深刻な影響を及ぼす可能性さえある。

セネガルとインドネシアにおける具体的な影響は、それぞれの固有の文脈によって形成されているが、これらの課題は、透明で公正かつ効率的な選挙プロセスの重要な必要性を浮き彫りにしている。選挙の完全性と公正な結果を確保することは、安定した統治、経済の繁栄、民主的規範と社会の結束を維持するための基本である。

両国ができるだけ早く政治問題を解決し、市民が安全な環境で通常の生活に戻れることを願っている。

Byビジネス情報 ダニエル・エリオット ダニエル・エリオット

ダニエルはビジネスコンサルタント兼アナリストで、英国と米国の政府機関での勤務経験がある。自由時間には、International Business Times UKに定期的に寄稿している。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article