28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

豪ドル、米ドルの下振れで上げ幅縮小、オージー消費者信頼感指数を待つ

Must read

アメリカ

  • 人民元高とASX200の上昇で豪ドル上昇 月曜日
  • オーストラリア政府は、2024年にインフレ率に合わせた最低賃金の引き上げを支持することを約束した。
  • 中国人民元は為替介入により大幅に上昇し、中国の主要国営銀行は米ドル/人民元の売りを観測した。
  • アトランタ連銀のボスティック総裁は、今年2回の利下げを予想していたが、現在は1回のみと修正。

豪ドル(AUD)は、前セッションで記録した最近の損失を回復し、週をスタート。米国債利回りが上昇する中、米ドル(USD)が小幅に下落したにもかかわらず、豪ドル/米ドルは高値圏で推移している。投資家は、豪月次消費者物価指数(DI)を注意深く監視することが予想される。 消費者物価指数 (CPI)の2月のデータと2023年第4四半期の米国内総生産(GDP)のデータ。

豪ドル相場は、ASX200指数が鉱業とエネルギーセクターの上昇に牽引され、連勝を伸ばし、上昇の勢いを増している。また オージー・ドル オージー・ドル は、中国人民銀行(PBoC)がオンショア人民元の仲値を予想よりも大幅に高く設定したことで、中国人民元(CNY)高に支えられている。

中国人民銀行 米ドル・インデックス (DXY)は、前セッションで104.49の5週間ぶりの高値をつけた後、調整に入っている。米ドル(USD)は、進行中の米国(US)データが、6月に開始されると予想される連邦準備制度理事会(FRB)の緩和サイクル開始への期待を形成しているため、下落圧力に直面する可能性がある。米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレ率の上昇を軽視している。 パウエル議長中央銀行は2カ月連続でインフレ率が上昇しても、性急に反応することはないと市場を安心させた。

アメリカ デイリーダイジェスト市場の動き人民元高で豪ドル高、ASX200は上昇

  • 2月の豪雇用統計は116.5万人増、予想の40.0万人増と前回の15.3万人増を上回る。
  • オーストラリアの失業率は3.7%で、予想の4.0%、前回の4.1%を下回る。
  • オーストラリア政府は、生活費が上昇する中、低所得者層が直面する継続的な課題を認識し、今年のインフレ率に合わせた最低賃金の引き上げを支援することを約束した。
  • 中国の李強首相は日曜日に、国の低いインフレ率と低い中央政府債務比率は、マクロ経済政策の調整に大きな余地を与えていると述べた。
  • アトランタ連邦準備銀行(FRB)のボスティック総裁は、インフレの持続と予想を上回る経済データを理由に、今年2回の利下げを見込んでいた以前の予想を修正し、1回のみとした。
  • パウエルFRB議長は記者会見で、失業率が予想外に上昇した場合、連邦準備制度理事会(FRB)は利下げを検討する可能性があると述べた。
  • 3月のS&Pグローバル・サービス業PMIは52.3から51.7に低下。予想値は52.0。製造業PMIは予想の51.7と52.2に対し52.5に上昇。総合PMIは52.2と予想の52.5から僅かに低下した。
  • 3月15日に終わる週の新規失業保険申請件数は、予想の21.5万件、前週の21.2万件を下回る21.1万件となった。

アメリカ テクニカル分析豪ドルは0.6540の下で推移、フィボナッチ23.6%も続く

月曜日の豪ドルは、0.6530付近で推移しています。当面のレジスタンスは、0.6541のフィボナッチリトレースメント23.6%レベルとなり、0.6550レベルの主要なバリアが続きます。後者を上抜けた場合、豪ドル/米ドルは、0.6600の心理的バリアに続き、0.6566の50日指数移動平均(EMA)付近まで上昇する可能性があります。下降局面では、心理的レベルの0.6500が重要なサポートとなり、3月安値の0.6477がそれに続く。

アメリカ 豪ドル/米ドル:日足チャート

アメリカ 今日の豪ドル相場

以下の表は、本日の主要通貨に対する豪ドル (AUD) の変動率を示しています。オーストラリアドルはスイスフランに対して最も堅調でした。

米ドル EUR GBP CAD 豪ドル 日本円 ニュージーランドドル スイスフラン
米ドル -0.07% -0.05% -0.09% -0.14% -0.01% -0.14% 0.03%
ユーロ 0.08% 0.02% -0.02% -0.05% 0.08% -0.02% 0.13%
GBP 0.05% -0.02% -0.03% -0.07% 0.06% -0.04% 0.10%
CAD 0.08% 0.01% 0.03% -0.04% 0.10% -0.01% 0.14%
豪ドル 0.14% 0.05% 0.08% 0.05% 0.11% 0.00% 0.16%
0.01% -0.07% 0.06% -0.09% -0.11% -0.07% 0.06%
NZD 0.08% 0.06% 0.09% 0.05% 0.01% 0.14% 0.20%
スイスフラン -0.05% -0.13% -0.11% -0.14% -0.16% -0.04% -0.15%

