31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

ソフトアイアンが独自のサーバー仮想化スタックを展開、「VMwareを導入しよう」群衆に加わる

Must read

テクノロジー

BroadcomによるVMwareの買収によって多くのユーザーが大幅な値上げを余儀なくされたことから、職人的なサーバーベンダーであるSoftIronは血の気が引くのを感じ、既存の外部ストレージハードウェアで動作することをセールスポイントとする代替サーバー仮想化プラットフォームを開発した。

ソフトアイロンの製品はVM Squaredと呼ばれ、LinuxカーネルのモジュールであるKVMハイパーバイザーをベースにしている。したがって、VM Squaredは本質的に、サーバー仮想化インフラとして動作するように調整されたLinuxディストロである。

開発者は ハイパークラウド – SoftIronがその名を知らしめたSoftware-Defined Storage Box上で動作するように構築されたターンキー・プラットフォームである。 サーバー ハイパークラウドは、ハードウェアとファームウェアの両方が出所まで追跡できるという、非常に特殊なセキュリティ要件を持つクライアントを満足させるために、監査可能な部品表を使って構築する。ハイパークラウドは、必要であれば、コモディティ・ハードウェア上でも実行できる。

VM Squaredは、サーバー仮想化プラットフォームに期待されるすべてのことを行っている。ハードウェア・プール全体でVMの作成と管理が可能で、サービス・プロバイダーがマルチテナント設備を作成でき、中断することなくホスト間でVMの移行が可能で、非常にセキュアに設計されたアプライアンスでユーザーが管理できる。

SoftIronの最高執行責任者であるJason Van der Schyff氏は次のように語っている。 ザ・レジスター は、VMwareユーザーが現在使用しているリグと同じハードウェア(外部ストレージを含む)上で実行することもできる。

外部ストレージの使用を許可することは、Van der Schyff氏は、2つの理由で勝者になると考えています。

一つは、ハイパーコンバージド・プラットフォームは、VMwareをやめた人たちの新たな住処になると宣伝しているが、通常はSoftware-Defined Storageへの移行が必要になり、費用がかさむということだ。

「現在vSphereを使用している場合、外部ストレージがあれば、変革の余地がない場所はほとんどありません。 The Register.

もう1つは、ハードウェアの購入サイクルが多くの企業で同期していないとヴァン・デル・シャイフ氏が考えていることだ。サーバやストレージの段階的なアップグレードは、かつては当たり前だったが、今ではあまり一般的ではなくなっていると彼は指摘する。多くのVMwareの移行が望まれず、歓迎されないものであるという事実を加味すると、バイヤーは新しいサーバー仮想化プラットフォームを採用することには積極的だが、同時にストレージをアップグレードするのは無理があると同氏は感じている。

SoftIronの従業員数は100人程度だが、近年Software-Defined Storageの製品群にサーバーとクラウドプラットフォームを追加した。VM Squaredは、同社が現在2つのプラットフォームと2つのハードウェア製品群を扱っていることを意味する。

ヴァン・デル・シャイフは次のように語っている。 レジスタ しかし、HyperCloudとVM Squaredの間には十分な重複があるため、新プラットフォームのサポートを依頼されても、自社のサポートクルーが手薄になることはないだろう。®

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article