31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

靴箱に5万ドル入れて見知らぬ人に渡した」:ニューヨークの金融コラムニスト、詐欺に遭う

Must read

ビジネス情報

シャーロット・カウルズは、ニューヨークを拠点とし、ザ・カットとニューヨーク・タイムズのコラムニスト。

最近、カウルスは、手の込んだ詐欺で数千ドルを失ったことを明かした。 金融デマ.「現金5万ドルを靴箱に入れた」とコラムニストは書いた。

2023年10月、カウルスは「アマゾン」の支店から電話を受けた。電話口の従業員はクリスタと名乗り、なりすましの被害に遭ったとコラムニストに告げた。

彼女の注文履歴には食料品やその他の家庭用品が表示されていたが、カウルスは最近アップル製品、つまりiPadとMacBookに8000ドル使ったと告げられた。

クリスタが電話を詐欺行為を扱うとされる「連邦取引委員会」に転送した後、カウルスはカルビン・ミッチェルと名乗る男を紹介された。

電話の中で、ミッチェルはカウレスの個人情報を聞き出した。

「電話の男は、私の家の住所、社会保障番号、家族の名前、そして2歳の息子がリビングルームで遊んでいることを知っていた。

「彼は、私の家は監視されており、私のラップトップはハッキングされ、私たちは差し迫った危険にさらされていると言った。

その捜査官と呼ばれる人物は、アメリカ全土での一連の麻薬関連犯罪と、ジャマイカとイラクでのマネーロンダリング犯罪に関与しているとして、カウルスを告発した。

“彼はテーブルの上に積み上げられた薬と金の入った袋の麻薬取締写真を私にメールしてきた。彼は、メリーランド州とテキサス州で私の逮捕状が出ており、サイバー犯罪、マネーロンダリング、麻薬密売で起訴されていると言った」とコラムニストは書いている。

でっち上げられた事件が説明された後、電話は「CIA」に移され、そこでカウルスはマイケル・サラノと名乗る男を紹介された。

彼女の資産を凍結から守るため、コラムニストは5万ドルを現金で引き出すよう指示された。

ビジネス情報 シャーロット・カウルズ
ヤン・ルアン/charlottecowles.com

39歳の彼女は、詐欺ではないかと疑っているにもかかわらず、大金を現金で渡すように言われ、見返りに小切手を受け取った。

その後、現金の受け渡しのためにマイケルの同僚の一人とアパートの外で会うことを強要され、「他に選択肢がなかった」ように感じられたとカウルスは語った。

自分のアパートの外で犯人の一人と会う前に、コラムニストは、電話口の男性の声に、どんな危害からも自分を守ってくれるよう懇願しながら、「哀れ」だと感じたと語った。

100ドル札の入った靴箱を渡した直後、カウルスは家に戻り、自分が手の込んだ組織的な詐欺の被害者であることに気づいた。

警察が呼ばれ、カウルスは屈辱を感じたと回想している。

「私に起こったことが誰にでも起こりうることだとは、いまだに信じられません」と彼女は言った。

米国では、多国籍分析会社 ギャラップギャラップ社によれば、アメリカの世帯の15パーセントが詐欺的なスキームによってお金を失ったことがあるという。カウレスと同様、アメリカ国民の8パーセントも組織的窃盗犯罪の標的にされたことがあり、これはおよそ2100万人の成人に相当する。

最近の調査では シファス 英国を代表する非営利の詐欺防止サービスであるCifas(シファス)と、詐欺の認知度を高めることを目的とした組織であるGlobal Anti-Scam Allegiance(GASA)の調査によると、英国人の少なくとも10%が詐欺や犯罪によって金銭を失った経験があることがわかった。 個人情報盗難過去12ヶ月間の犯罪

2,000人のイギリス人を対象にしたこの調査では、回答者の62%が少なくとも月に一度は詐欺のメッセージを受け取ったことがあると答えたことも報告されている。

Cifasのマイク・ヘイリー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べている:「英国の消費者は、金融支援や投資の機会、雇用詐欺、賃貸物件の偽広告、購入詐欺や配達詐欺を提供するフィッシングやスミッシング・キャンペーンにますます狙われるようになっている。

「今まで以上に、オンライン・プラットフォームに対する効果的な規制を強化し、詐欺的なコンテンツが消費者に与えている深刻な被害を認識する必要がある。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article