29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

在庫シュリンケージとは何か?

Must read

アメリカ

在庫の管理は、物流センター、製造工場、小売店などのビジネスにおいて必要不可欠なものです。キャッシュフロー管理、保管、取り扱いコスト、需要予測などの課題があります。在庫の縮小は、メーカーやサプライヤーと販売者との間で製品が紛失した場合に起こります。盗難や破損がその理由の2つである。

アメリカ 在庫シュリンケージとは何か?

在庫シュリンケージとは、在庫に計上されているものと在庫にあるものとの差のことである。その他の要因としては、誤ったデータ入力のような管理ミス、腐敗する生鮮品、納品した商品よりも多く請求するサプライヤーなどが挙げられる。

アメリカ 在庫シュリンクの原因

従業員の窃盗は、在庫縮小の背後にある重要な原因の一つである。従業員は個人的に使用するために商品を持ち出したり、在庫記録を操作したりする。万引きや強盗は、在庫が盗まれる他の方法です。内部盗難と外部盗難の両方に対処する必要があります。

従業員による盗難

従業員の窃盗は大きな問題である。資金の横領から棚から製品を盗むまで、さまざまな行為が含まれる。また、知的財産、企業秘密、機密情報など、盗まれる可能性のある無形資産もあります。

外部からの窃盗(強盗または万引き)

万引きや空き巣などの外部からの窃盗は、しばしば窃盗による在庫の減少につながる。万引き犯は、セキュリティータグを無効にする装置など、様々な道具を使用する。空き巣は侵入時に大きな損害を与える可能性がある。

積極的な対策には以下が含まれる:

  • CCTVカメラなどの高度なセキュリティシステム
  • 施錠されたキャビネットと安全な陳列ケース。
  • 売り場で存在感を維持する用心深い従業員。

その 全米小売業協会による2023年全国小売業セキュリティ調査 は、シュリンク率(2021年の1.4%か ら2022年には1.6%)の上昇を報告している。これは、小売企業にとって1,121億米ドルの損失となる。

ベンダー詐欺

ベンダーは、未着商品の請求や過大請求のような非倫理的行為を通じて、在庫縮小の一因となる可能性があります。中小企業は定期的な監査を実施し、すべてのサプライヤーを徹底的に調査する必要があります。

サプライヤーの不正

規格外品や偽造品はこの問題の一因となる。コンプライアンス違反に対する救済措置や期待される品質について概説したサプライヤー協定が必要です。サプライヤーを定期的に監査することも有効です。

管理上のミス

記録管理と在庫管理におけるミスは、2つの原因になり得る。例えば、倉庫の従業員が、入荷した商品よりも高品質の商品を記録してしまうと、記録された在庫が膨らんでしまう。記録された品目は在庫になかったため、在庫の減少が認識されることになる。

会計エラー

不正確な会計処理は在庫水準に影響を与える。在庫購入の計上が不十分な場合、在庫レベルが既存の在庫レベルより低く表示されることがある。 その結果、在庫が大幅に減少しているように見えることがある。

アメリカ 在庫シュリンクの計算方法

在庫シュリンクの計算は、簡単な計算式を使用するのと同じくらい簡単です。

(棚卸資産評価額?実地棚卸資産評価額)/棚卸資産評価額×100% 以下はその計算式の例である。50,000ドルの棚卸資産が計上され、実地棚卸後の棚卸資産は48,000ドルであった。50,000?48,000)/50,000×100%=4%となる。

在庫減少率は4%である。 この結果は在庫減少率として報告される。

実際の在庫の記録

在庫を正確に記録することは、正確な在庫減少額を計算するために不可欠である。会計が正確であることを保証する一つの方法は、予定された完全な在庫カウントに加えて、無作為の定期的な抜き取り検査を実施することである。.

