32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

S&P500種株価指数が史上最高値5,029.73を更新

Must read

米国株は木曜日、経済に関するいくつかの複雑な報道を受け、再び過去最高値を更新した。

S&P500種株価指数は、29.11ポイント(0.6%)上昇し、5,029.73となり、先週つけた史上最高値をわずかに更新した。S&P500種指数は ダウ ジョーンズ工業株30種平均は前日比348.85ドル(0.9%)高の38,773.12となった。 ナスダック 総合株価指数は47.03(0.3%)上昇し、15,906.17となった。

トリップアドバイザーは、アナリストの予想を上回る直近四半期の決算を発表し、9.2%上昇した。テック大手 シスコシステムズ も予想を上回る決算を発表したが、通期の利益見通しを下方修正したため、株価は2.4%下落した。

経済に関するさまざまなデータには、次のようなものが含まれる。米国小売業者の売上高は弱含み1月の米国小売業の売上高は、12月の予想よりも大幅に減少した。これは、米国の家計による支出の顕著な落ち込みである。景気後退からの脱却高金利であっても。金融市場にとってのプラス面は、インフレ率の上昇圧力がなくなることである。

別のレポートによると、米国の労働者数は減少している。失業給付申請者数先週は予想を上回り、注目されたレイオフの発表にもかかわらず、雇用市場が堅調であることを示す最新のシグナルとなった。木曜日午前中の他の報道では、製造業については、まちまちではあるが、懸念されていたよりは良い状況であった。

全体として、経済報道は債券市場で国債利回りを下げるのに一役買った。10年物国債利回りは、水曜日の4.27%から4.24%に低下した。

国債利回りはこのところ揺れ動いている。予想を上回るインフレ率インフレ率[19459005雇用市場そして経済全体ウォール街のトレーダーは、景気見通しの延期を余儀なくされている。連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを開始する。

FRBはすでに主要金利を2001年以来の高水準に引き上げている。高金利が経済を圧迫し、景気後退を招くことなくインフレ率を快適なレベルまで下げることを期待しているのだ。

以前はFRBが何らかの緩和策を打ち出し、3月に利下げを開始するのではないかと期待されていたが、ウォール街では5月か6月まで利下げは行われないだろうと考えられている。そのため、株価は過去最高値から下落した。

それでも、今年中に利下げが実施されるとの見方が広がっている。ただ、その時期が変わりつつあるだけだ。その一方で、景気は引き続き堅調に推移しており、企業の利益拡大を後押しするはずだ。そのおかげで株価は大きく下落することはない。

CBRE S&P500種株価指数で最大級の上げ幅となる8.5%の上昇を記録した。商業用不動産をめぐる厳しい状況にもかかわらず、同社は予想を上回る収益を計上した。

シェイク・シャックは、ハンバーガー・チェーンが予想を上回る利益と収益を報告した後、26%上昇した。総収益は前年比20%増と予想を上回った。

ウェルズ・ファーゴは7.2%上昇し、S&P500種指数を押し上げる強力な要因のひとつとなった。通貨監督庁の規制当局は、2016年に出された同意命令を解除した。同意命令は、不正な口座開設が発覚した後、同行に顧客への商品販売方法を見直すよう求めていた。

ウォール街の負け組は ディア農業機械メーカーのディアは、直近四半期の利益が予想を上回ったにもかかわらず、5.2%下落した。ディアは、アナリストの予想を下回る今年度の利益見通しを示し、業界の状況は記録的な数年の後、正常に戻りつつあると述べた。

事態を混乱させかねないリスクとして、次期米大統領選がある。FRBは、選挙間近に金利を据え置きから引き下げに移行することを好まない。 バンク・オブ・アメリカ マーク・カバナ率いるストラテジスト。もしFRBが6月までに動かなければ、2024年後半か2025年前半まで金利を据え置く可能性が出てくる。

それでもカバナ氏は、利回りが最終的にどこへ向かうかは、FRBがいつ利下げを始めるかよりも、最終的にどこまで利下げを行うかに左右されるだろうと述べた。

海外の株式市場では、日経平均が1.2%上昇した。日本経済経済が2四半期連続で縮小した。ドイツに次いで世界第4位の経済大国となったが、この低迷は日本の中央銀行が金利を非常に緩やかに保つのではないかという期待を高めた。

イギリスもまたその経済四半期連続で縮小した。ロンドンのFTSE100指数は0.4%上昇し、ヨーロッパ全体の株価はもう少し上昇した。

___

APビジネスライターのマット・オットとエレイン・クルテンバックが寄稿。

CFOデイリーニュースレターを購読して、企業財務を形成するトレンド、問題、エグゼクティブの最新情報を入手しよう。 登録する 無料

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article