32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

投票に向かうロシア人、プーチンはあらゆる調査の達人

Must read

ウクライナ戦争

ウクライナ紛争がロシア領内にまで拡大する中、ベテラン指導者ウラジーミル・プーチンにもう6年の任期を与えることになる大統領選挙の投票が金曜日に始まった。

1999年の最終日以来、大統領または首相として権力を握っている元KGB諜報員は、この選挙をロシア人の忠誠心と、現在3年目に突入しているウクライナへの軍事攻撃への支持を示すものと位置づけている。

11のタイムゾーンにまたがる国の投票所は、極東のカムチャツカ半島では金曜日の午前8時(日本時間木曜日の午後8時)に開設され、EU加盟国のポーランドとリトアニアに挟まれたロシアのカリーニングラード諸島では日曜日の午後8時(日本時間日曜日の午後6時)に閉鎖される。

プーチンは木曜日、国営テレビで放送された選挙前のメッセージの中で、国にとって「困難な時期」に直面しているプーチンを支持するようロシア人に呼びかけていた。

「われわれはすでに、ロシアの自由、主権、安全を守りながら、共に歩むことができることを示してきた。

クレムリンの指導者の自信は、最近、彼の軍隊がウクライナでほぼ1年ぶりに領土を獲得したことで最高潮に達している。

ウクライナ戦争 茶番劇

プーチンの主要な反対派が全員死亡、獄中、または亡命しているため、投票の結果に疑問の余地はない。

勝利すれば、プーチンは2030年まで政権を維持できることになり、18世紀のエカテリーナ大帝以来の長期政権となる。権利団体は、世論調査は自由でも公正でもないだろうと言っている。

選挙当局は、彼に対抗して立候補しようとした数少ない本物の野党候補を締め出した。

しかし、プーチンに反対する人々は、まだ行列を台無しにすることを望んでいる。投票最終日である日曜日の正午に投票所の前に現れるよう有権者に呼びかけている人々は、抗議の形をとっている。

モスクワの検察当局は、”このような大規模なイベントの組織と参加は処罰の対象になる “と警告した。ロシアが併合したと主張するウクライナ東部の占領地域でも投票が行われていた。

東部のドネツク地方では、戦闘服に身を包んだ武装した兵士が選挙関係者に付き添い、移動式の投票所を路上の小さなテーブルやソ連時代の車のボンネットの上に設置した。

キエフは投票を “茶番劇 “と決めつけ、ウクライナ東部と2014年にロシアが併合したクリミアで選挙を行うことは “違法 “だと述べた。米国務省のマシュー・ミラー報道官も木曜日、ロシア支配地域での投票を非難した。

「米国は、主権国家ウクライナで行われたこの見せかけの選挙の正当性も結果も決して認めない。

モスクワは、ウクライナへの軍事攻撃を連想させる赤、白、青の「V」のロゴを使って投票を宣伝した。

ウクライナ戦争 プーチンはすべての調査の主である。

2024年3月14日、ロシアのモスクワ郊外の邸宅から、ビデオ回線を通じてインフラ・オブジェの建設開始式典に参加するロシアのプーチン大統領。- ロイター

戦争状態にあるロシアにおいて、真の候補者はただ一人、勝者はただ一人:ウラジーミル・プーチンだ。

3月15日から17日にかけて行われた選挙でロシア人が投票を行う中、ウクライナ戦争への強い支持の中で、71歳の元KGB中佐の人気は高い。

「私はプーチンを支持していますし、もちろん彼に投票します」と、モスクワ南部のロシア最大級の卸売市場で中国製のニューバランスの偽造スニーカーを物色していたリュドミラ・ペトロワさん(46)は語った。

「プーチンはロシアをその膝から起こした。そしてロシアは西側諸国とウクライナを打ち負かすだろう。ロシアに勝つことはできない。「西側諸国は完全に狂ってしまったのか?ウクライナはあなたたちをどうするのですか?

西側諸国は、プーチンを独裁者、戦争犯罪人、殺人者、さらにはジョー・バイデン米大統領が先月述べたように、戦略的破滅につながる腐敗した独裁政権でロシアを奴隷化したと米政府高官が言う「狂ったSOB」とみなしている。

しかしロシアでは、世論調査やロシア高官筋のインタビューによれば、戦争はプーチンの権力掌握を強化し、ロシア人からの人気を高めるのに役立っている。

「疑ってはいけない。これは一生の仕事だ」と、クレムリンのトップレベルの考え方を知る、ある有力ロシア人は語った。彼は次のように語った。 ロイター ロイター[1945011]は、匿名を条件に、政治問題に対する自身の見解を述べた。

「プーチンには競争相手がいない。西側諸国は、制裁とロシアへの誹謗中傷によって、ロシアのエリート層とロシア国民の大部分をプーチンの周りに団結させる手助けをしたことで、非常に深刻な過ちを犯した。”

別のロシア高官筋によれば、プーチンの指導者としての在任期間は、政治的な問題ではなく、彼の健康状態の問題である。彼には目に見える後継者はいない。

プーチンは 全面侵攻 2022年2月、ウクライナ東部で8年間続いた、一方はキエフ軍、もう一方は親ロシア派のウクライナ人とロシアの代理人との間の紛争の後、ウクライナに全面侵攻した。

