33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

WTIは、石油機関の月次報告を前に狭いレンジで推移、77.80ドル前後で推移

Must read

アメリカ

  • OPEC、IEA、EIAの月次市場報告を控え、WTI価格は静観。
  • CMEフェドウォッチ・ツール、6月の利下げ確率を68.
  • EIA発表、米原油生産量は平均1290万B/Dと過去最高を記録。

ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油価格は、火曜日のアジア時間中、1バレルあたり77.80ドル前後で推移している。原油相場は、米国の消費者物価指数(CPI)の発表待ちで、引き続き低調。2月の米インフレ率は小幅な上昇を予想しているが、年間指数は横ばいと予測されている。

堅調な CPI CPI(消費者物価指数) が発表されれば、FRB(米連邦準備制度理事会)による即時利下げの可能性はおそらく低下するだろう。 米ドル(USD)に課題を投げかけている。 原油価格.CMEのFedWatchツールによると、6月の利下げ確率はやや低下し、現在は68.9%となっている。

市場参加者はまた、石油輸出国機構(OPEC)、国際エネルギー機関(IEA)、エネルギー情報局(EIA)による月例市場報告書の発表を心待ちにしている。 今週世界の需要見通しを評価することを目的としている。

ANZのアナリストはレポートの中で、「原油は、トレーダーが3つの主要石油機関から発表される月次報告書の需要予測を待っているため、狭い取引レンジ内で推移している」と指摘した。これらの予測はほぼ変更されないと予測しているが、予期せぬ上方修正があれば、需要懸念は緩和されるだろう。

エネルギー情報局(EIA)によると、米国の原油生産量は6年連続で世界の石油生産をリードし続け、平均生産量は1,290万バレル/日(Bpd)と過去最高を記録した。米国の原油生産量は12月に急増し、1330万B/Dを超え月間過去最高を記録した。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページに掲載されている市場や商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていません。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article