31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

大学フットボール選手、学費のために血漿を売るチームメイトに奨学金を与える

Must read

イギリス

米イースタン・ミシガン大学(EMU)のカレッジ・フットボール選手、ブライアン・ドゥーリーは、彼が経済的に苦しいことを知り、チームメイトに奨学金を与えた。

ドゥーリー選手のチームメイトで、同じくオフェンシブ・ラインでプレーするザック・コンティ選手は、複数の仕事を掛け持ちし、血漿を提供することで大学費用を支払っていた。

血漿を提供することで、外傷患者や血漿を使った治療を受けている人たちをサポートすることができます、 医学研究者 血漿を提供することで、脳卒中、心臓発作、高コレステロール、血栓、その他の心臓病の可能性を減らすことができる。

平均して、血漿提供者は1回につき約50ドルから100ドルの報酬を得る。

8月、クリス・クライトンヘッドコーチはEMUフットボールチームとのミーティングで、コンティへの懸念を語った。

「ザック・コンティは4年間、学費を払わなければならなかった。そして秋には、彼は自分のプラズマを売って生活費を工面していた」と、もう一人奨学金を出すようチームを説得した。

ブライアン・ドゥーリーはチームメイトに奨学金を手渡した。

残念ながら、チームはこれ以上の奨学金は出せないとのこと。

もう1人奨学金を与えたいという要求は何度も却下されたが、上級学位まであと2クラス足りなかったドゥーリーは、代わりにコンティに奨学金を与える計画があることをクレイトンに伝えた。

クレイトンは、コンティのチームメイトである選手たちに事情を説明し、全米大学体育協会(NCAA)は毎年85人しか奨学金を与えることが許されておらず、そのすべてを与えてしまったと指摘した。

「奨学金は85人分です。私たちは85の奨学金を与えています。何度NCAAに行っても、何年行っても、『ああ、86人必要なんだ。86人必要なんだ。このチームにもっと奨学金を与える方法はないのか』。答えはノーだ。

「ブライアン・ドゥーリーが私のオフィスに来るまではね。「ブライアン・ドゥーリーが私のオフィスに来るまではね。私は家族とも話し合った。もし実現する方法があるのなら、ザック・コンティへの贈り物として私の奨学金を放棄しても構わない』と言うんだ。そんなことは聞いたこともないし、見たこともない。

クレイトンがスピーチを終えたわずか数秒後、ドゥーリー監督はクレイトンに歩み寄り、奨学金の入った封筒を手渡した。チームは歓声に包まれた。

この瞬間がソーシャルメディアで拡散された後、コンティは「とても光栄で、とても感謝している」と語った。

「これまでの努力がようやく報われた気分だ」と彼は付け加えた。

ザック・コンティはEMUでプレーを続けている。

奨学金を手渡されて以来、コンティはEMUの4年生としてフットボールのトーナメントに出場し続けている。

このオフェンシブ・プレーヤーは、大学生をアスリートにするよう勧誘するプラットフォームであるヴァンテージ・スポーツで、彼自身のマンツーマンのフットボール・レッスンを主催するようにもなった。

このバイラルな瞬間を振り返って、コンティは言った:「助けを求めるのは簡単なことではありません。チームは、私が仕事から戻ったり、仕事に行ったりするのを見て、何が起こっているのかを知っていて、サポートしてくれた。彼らに何でも打ち明けることは、それほど難しいことではなかった……彼らは私の背中を押してくれた”

今日、ドゥリーは言った:”あの [offensive]-ライン・ブラザーズフレンドはなかなか切れないものだ。私たちは互いに支え合っている。だからコンチの背中を押したかったんだ」。

「もしコンティがここにいなかったら、僕は他の誰かにも奨学金をあげたい。もし誰かが懸命に働いていて、奨学金を与えるに値するなら、私はそれを与えたい。”

ドゥーリーについては、最近EMUのチームを離れ、4月に行われる2024年NFLドラフトへの出場を表明した。

「EMUでの時間は特別なもので、素晴らしい思い出ができました。この6年間で知り合えたチームメイトのみんなに感謝しているし、みんなを家族と呼べることを幸せに思う」とドゥーリー監督はソーシャルメディアに投稿した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article