31.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

バイドゥCEO、ERNIEチャットボットの古典中国語能力をアピール、関連タスクはGPTを「混乱させる」と発言

Must read

テクノロジー

バイドゥCEO、ERNIEチャットボットの古典中国語能力をアピール。 クレジット 百度

Baiduの共同設立者であるRobin Li氏は、中国語タスクにおけるERNIE 4.0のOpenAIのGPT-4に対する優位性を示すために、唐代の詩のメーターを例に挙げた。その例として インタビュー 先週、中国国営テレビで放送されたインタビューで、バイドゥのチーフ・エグゼクティブは、同社の最新のAIチャットボットが、「Qinyuanchun」として知られる複雑な唐代の図式の詩を作成するタスクを与えられた際、より高い適性を示したと語った。

「もし私がGPTに秦源春に従った詩を作るように頼んだら、このツールは完全に混乱してしまうだろう。

なぜそれが重要なのか? ERNIEの特定分野での競争優位性を強調する李氏の試みは、バイドゥのライバル企業から外部資本を注入された中国のAIベンチャー企業に続くものだ。李氏のコメントは、OpenAIのテキストから動画への変換モデル「Sora」が世界中でAIマニアの新ラウンドの幕開けを告げるものでもある。

詳細はこちら 同インタビューでCEOは、ERNIEは英語のデータで訓練されていないため、英語の理解においてGPTに「少し」遅れをとっていることを認めている。

  • しかし、比較は避けられないものであり、AI製品に注力する中国企業は常にOpenAIのモデルをベンチマークとしてきた。このような比較はしばしば中国のソーシャルメディア上で軽蔑を招き、ChatGPTの革新的な進歩に比べてバイドゥ自身が苦しむこともしばしばあった。しかし、李氏はCCTVの番組で、ChatGPTと自社製のチャットボットとの間の激しい違いについて「怒ってはいない」と語り、1年以内に人々の認識を変えたいと付け加えた。
  • 李氏はまた、彼の意見では、「プログラマー」という職業は将来的に本質的に存在しなくなるだろうと述べた。プログラミング言語は英語と中国語だけになるだろう、と李氏は予測している。
  • 李氏はまた、市場に参入している企業や起業家に対し、大規模な言語モデルの絶え間ない立ち上げを避けるようアドバイスした。そして、「真に直接的な価値を生み出すのはアプリケーションだけだ」と強調した。

コンテキスト バイドゥ、AIへの投資が決算報告で成果 AIモデルやチャットボット「ERNIE」を開発 は6億5600万人民元に貢献している。 (昨年第4四半期の同社の収益に6億5,600万人民元(9,150万ドル)が貢献した。しかし、このような貢献は同社の総収益のわずか1.9%に過ぎない。

テクノロジー シャイアン・ドン

現在は上海を拠点に活動するテック系記者。Eコマース、小売、AI、ブロックチェーンなどを担当。メールでのコンタクト: cheyenne.dong[a]technode.com.シャイアン・ドンによるその他の作品

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article