31.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

AIで週4日働くロンドンの新興企業

Must read

ビジネス情報

昨年10月、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)はブルームバーグTVに対し、「あなたの子供たちは100歳まで生き、おそらく週に3日半働くことになるだろう。従業員は様子を見なければならない。

それ以来、英国中のビジネスリーダーたちは、人工知能(AI)が発達し続ける中、テクノロジー主導の週労働時間短縮に目を向けている。

その一環として 2024 テクノロジーが職場に与える影響 Tech.coは、1,000人以上のビジネスリーダーを対象に、週休4日制を実現するためのAIツールの導入意向についてインタビューした。

この調査では、93%以上の企業がすでにAIの恩恵を受けており、従業員の週休4日制を検討していることがわかった。

すでにAIを広範囲に使用している企業のうち、3分の2を超える72パーセントが、生産性レベルが向上し、この種のテクノロジーが業務にどのようなプラスの影響を与えているかを認識していると回答した。

週の半分近く働き、フルタイムの賃金を得ることは、ほとんどの従業員にとって夢のようなシナリオのように思えるが、AIの劇的なシフトは失業や契約解除につながる可能性がある。

人事学のナ・フー教授はBBCの取材に対し、ここ数カ月で、ジェネレーティブAIツールが、法律サービス、コンテンツ制作、マーケティング、ソフトウェア開発など、いくつかの分野でさまざまな職務を代替していることを目の当たりにしてきたと語った。

創造と自動化をビジネスに提供するジェネレーティブAIツールには、ChatGPT、OpenAI、AlphaCodeなどがある。

今年1月には 国際通貨基金(IMF) はまた、AIの発展が世界中の全雇用のほぼ40%を脅かしていることを明らかにした。

ロンドンを拠点とし、イノベーション経済の成長を促進するテクノロジー企業のCEOや上級管理職のネットワークであるTechNETは、2020年にAI技術を採用し、週4日の柔軟な勤務を提供する最初のロンドンの新興企業のひとつとなった。

International Business Times UKの取材に応じたTechNETのグループ・マネージング・ディレクター、シェイン・シンプソン氏は、COVID-19の期間中、「可能な限りの柔軟性をチームに提供する」ため、同社が初めて週4日勤務を採用したと語った。

シンプソン氏は、週休4日制は「採用における金曜日の課題」に取り組むものであり、「チームと会社の双方にとってWin-Win」であると語った。

週4日勤務に対する従業員の反応はどうでしたか?

シェイン・シンプソン:「特に、かなり新しいアイデアで、他の企業ではあまり受け入れられていなかったので、チームはこの変更に純粋に感激していました。しかし、私たちが知っているように、週4日制は会社によってかなり違って見えるので、いくつかの疑問がわきました。”

AIの導入後、仕事の生産性は向上しましたか?

シェイン・シンプソン:”私たちのチームは、合理化されたプロセスや自動化のおかげで手動タスクが処理されるようになったおかげで、やる気と生産性が向上し、週の早い段階で目標を達成しています。” “現在、各コンサルタントは週に21時間を節約しています。”

“自動化を活用することで、電子メールやテキストコミュニケーションなど、ルーチンワークやデータ集約的な業務を変革し、コンサルタントがいつでもスケジュールを立て、タスクを処理できるようになりました。”

労働時間は短い方が幸せ?

シェイン・シンプソン:「週4日勤務の人は、ワークライフバランスが改善されたので、より幸せです。土曜日と日曜日しか家族や友人、家事の時間がなかった代わりに、金曜日は休息や家事、その他の活動など、好きなことに使えるようになったのです」。

「しかし、週休4日制は魅力的ではあるが、チームメンバーの中には、週休4日制によって向上した柔軟性を活用しながらも、金曜日に働くことを選択する者もいる。

従業員は、いずれAIに仕事を奪われることを恐れているのだろうか?

シェイン・シンプソン:「私たちの業界では、AIには限界があります。効率を高めるためにAIを活用していますが、タスクを開始するためには人間の入力が不可欠です。”

「特に人材紹介のような個人的なつながりが重要な分野では、人間的な交流が根本的に望まれています。プロセスから人間の要素を取り除くことは、企業や求職者がリクルーターをバイパスする結果となる可能性が高い。”

AIを活用し、週休4日制を導入している他のスタートアップ企業をご存知ですか?

シェイン・シンプソン:「いいえ、多くの企業が週4日制を試しましたが、やめました。

近い将来、AIがより多くの仕事や役割を担うようになると思いますか?

“私たちはAI技術パートナーと協力し、パーソナライズされた技術ソリューションを作成し、技術エコシステムが当社のビジネスとシームレスに連携し、当社の採用担当者の特定のニーズに対応できるようにしています。”

「私たちのシナリオでは、AIはより価値の低い反復的なタスクでより重要な役割を果たすように位置づけられています。AIはまた、改善、傾向の把握、意思決定のためのより多くのデータを提供してくれるでしょう。”

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article