33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

ロシア、5人のケニア人がウクライナのために戦っていると主張

Must read

ウクライナ戦争

ウクライナでの戦争が激化する中、ロシア国防省は、ウクライナ側で戦っているとされる外国人の驚くべきリストを発表した。

木曜日、ロシア国防省は公式テレグラム・チャンネルで声明を発表し、数千人の「傭兵」が戦争に参加していると主張した。2022年2月の開戦以来、13,000人以上の外国人を追跡しているという。

彼らの多くは排除されたようだ。

ロシア側は、隣国ポーランドがこの戦争で最も多くの外国人を抱えており、その数は3,000人近くにのぼり、その約半数が抹殺されたと非難している。

「ロシア国防省は、戦闘作戦に参加するためにウクライナに到着したすべての外国人傭兵を追跡し、個人的に記録し続けている。

2022年2月24日以降、ウクライナに到着した外国人傭兵の総数は13,387人に達した。同時に、現在までに5,962人の外国人傭兵の殲滅が確認されている。

殺害された戦闘員の数で文句なしのトップはポーランド(到着2,960人、破壊1,497人)である。”

驚くべきことに、ケニアはウクライナに「傭兵」を派遣している13のアフリカ諸国のひとつとしてもリストアップされている。このリストでは、5人のケニア人が戦争に参加しており、死者はゼロとされている。

ナイジェリアは97人の戦闘員をウクライナ側に送り込み、アフリカ大陸のトップを走っている。クレムリンによれば、合計249人のアフリカ人がウクライナのために戦い、うち103人が脱落している。

この数字を信じるのであれば、ケニア政府は公式に軍を派遣していないため、この戦争に参加しているケニア人は、自発的に参加したことになる。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article