アメリカ 在庫シュリンクの記録方法

在庫の減少を計上するということは、在庫減少費用勘定に詳細に計上するということである。これは費用として損益計算書で強調表示され、純利益を減少させる。会計記録には欠かせないものです。

アメリカ 在庫シュリンクを防ぐ戦略

いくつかの戦略は、在庫シュリンクを減らすことができます。

在庫シュリンクを防ぐためのセキュリティ対策の改善

デジタルおよび物理的なセキュリティツールは、盗難の量を減らす。デジタル面では、エンド・ツー・エンドの暗号化を導入することで、顧客データを保護し、不正行為を防止する。物理的には、無線周波数識別タグがリアルタイムの在庫追跡を可能にする。

定期的な監査の実施

定期的な在庫チェックは、不一致を迅速に特定するのに役立つ。これらは、破損パターン、盗難、管理ミスを明らかにする優れた方法である。

従業員トレーニング

スタッフは、不審な行動を認識し、セキュリティー・システムを利用するよう教育されるべきである。例えば、スタッフとのアイコンタクトを避けたり、店舗のレイアウトやセキュリティー対策をチェックするのに時間をかけすぎたりする人が挙げられます。

堅牢な在庫管理システムの導入

高度な在庫管理システムは在庫管理を合理化します。RFIDタグやIoT統合などの最先端技術により、リアルタイムの追跡が可能です。

予測分析とAIは、過去の販売データと市場動向から将来の需要を予測することができます。一元化された在庫データは、サプライチェーン全体でアクセスすることができます。これにより、より良い意思決定と調整が可能になります。

ベンダー管理

今日のビジネスは、サプライヤー、サービス・プロバイダー、請負業者の複雑なネットワークに依存しています。そのため、これらすべてを吟味し、正しく管理する必要があります。

  • 定期的な監査により、ベンダーが契約上の義務を遵守していることを確認します。
  • サービス基準、デリバリー、品質ベンチマークに対するベンダーのパフォーマンスを監視する。これらのベンチマークが業界固有のものであることを確認する、 バー在庫 は、小売在庫とは異なる基準を持つことができる。
  • 営業許可証、推薦状、訴訟歴の確認など、包括的な身元調査が必要。

在庫追跡のためのテクノロジー利用

在庫追跡テクノロジーは、在庫レベルの管理、保管の最適化、注文処理プロセスの強化において重要な役割を果たしている。これらのテクノロジーは、シンプルな手動システムから、高度に自動化された洗練されたシステムまで、様々なビジネスニーズに合わせた多様なソリューションを提供しています。 グローバル・サプライチェーン・マネジメント.ここでは、在庫追跡技術の主な種類についての簡単な概要と箇条書きのリストを示します:

  • バーコードスキャナ:バーコードジェネレーターと光学式スキャナーを利用して、商品のバーコードを読み取り、在庫管理システムに素早くデータを入力します。
  • RFIDタグ:無線ICタグは、電磁界を利用して物品に取り付けられたタグを自動的に識別・追跡するもので、直接視線をスキャンすることなく、より詳細な追跡が可能です。
  • IoTセンサー:モノのインターネットセンサーは、在庫レベル、状態、場所に関するリアルタイムのデータを提供し、プロアクティブな在庫管理を可能にします。
  • 在庫管理ソフトウェア:在庫レベル、注文、販売、および配達を追跡するための集中型プラットフォームを提供し、多くの場合、合理化された操作のための他のビジネスシステムと統合されています。倉庫在庫管理ソフトウェアや小売在庫管理ソフトウェア、あるいはeBay在庫管理のような特定のプラットフォームを対象としたものなど、特定の業種や用途に応じた特定のタイプが用意されています。
  • ドローン:大規模倉庫で在庫チェックの自動化に使用され、手作業による棚卸しの必要性を減らし、精度を高める。
  • ロボット工学:自動化されたロボットが倉庫内の在庫を移動させ、人間の作業員とともにピッキングと梱包のプロセスを最適化します。
  • クラウドベースのシステム:リアルタイムの在庫追跡を可能にし、どこからでもアクセスでき、遠隔管理とデータ分析を容易にします。

