32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

2531年、婚姻法が変わらない限り、日本人は全員同じ苗字になる

Must read

イギリス

新しい研究によると、550年以内に、日本のすべての家庭は同じ苗字になる。

東北大学高齢社会総合研究センターが発表したこの研究は、日本の現在の苗字制度は「個人の尊厳」と「家族のアイデンティティの喪失」を脅かしていると主張している。

現在の日本の法律では、結婚したら家族は一つの姓を名乗ることになっている。

この法律は外国人と結婚した人を除外しているが、社会的な固定観念が異性間のカップルに男性の姓を選ぶよう促しているため、この法律は女性の遺産に脅威を与えている。

同調査はまた、最も一般的な名字の軌跡と人口統計学的傾向についても調査しており、「佐藤」という名前の普及率が2022年から2023年の12カ月間で1.0083倍に急増したことを指摘している。

“佐藤さん “は日本で最も多い名前として挙げられ、総人口の1.5%を占めた。

この調査の責任者である吉田博教授は、民法が変わらない限り、2531年までにすべての日本人が「佐藤さん」と呼ばれるようになると予測している。

研究者はまた、婚姻姓名法がこのままであれば、2446年までに人口の半数が「佐藤」という姓を共有することになると警告している。

「すべての人が佐藤さんになったら、私たちは人を名前で呼ぶか、あるいは識別のために番号で呼ばなければならなくなるかもしれない。そうなると、特に素晴らしい世界にはなりませんね」。吉田教授が言った。

しかし、もし法律が改正され、結婚後も夫婦の姓を維持し、子供の姓に二重姓を選ぶことができるようになれば、3310年までこの姓が日本を支配することはないだろう。

吉田教授の試算では、このまま少子化が続けば、3310年には 日本の人口 はわずか22人になる。

イギリス 日本の出生率
日本の出生率は2022年から2023年にかけて5%以上低下した。 厚生労働省/人口動態統計

日本の出生率は2022年から2023年にかけて5%以上低下した。 厚生労働省/人口動態統計

研究者はまた、別姓制度が実施されない限り、人口が消滅するまで日本人の姓の多様性は制限されるだろうと述べている。

報告書はまた、2022年に日本労働組合総連合会が実施した調査に基づき、代替シナリオを探った。

20歳から59歳の日本人従業員1,000人を対象としたこの調査では、回答者の39.9%が、別姓の選択肢にかかわらずパートナーと同姓を選ぶと答えた。

このシナリオを念頭に置いて、吉田教授は、2531年までに日本の人口のわずか7.9パーセントが「佐藤」という名前になるだろうと予測した。

日本で自分の姓を選ぶ機会を合法化するために、この報告書は日本のウェブサイトThink Name Projectと一般社団法人アスニワによって委託され、組織された。

吉田教授によると、これらの団体は吉田教授に協力と支援を求めたという。

“選択的別姓制度に関する問題を数値化するという彼らの目的に共感した “と彼は言い、彼の研究がいかに “想定シナリオに基づいて機械的に計算されたものであるか “を強調した。

日本の伝統に対する脅威は 日本の出生率 は2023年に過去最低を記録する。

今年2月、日本の厚生労働省は、2023年に生まれる赤ちゃんの数が75万8631人であることを明らかにした。この衝撃的な統計は、2022年と比較して5.1%の減少を露呈した。

日本の林芳正官房長官は、出生率の不足は「危機的な状態」にあると述べ、「若年人口が急速に減少し始める2030年代までの今後6年間ほどが、この傾向を逆転させることができるかもしれない最後のチャンスになるだろう」と続けた。

“無駄にしている時間はない”

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article