31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

ウクライナで使用する弾道ミサイルをプーチンに提供したことで、英国は北朝鮮に「高い代償を払う」ことを誓う。

Must read

ウクライナ戦争

北朝鮮 北朝鮮は「高い代償を払う」だろう ロシア 英国外務省は、ウクライナで使用する弾道ミサイルの供与を誓ったが、この武器取引は、ロシアがウクライナで使用する弾道ミサイルの供与に反対していることの表れであると非難した。 プーチンプーチンの「自暴自棄」。

モスクワ ウクライナでの長引く戦争に備え、兵器の補充に奮闘する中、平壌から兵器を入手した。

最近機密扱いから外された情報を木曜日に公開したワシントンは、これを「重大かつ懸念されるエスカレーション」と表現し、プーチンはイランのミサイルも補充しようとしていると付け加えた。

金正恩そのうちの1発が12月30日にウクライナ領内に発射され、1月2日夜にはさらに北朝鮮のミサイルがウクライナに発射された。

射程距離約550マイル(900km)のミサイルは、今後数日のうちにさらに発射される見込みである。

北朝鮮の金正恩委員長、ロシアのプーチン大統領と会談 2023年9月13日、ロシア

北朝鮮が2022年1月5日、平壌で極超音速ミサイルを試射

2024年1月3日、ウクライナのキエフで、ロシアのミサイル攻撃後、被害を受けた高層アパートの瓦礫を撤去する人々

ホワイトハウスによると、クレムリンはウクライナとの戦争を続けるために必要な武器を北朝鮮とイランに依存している。

10月、アメリカ当局者は、北朝鮮がロシアに1,000個以上の軍事装備と軍需品のコンテナを届けたと発表した。

北朝鮮は弾道ミサイルと引き換えに、ロシアの軍用ハードウェアと訓練を受け取ると予想されており、これは韓国とインド太平洋地域の安全保障に影響を及ぼす可能性がある。

昨夜、FCDOは「英国はロシアが弾道ミサイルを使用する決定を下したことを強く非難し、北朝鮮がロシアへの武器供給を中止するよう強く求める」と述べた。

我々はパートナーと協力し、ウクライナにおけるロシアの違法な戦争を支援した北朝鮮に高い代償を払わせるようにする。

これはロシアが世界の舞台で孤立していることの徴候であり、その絶望の表れである。

この活動は、ロシアが常任理事国として支持した複数の国連安保理決議に違反している」。

韓国国防省は、米国と英国とともに、北朝鮮とロシア間の武器取引の即時停止を求めた。

プーチンと金正恩は、反西側同盟の強化を誇示している。

北朝鮮の独裁者は9月にロシアを訪れ、プーチンと会談し、重要な軍事施設を訪問し、ロシア大統領は平壌訪問の招待を「ありがたく」受け入れた。

2024年1月2日、ロシアのキエフへのミサイル攻撃で被害を受けたアパートの中庭に立つ住民たち

2024年1月3日、キエフの高層住宅の瓦礫の中で、電話で話す女性。

ホワイトハウスのジョン・カービー国家安全保障報道官が、ロシアがウクライナに発射した北朝鮮の弾道ミサイルの発射状況を示す。

今日、ワシントンがロシアの北朝鮮ミサイル使用に関する報告書を発表した数時間後、金正恩は兵器工場を視察しながら、西側諸国に対して新たな脅しをかけた。

国営メディアが報じたところによると、彼は韓国やアメリカとの「軍事対決」に備え、ミサイル発射装置の生産拡大を呼びかけた。

12月30日に発射された北朝鮮のミサイルは、威勢の良さとは裏腹に威力は限定的であったとアメリカは発表した。

その数日後に使われたミサイルの影響はまだ評価中だという。

我々は、ロシアがウクライナの民間インフラを標的にし、罪のないウクライナの市民を殺害するために、北朝鮮のミサイルをさらに使用することを予測している」と彼は付け加えた。

米国は、プーチン大統領への更なる弾道ミサイル提供に関するロシアとイランの取引がまだ完了していないと考えている。

しかしワシントンは、ロシアがイランから近距離弾道ミサイルを獲得するための交渉が活発に進んでいることを懸念している』と付け加えた。

イランはすでにロシアに攻撃用ドローンを提供しており、戦争を通じて広く使用され、壊滅的な効果をもたらしている。

イラン製のShahed無人偵察機数機が、ウクライナ北東部の都市である ハリコフの早朝に 大晦日.

ウクライナ軍の戦略通信総局が公開した日付未定の写真は、キエフがウクライナのクピアンスク近郊で墜落したイランのシャヘド無人偵察機の残骸を示している。

2022年7月19日、テヘランにて、ロシアのプーチン大統領とイランの最高指導者ハメネイ師。

発射実験に備える北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(資料画像)

この砲撃は、モスクワが「無差別」砲撃と表現した、少なくとも22人が死亡し多数の負傷者を出したウクライナの国境都市ベルゴロドへの攻撃への復讐を誓う「憤慨した」プーチンによって行われた。

12月31日以来、ロシアの怪物はすでに170機の「シャヘド」ドローンと数十発の様々なタイプのミサイルをウクライナに向けて発射した」とヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は火曜日にソーシャルメディアに投稿した。

その絶対多数は民間インフラを標的にしている。われわれの防空シールドの強化に協力してくれているすべてのパートナーに感謝している』と述べた。

モスクワは、土曜日の攻撃には物議をかもしているクラスター弾の使用が含まれているとし、国連安全保障理事会の緊急会合で、キエフはスポーツセンター、アイスリンク、大学を標的にしていたと述べた。

ロシアのワシリー・ネベンジャ特使は、これを「民間人の標的に対する意図的な無差別攻撃」と呼んだ。

ウクライナの同盟国は、2年前に隣国を侵略したロシアのプーチン大統領に最終的な責任があると反論した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article