これらのテクノロジーは、在庫管理の精度、効率、意思決定を強化するために、ビジネスの規模や特定のニーズに応じて、単独で、または組み合わせて使用することができます。

テクノロジー 主な特徴 利点 欠点
バーコードスキャナー – 光学スキャン
– 印刷されたバーコードを読み取る
– 費用対効果
– 導入が容易
– 見通し線が必要
– 手動スキャン
RFIDタグ – ワイヤレストラッキング
– 見通し不要
– トラッキングを自動化
– 大容量データ
– バーコードよりコストが高い
– リーダーの衝突問題
IoTセンサー – リアルタイムデータ
– 接続デバイス
– 詳細モニタリング
– プロアクティブマネジメント
– インターネットが必要
– 複雑なセットアップ
在庫管理ソフトウェア – 集中データベース
– 他のシステムとの統合
– オペレーションの合理化
– スケーラブル
– 高価になる可能性がある
– トレーニングが必要
ドローン – 空中在庫チェック
– 自動運転
– 広いスペースでも効率的
– 手作業を軽減
– 規制上の制限
– 高額な初期投資
ロボティクス – 自動化された動き
– 人間とともに働く
– 効率アップ
– ヒューマンエラーを減らす
– イニシャルコストが高い
– メンテナンスの必要性
クラウドベースのシステム – オンラインアクセス
– リアルタイム更新
– どこからでもアクセス可能
– スケールが簡単
– インターネットに依存
– セキュリティ上の懸念

アメリカ 在庫シュリンクが発生した場合の対処法

ここでは、在庫がかなり縮小した場合に取るべき手順を説明する:

  • 原因の究明は、在庫の完全な監査から始める必要があります。中小企業の在庫管理ソフトウェアと 注文管理ソフトウェア は、矛盾がないかデータを分析するのに役立ちます。
  • 損失をベンダー詐欺、管理ミス、万引きに分類することが役立つ。セキュリティ対策の評価を検討すべきである。
  • 戦略を見直すということは、定期的な監査や出荷・入荷の標準化された手順など、プロセス全体を合理化するということでもある。

中小企業は、在庫ロスを減らすために、統合POSシステム、自動再注文システム、RFIDを検討すべきである。

アメリカ 在庫シュリンケージを効果的に管理する

在庫減少に立ち向かうには、根本的な原因を理解し、ロスを正確に記録し、プロアクティブ・ストラテジーを実施することである。定期的な監査とサイクルカウントは、記録の正確性を検証するのに役立ちます。テクノロジーを活用し、追跡・監視能力を向上させること も、前向きな行動のひとつである。例えば、倉庫の在庫管理や小売店の在庫管理の支援をお探しなら、特定の目的に最適な在庫管理アプリを調べることができます。

アメリカ よくある質問

在庫シュリンクとは何ですか?

在庫シュリンクとは、販売可能な在庫として計上されてから、物理的にカウントされるまでの間に発生する在庫のロスを指す。このロスは、盗難、破損、管理ミス、サプライチェーンにおける非効率性など、様々な要因によって生じる。

在庫シュリンクはどのように計算されますか?

棚卸減耗率は、通常、(会計記録に基づく)記録された在庫 レベルと実際の実地棚卸を比較することによって計算される。棚卸減耗率の計算式は以下の通りである:シュリンケージ=(記録在庫 – 実在庫) / 記録在庫 * 100%。

在庫シュリンクの主な原因は何ですか?

在庫シュリンクの主な原因には、盗難(社内外)、管理ミス、サプライヤーの不正、従業員のミス、輸送中や保管中の破損、不適切な取り扱い、不正確な記録管理が含まれる。

在庫減少がビジネスに与える影響

在庫のシュリンクは、ビジネスに大きな財務的影響を与えます。収益を減少させ、コストを増加させることで、収益性に直接影響します。さらに、財務報告の歪み、顧客からの信頼の低下、評判の低下、そして最終的にはビジネスの成長を妨げることにもつながります。

在庫シュリンクを防ぐには?

厳格な在庫管理措置の実施、定期的な監査とサイクルカウントの実施、セキュリティシステムへの投資、適切な取り扱いと報告手順に関する従業員のトレーニング、サプライチェーンの可視性の向上、高度な在庫管理技術の活用など、企業は在庫シュリンクを防ぐために様々な戦略を採用することができます。

在庫シュリンクに取り組まなかった場合、どのような影響があるのでしょうか?

在庫シュリンクへの対応を怠ると、収益性の 低下、競争優位性の喪失、サプライヤーや顧 客との緊張した関係、運営コストの増加、詐欺 や窃盗の場合の潜在的な法的影響など、様々な悪影 響をビジネスにもたらす可能性があります。

企業はどのようにして在庫シュリンクを検知し、調査することができるのでしょうか。

企業は、定期的な在庫カウント、差異分析、パフォーマ ンス測定基準のモニタリングを通じて、在庫シュリン クを検知することができる。発見後、根本的な原因を特定するために、取引記録、監視カメラの映像、在庫管理プロセスに関与する従業員や関係者へのインタビューを含む徹底的な調査を実施することができます。

画像エンヴァート・エレメンツ


引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article