ヒートマップは主要通貨の対円レート変動率を示しています。基準通貨は左の列から、気配通貨は上の行から選ばれます。例えば、左の列からユーロを選び、水平線に沿って日本円に移動すると、ボックスに表示される変化率はユーロ(ベース)/日本円(クォート)を表します。

アメリカ 豪ドルに関するFAQ

豪ドル(AUD)にとって最も重要な要因のひとつは、オーストラリア準備銀行(RBA)が設定する金利水準です。オーストラリアは資源国であるため、最大の輸出品である鉄鉱石の価格も重要な要因です。最大の貿易相手国である中国経済の健全性も、オーストラリアのインフレ率、成長率、貿易収支と同様に要因のひとつである。投資家がリスク資産を増やす(リスク・オン)か、安全な隠れ家を求める(リスク・オフ)かといった市場心理も要因で、リスク・オンは豪ドルにとってプラスに働く。

オーストラリア準備銀行(RBA)は、オーストラリアの銀行が互いに融資できる金利水準を設定することで、豪ドル(AUD)に影響を与えます。これは経済全体の金利水準に影響を与えます。RBAの主な目標は、金利を上下させることによって2~3%の安定したインフレ率を維持することです。他の主要中央銀行と比べて相対的に高い金利は豪ドルを支え、相対的に低い金利はその逆となる。RBAはまた、量的緩和と引き締めを用いて信用状況に影響を与えることができ、前者はAUDマイナス、後者はAUDプラスとなる。

中国はオーストラリアにとって最大の貿易相手国であるため、中国経済の健全性は豪ドル(AUD)の価値に大きな影響を与えます。中国経済が好調な場合、オーストラリアからの原材料、商品、サービスの購入が増加し、豪ドルの需要が高まり、豪ドルの価値が上昇します。中国経済が期待されたほど急成長していない場合は、その逆である。したがって、中国の成長データのプラスまたはマイナスのサプライズは、しばしば豪ドルとそのペアに直接的な影響を与えます。

鉄鉱石は、2021年のデータによると、年間1,180億ドルを占めるオーストラリア最大の輸出品であり、その主な輸出先は中国です。従って、鉄鉱石価格は豪ドルを動かす要因となり得ます。一般的に、鉄鉱石価格が上昇すれば、豪ドルも上昇します。鉄鉱石価格が下落した場合はその逆です。また、鉄鉱石価格が上昇すると、オーストラリアの貿易収支がプラスになる可能性が高くなり、豪ドルにもプラスに働く傾向があります。

貿易収支とは、その国が輸出で稼いだ金額と輸入で支払った金額の差額であり、豪ドルの価値に影響を与えるもう一つの要因です。オーストラリアが需要の高い輸出品を生産している場合、その国の通貨は、輸入品を購入するために支出する金額に対して、輸出品を購入しようとする外国人バイヤーから生み出される余剰需要によって純粋に価値が上がります。したがって、貿易収支がプラスであれば豪ドルは上昇し、逆にマイナスであれば豪ドルは下落します。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていません。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

筆者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

エディターズ・ピック

英ポンド/米ドル、BOE/FRB講演を控え1.2600付近で推移

アメリカ 英ポンド/米ドルは、BOE/FRB講演を控え、1.2600付近で推移

英ポンド/米ドルは、1.2600付近でのレンジを維持している。米ドルが堅調に推移し、米国債利回りが低下する中、同ペアは反発を維持しているが、市場のセンチメントが一進一退のため、更なる上昇は見込みにくいようだ。BOEとFRB高官の講演が待たれる。

ポンド/米ドル ニュース

金は2,165ドル近辺で横ばい、FRB議長の発言待ち

アメリカ 金は2,165ドル近辺で横ばい、FRB講演を待つ

金相場は2,165ドル付近で小幅な横ばいで取引されている。FRB政策担当者の講演を待つトレーダーは、今年最初の利下げ時期について新たなヒントを求めている。

金ニュース

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article