双方で数万人の兵士が死亡し、さらに多くの負傷者が出て、数千人のウクライナ市民が死亡し、ウクライナの経済とインフラは数千億ドル相当の損害を被った。

プーチンが旧ソ連をはるかに超える脅威であるという西側諸国は、ウクライナに数千億ドル相当の援助、武器、トップレベルの諜報活動を提供してきた。

西側の指導者たちは、プーチンがロシアの世界的な影響力を回復させることを目的とした、残忍な帝国スタイルの戦争を行っていると非難している。

ウクライナ戦争 西側との戦争

プーチンはこの戦争を、1989年にベルリンの壁が崩壊した後、ウクライナを含むモスクワの勢力圏に侵入してロシアに屈辱を与えたと言う、衰退し退廃した西側諸国との実存的な戦いの一部として位置づけている。

それは、消費財はともかく、西側の政治や意図に疑念を抱いている多くのロシア人に魅力的だ。

クレムリンの高官たちは、「プーチンのチーム」と書かれたトレーナーを着て、公然とナトーとの戦争について語っている。

ロシアの著名な世論調査機関であるレバダ・センターによれば、プーチンの支持率は現在86%で、ウクライナ侵攻直前の71%から上昇している。

プーチンの支持率は、2008年のグルジアとの戦争と2014年のウクライナからのクリミア併合の際にも急上昇した。

ロシアのテレビと洗練されたソーシャルメディアは、プーチンを強固な愛国者として映し出し、バイデンのような西側の指導者を弱く、愚かで、欺瞞に満ちていると嘲笑している。

「プロパガンダに感化されている部分もあるが、最も重要なのは彼ら自身の内なる信念である多くのロシア人にとって、ロシアは西側諸国との古くからの闘争の中にあり、現在起きていることはこの闘争の中の一つのエピソードなのだ」と、レバダ社の社会文化調査責任者であるアレクセイ・レヴィンソンは語った。 ロイター.

「私たちの調査でこのような感情を表明する人々は、自分たちが西側諸国との闘争に何らかの形で参加していると考えている。彼らは、サッカーの試合に参加していると想像するサッカーファンのようなものだ。”

ロシアのエリートたちの中には、戦争の遂行に懐疑的な者もいるが、彼らはクレムリンに反対することで得るものはなく、失うものも大きい。 反乱の失敗 2023年、傭兵グループ「ワグネル」のリーダー、エフゲニー・プリゴージンの反乱が起きた。

プリゴージンの飛行機 墜落 8月23日、反乱から2ヶ月が経過した。

プーチンはチャンスをほとんど残していない。本格的な侵攻以来、当局は反対意見の兆候を取り締まった。反対を表明した数百人が逮捕され、抗議活動は禁止されている。

ロシアの電波を独占する国営メディアは、プーチンに忠誠を誓っている。3人のライバル候補の課題は負けることだ。支持率はいずれも6%を超えていない。

ある選挙関係者は、何万人もの署名を集めたにもかかわらず登録が認められなかった反戦候補のボリス・ナデジディンに、不平を言うよりも自分の失敗に目を向けるべきだと言った。

クレムリンの最大の関心事は、高い投票率を確保することである。国営企業の管理職の中には、従業員に投票を命じ、投票用紙の写真を提出させた者もいると、6人の情報筋が語った。 ロイター.現金自動預け払い機もロシア人に投票を呼びかける

ロシアの分断された野党の指導者たちは、外国にいるか、刑務所にいるか、沈黙しているか、死んでいるかのいずれかである。

アレクセイ・ナヴァルニー、ロシアで最も著名な野党指導者、 死去 北極の流刑地 “ポーラーウルフ “で2月16日に死亡したと刑務所が発表した。未亡人のユリアさんは、ロシア人に対し、3月17日の正午に投票所に出向き、反対の意思を示すよう呼びかけている。

ナヴァルニーはプーチンのロシアを、金のことしか考えない泥棒、おべっか使い、スパイが牛耳るもろい犯罪国家だと評していた。彼は以前から、ロシアが革命を含む地震的な政治的混乱に直面する可能性があると予測していた。

プーチンは強いのか弱いのか、と問われて、ナヴァルニーの最側近の一人であるレオニード・ヴォルコフはこう答えた:「恐竜は絶滅する前はとても強かった。

と話した直後 ロイター ヴィリニュスで、ヴォルコフ氏は、リトアニアがロシアのせいにした攻撃で、ハンマーで襲われたと語った。クレムリンはこの事件についてのコメントを拒否した。

先月、「軍隊の信用を失墜させた」罪で2年半の禁固刑を言い渡された裁判所から、ベテランのロシア人権活動家オレグ・オルロフは、プーチンのロシアをフランツ・カフカやウラジーミル・ソローキンの小説に出てくるようなものに例えた。

「我が国を現在のような落とし穴に導いた人々は、年老いた人、老朽化した人、時代遅れの人を象徴している」とオルロフは言った。彼らには未来への展望がなく、過去の虚像、”帝国の偉大さ “の蜃気楼に過ぎない。そして、彼らはロシアを後戻りさせ、ディストピアへと押し戻そうとしている」。

ウクライナ戦争 自由はない」:EU総長、プーチン大統領の勝利を「祝福」する

EUのシャルル・ミッシェル総裁は、投票が始まったばかりだというのに、ロシアのウラジーミル・プーチンが実質的な反対派を抑えて再選を果たしたことを皮肉たっぷりに祝福した。

ミシェル欧州理事会議長はX(旧ツイッター)に、「今日から始まる選挙でのウラジーミル・プーチンの地滑り的勝利を祝福したい」と書き込んだ。

「反対はない。自由もない。選択肢もない”プーチンは、ロシアに対する彼の鉄の支配をさらに6年間延長する新しい任期を主張することは確実のようだ。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article