28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

世界的な弱い動きの中、SENSEXは弱気で月曜をスタート

Must read

アメリカ

  • インド株価指数(SENSEX)、アジア株安とNIFTY先物に追随して下落スタート
  • SENSEXは先週、74,000を超える史上最高値を更新したが、木曜日には横ばいで終わった。
  • 市場は、火曜日に米国とインドのCPIインフレ統計を控え、慎重な姿勢を崩していない。

インドの主要ベンチマーク指数のひとつであるSENSEX30は、過去最高値74,245.17からの調整後、小幅横ばいで木曜日を終えた。

インド株価指数は、アジアの株式市場がまちまちであることや、ギフト・ニフティ先物が損失を出していることから、マイナスに転じた。トレーダーはリスク回避の姿勢で、火曜日のインドと米国の消費者物価指数(CPI)インフレデータを控え、リスク資産への新たなベットを控えている。

本稿執筆時点では、ボンベイ証券取引所(BSE)SENSEX30は前日比0.16%安の74,003.38となっている。インド市場は先週金曜日、マハシブラトリのため休場した。

アメリカ 株式市場ニュース

  • センセックスのこれまでの上昇率上位は、JSWスチール、ITC、ウルトラ・テック・セメント、バジャジ・フィンサーブ、バーティ・エアテル。一方、値下がり率上位はコタック・マヒンドラ銀行、タタ・スチール、HDFC銀行、タタ・モーターズ、インフォシスである。
  • SEBIはJMフィナンシャルに対し、公債発行の主幹事としての行為を禁止。
  • IndiGoの共同設立者Rakesh Gangwal氏は5.8%の株式を売却する可能性が高く、6,600ルピーを調達する見込み。
  • 金曜の米国株式市場は、高いバリュエーションの中、投資家が利益確定売りに走り、重要な米国のインフレ報告を控えているため、赤字で終わった。
  • 金曜日に発表された2月のNFP統計は、市場予想の20万人増に対し27万5,000人増となり、1月の35万3,000人増は22万9,000人増に下方修正され、その差は12万4,000人増となった。
  • CMEのフェドウォッチ・ツールによると、FRBが6月に金利緩和を開始する可能性は、先週木曜日の63%より高い75%となっている。
  • 今週の市場にとっての主なイベント・リスクは、インドと米国から発表されるインフレ・データである。

アメリカ インド経済FAQ

インド経済はインドルピーにどのような影響を与えますか?

インド経済は2006年から2023年までの平均成長率が6.13%で、世界で最も急速に成長している国のひとつです。インドの高成長は多くの外国投資を引き寄せています。これには、物的プロジェクトへの外国直接投資(FDI)と、外国ファンドによるインド金融市場への外国間接投資(FII)が含まれる。投資のレベルが高ければ高いほど、ルピー(INR)の需要も高くなる。インドの輸入業者からのドル需要の変動もルピーに影響を与える。

原油価格がルピーに与える影響は?

インドは石油とガソリンを大量に輸入しているため、石油価格はルピーに直接影響を与えます。石油は国際市場ではほとんどが米ドル(USD)で取引されているため、石油価格が上昇すると、米ドルの総需要が増加し、インドの輸入業者はその需要を満たすためにルピーを多く売らなければならなくなり、ルピー安になります。

インドのインフレはルピーにどのような影響を与えますか?

インフレはルピーに複雑な影響を与えます。最終的には、ルピーの全体的な価値を下げるマネーサプライの増加を示します。しかし、インフレ率がインド準備銀行(RBI)の目標である4%を上回ると、RBIは金利を引き上げ、信用を減らしてインフレ率を下げる。金利の上昇、特に実質金利(金利とインフレ率の差)はルピーを上昇させる。国際投資家にとって、インドがより収益性の高い場所になる。インフレ率の低下はルピーを下支えする。同時に、金利の低下はルピーを下落させる効果があります。

輸入業者や銀行による季節的な米ドル需要は、ルピーにどのような影響を与えますか?

インドは最近の歴史の大半で貿易赤字となっており、輸入が輸出を上回っています。国際貿易の大半は米ドル建てで行われているため、季節的な需要や注文過多により、大量の輸入が大きな米ドル需要につながることがあります。このような時期には、ドル需要を満たすためにルピーが大量に売られるため、ルピー安になることがある。市場のボラティリティが高まると、米ドル需要が急増し、ルピーにも同様の悪影響が及ぶことがある。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介している市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に明示的な記載がない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

エディターズ・ピック

EUR/USD、1.0950の主要レジスタンス下で足踏み状態

アメリカ ユーロ/米ドルは、1.0950の主要レジスタンスの下で水を踏む

ユーロ/米ドルは、金曜日に発表された良好な米NFP結果を受け、米ドルが安定する中、横ばいの動きを見せています。同ペアは、月曜日の欧州取引時間中、1.0940付近で推移しており、1.0950レベルが当面のレジスタンスとなり、その後、8週間ぶりの高値となる1.0981が控えています。

ユーロ/米ドル ニュース

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article