32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

スポティファイ、今年値上げと新プラン導入を計画

Must read

テクノロジー

Spotifyはプランと料金の見直しを準備している。 ブルームバーグ.これにはいくつかの主要市場での値上げが含まれ、オーディオブックを含まない新しいプランもある。

イギリス、オーストラリア、パキスタン、その他2つの無名の市場では、個人向けプランが月額約1ドル、家族向けプランとデュオプランが月額約2ドル値上げされるとのこと。最大の市場であるアメリカでは、値上げは「今年後半」になるとのことだ。

テクノロジー スポティファイ、今年値上げと新プラン導入を計画

値上げは、スポティファイが最近提供を始めたオーディオブックの料金をカバーするのに役立つと言われている。スポティファイ加入者は、月に15時間までオーディオブックを聴くことができる。しかしもちろん、同社はオーディオブックの出版社に「無料」で提供するオーディオブックの視聴時間分の料金を支払う必要がある。

Spotifyはまた、オーディオブックを提供せず、音楽とポッドキャストのみを提供する新しいプランを導入するようだ。これは現在の個人向けプレミアムプランと同じ価格になる。オーディオブックは有料となる。つまり、基本的には次のような流れになる。まず、スポティファイは既存のプレミアム・プランにオーディオブックを追加し、その後、価格を引き上げるが、オーディオブックなしの新プランを立ち上げる。

テクノロジー Spotifyは今年値上げと新プランの導入を計画している。

これは、プレミアムプランに加入している人々をオーディオブックに夢中にさせ、値上げされてもこのプランに留まらせる一方で、オーディオブックに興味のない人々は、新しいプランが開始されるたびにプランを切り替えるという余計な手間を省く必要があるように設計されているようだ。

しかし、まだある。プレミアム」プランも登場し、ハイファイ・オーディオを聴くことができるようになる。これは何年も前から噂されていたことなので、ついに2024年に発表されるのかも?

テクノロジー Spotify、今年値上げと新プラン導入を計画

Spotifyは最近、(ほとんど絶望的なレベルに思えるほど)音楽だけの提供から多角化しようとしている。そのため、数年前にポッドキャストが誕生し、最近ではオーディオブックも提供するようになった。しかし、これは皮肉にも音楽業界のパートナーたちを憂慮させ、彼らはスポティファイからの収入が減ることを恐れている。そして、その恐怖に対する彼らの反応が、スポティファイに値上げを迫っていると言われている。

昨年、Spotifyはプレミアム・ティアを導入して以来初めて値上げを行ったが、この動きはユーザーベースが1億1300万人増加し、これまでで最高の伸びを見せたため、悪影響は全くなかったようだ。2023年末時点で、スポティファイの総ユーザー数は6億200万人で、そのうち2億3600万人が有料ユーザーだった。昨年の値上げの成功は、同社の経営陣に再び値上げを行う自信を与えた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article