22.9 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

女性が石打ちの刑に処されるサウジアラビアが国連女性の権利グループのリーダーに

Must read

イギリス

サウジアラビアが国連女性権利グループのトップに選ばれた。サウジアラビアの女性に対する “ひどい “扱いを国連が無視しているとして、運動家たちはこの無投票当選を非難している。

サウジアラビアの国連特使アブドゥルアジズ・アルワシル氏は、次のように述べた。 議長に任命された。 女性の地位委員会(CSW)の委員長に指名された。アルワシルの女性の権利に関する委員長就任の主張は、年次総会に出席したメンバーから異論が出ることもなく、まったく揺るぎないものであった。

また、情報筋によれば、アワシルは委員会のアジア太平洋諸国のグループから祝福されていたという。

年次総会はニューヨークで開催され、国連のメンバー45人が出席した。

この会議で、サウジアラビアが少なくとも2年間は指導的役割を果たすことが発表された。

人権団体は、サウジアラビアの男女平等に関する悪名高い記録は、女性が姦通で石打ちの刑に処され、男女の権利の間にかなりの格差があることをすぐに指摘した。

サウジアラビアは2022年に女性に「個人的地位」を付与したにもかかわらず、現行法では女性は「合理的な方法」で夫に従うよう命じられている。

女性の経済的自由も、夫への「服従」にかかっている。法律では、”正当な理由 “なしに、夫とのセックス、夫婦の家での生活、夫との旅行を拒否するなどの理由で、男性が資金を差し止めることを認めている。

ヒューマン・ライツ・ウォッチはまた、夫婦の家を出ることを選択した女性が、父親と一緒にいることが子どもにとって定義されていない「最善の利益」である場合、子どもの親権を失うリスクがあると指摘している。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の国連ディレクター、ルイ・シャルボノーはこう主張した:「サウジアラビアが国連女性の地位委員会の委員長に選出されたことは、あらゆる場所での女性の権利に対する衝撃的な無視を示している。

サウジアラビア 女性の権利を擁護するというだけで女性を投獄する国であり、女性の権利とジェンダー平等のための国連のトップフォーラムの顔にはふさわしくない」とシャルボノーは付け加えた。

「サウジアラビア当局は、この栄誉が全くふさわしくないものではないことを示し、拘留されている女性の権利擁護者全員を直ちに釈放し、男性の後見制度を廃止し、男性と平等な女性の完全な権利を保障すべきである。

新法はまた、女性が結婚するには男性後見人の許可を得なければならないと明記しているが、サウジアラビアは「個人的地位」を女性の権利の進歩の証拠として指摘している。

国連サウジアラビア代表部はこの論争についてコメントしていない。

アムネスティ・インターナショナルのニューヨーク事務所長、シェリーヌ・タドロスは警告した:「現在サウジアラビアが議長を務める委員会は、委員会にとって重要な年であり、計画、決定、現状把握、そして今後の見通しを左右する重要な立場にある。

このニュースは、世界中の女性の権利を大きく前進させた画期的な国際法の成立から30周年を迎え、サウジアラビアがCSWの議長国に指名されたことによる。

「サウジアラビアが舵取りをすることになったが、女性の権利に関するサウジアラビアの記録はひどいものであり、委員会の任務とはかけ離れている」とタドロス氏は述べた。

女性の地位委員会のメンバーではない英国外務省は、委員長の選出には関与していないと述べた。

外務省の広報担当者は言う:「私たちは女性の権利問題について、サウジアラビア当局と密接に関わり続けています」。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article