33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

ウォール街、非農業部門雇用者数を受け上昇

Must read

ビジネス情報

シュリスティ・アチャールA、シャシュワット・チャウハン著

(日 ロイター] – 米雇用統計が賃金上昇圧力の緩和を示唆したことから、ウォール街の主要株価指数は金曜日に上昇し、米国経済が軟着陸する可能性が高まった。

米雇用主は3月、予想を大幅に上回る労働者を雇用し、引き続き安定したペースで賃金を引き上げており、経済が第1四半期を堅調な状態で終えたことを示唆し、連邦準備制度理事会(FRB)による広く予想されている利下げを遅らせる可能性がある。

しかし、ロイターが世論調査したエコノミストによれば、平均時給の上昇は予想通りであったものの、3月の年間賃金上昇率は前月から鈍化した。

「マクロ・インスティテュートのシニア投資ストラテジスト、ブライアン・ニック氏は、「インフレの再燃を引き起こすことなく、経済成長の観点からは順調に推移しているように見える。

「給与支払い統計があまりに良かったので、利下げ期待が少し押し上げられた。しかし同時に、この先インフレが上昇しても、そのツケを払うことになるわけではないので、市場は気にしていないようだ。

FRB高官のタカ派的な発言を受けて、主要3指数は前場の市場全体の反落から回復した。

ミネアポリス連銀のニール・カシュカリ総裁は24日、先月の米中央銀行総裁会議で今年2回の利下げを織り込んでいたものの、インフレ率がFRBの目標を下回り続ければ、利下げは必要なくなるかもしれないと述べた。

LSEGによると、金融市場は現在、今年の利下げを2回程度と見ており、数週間前の3回から減少している。

今週は、軟調なサービス活動報告、強めの製造業報告、政策立案者のコメントなど、さまざまな経済データが株式相場を圧迫し、主要指数は週足で下落に転じた。

テスラ(NASDAQ:)は、電気自動車メーカーが大衆向け自動車メーカーへと成長する原動力になると期待されていた安価な自動車をキャンセルしたことで、2.4%下落し、成長銘柄の中では異常値であった。

米国東部時間午前11時39分現在、NYダウは前日比266.21ポイント(0.69%)高の38,863.19、NYダウは51.35ポイント(1.00%)高の5,198.56、NYダウは193.14ポイント(1.20%)高の16,242.23で推移している。

米国債の利回りがデータ後に上昇しても、市場は上昇した。10年物国債利回りは4.3655%であった。

S&P500種構成銘柄の主要11セクター中10セクターが上昇し、通信サービスが1.6%上昇した。

クリスピー・クリームは、パイパー・サンドラーがドーナツ・チェーンを「ニュートラル」から「オーバーウエート」に格上げした後、4.7%上昇した。

ショックウェーブ・メディカル (ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE:)が医療機器メーカーを125億ドルで買収することで合意し、ショックウェーブ・メディカル(NASDAQ:)は1.8%上昇した。

ビジネス情報 © Reuters.FILE PHOTO:米ニューヨークのニューヨーク証券取引所(NYSE)の取引所で働くトレーダー(2024年4月4日撮影)。ロイター/アンドリュー・ケリー/FILE PHOTO

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄が値下がり銘柄を1.35対1、ナスダックでは1.12対1で上回った。

S&P指数は52週間ぶりの高値13、安値5を記録し、ナスダックは高値44、安値102を記録した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article