29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

FRBの利下げ観測後退を受け、金価格が1週間ぶりの安値に下落

Must read

ビジネス情報

  • 金相場は3日続落し、1週間ぶりの安値圏へ。
  • FRBが利上げを長期化させるとの期待が、XAU/USDを引き続き弱体化させている。
  • 地政学的リスクは、水曜日の重要なFOMC政策決定を前に、損失を抑えるのに役立つ可能性がある。

金価格 (XAU/USD)は3日続落し、過去5日間で4日目のマイナスを記録。貴金属は、2,1,50ドル以下の水準で売り基調を維持しており、先週発表された米国の強めのインフレデータに後押しされ、米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを延期するのではないかという期待に圧迫されている。一方、米国債利回りの上昇が米ドル(USD)の追い風となり、利回りの低いイエローメタルから資金が流出しているとの見方もある。

しかし、市場はFRBが6月の政策決定会合で利下げサイクルを開始する可能性が高いと見ている。これは、地政学的リスクとともに、安全資産である金相場を支え、損失の拡大を抑えるだろう。また、トレーダーは、FRBの利下げ路線に関するさらなる手掛かりを待ってから、次の方向性に向けたポジションを取ることを好むかもしれない。したがって、市場の関心は、水曜日に発表される2日間のFOMC金融政策決定会合の結果に釘付けになるだろう。

ビジネス情報 デイリーダイジェスト市場の動きFRBの利下げ観測後退で金相場は下落、下値は限定的か

  • 先週発表された米国のデータでは、インフレの粘りが指摘され、連邦準備制度理事会(FRB)は金利の上昇を維持せざるを得ないかもしれない。
  • 金曜日に発表されたミシガン大学の予備調査によると、3月の1年と5年のインフレ期待はほとんど変化せず、米消費者センチメント指数は76.5に低下した。
  • 一方、CMEグループのFedWatchツールは、6月の政策決定会合で利下げが実施される可能性は60%程度であり、米ドルの強気派が新たな賭けに出るのを控えていることを示している。
  • 長引くロシア・ウクライナ戦争と中東の紛争を背景に、地政学的リスクは高まったままであり、安全資産とされる貴金属にさらなる支援を与えると見られている。
  • ウクライナは先週、ロシアの石油精製所への無人機攻撃を強化し、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、ガザのラファの飛び地に押し入る計画を進めることを確認した。
  • トレーダーは、積極的な方向へのベットを控える可能性があり、水曜に開催されるFOMC金融政策決定会合に期待したい。

ビジネス情報 テクニカル分析金相場は、2,145~2,144ドルの水平抵抗線から支持線へと変化したブレイクポイントをなんとか維持

テクニカルな観点からは、更なる下落は2,145-2,144ドル付近でサポートされる可能性が高く、それを下回ると、金価格は次のサポートとなる2,128-2,127ドル付近まで下落を加速させる可能性がある。この調整的な下落は、XAU/USDの強力なベースとして機能する2,100ドルのラウンド数字に向かってさらに拡大する可能性がある。

一方、2,175-2,176ドル付近が当面の強力なバリアとなりそうで、これをクリアすれば、金価格は先週タッチした2,195ドル付近の記録的なピークに挑戦できるだろう。2,200ドルの大台を超えるような追随買いが入れば、今月初めから見られた上昇トレンドの再開の舞台が整うだろう。

ビジネス情報 金利に関するFAQ

金利は、金融機関が借り手に融資する際に請求され、貯蓄者や預金者に利息として支払われます。金利は、経済の変化に応じて中央銀行が設定する基準貸出金利の影響を受けます。中央銀行は通常、物価の安定を確保することを使命としており、これはほとんどの場合、2%前後のコアインフレ率を目標とすることを意味する。インフレ率が目標を下回った場合、中央銀行は貸出を刺激して景気を押し上げる目的で、基準貸出金利を引き下げることがある。インフレ率が2%を大幅に上回った場合、中央銀行は通常、インフレ率を下げようとして基準貸付金利を引き上げることになる。

金利の上昇は一般的に、世界の投資家にとってその国の通貨がより魅力的な場所となり、通貨高につながる。

金利が高くなると、有利子資産に投資したり銀行に現金を預けたりする代わりに金を保有する機会費用が増えるため、全体的に金の価格が重くなります。金利が高い場合、通常米ドル(USD)価格が上昇し、金は米ドルで価格付けされるため、これは金の価格を下げる効果があります。

FF金利は、米国の銀行が互いに融資する際のオーバーナイト金利です。連邦準備制度理事会(FRB)がFOMC(連邦公開市場委員会)で設定する、よく引用されるヘッドラインレートである。例えば4.75%~5.00%といった幅で設定されるが、上限(この場合は5.00%)が引用される。将来のFF金利に対する市場の予想はCMEのFedWatchツールで追跡され、将来の連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定を見越して多くの金融市場がどのように動くかを形成している。

このページの情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に明示的な記載がない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報の誤謬、脱漏、および本情報の表示または使用から生じるいかなる損失、傷害、損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article