29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

コスト効率に優れたエネルギー貯蔵で野心的な炭素目標を達成 – REPT Batteroのスポンサーコンテンツ

Must read

アメリカ

ポスト

  • ポスト

  • 共有する

  • 注釈を付ける

  • 保存

  • プリント

  • 気候変動に関するコンセンサスと、それに立ち向かう組織の責任については、以前から明らかであった。

    低炭素製造、サプライチェーンと流通チェーンのアップグレード、循環型経済の強化などの戦略を通じて、危機を緩和するための企業の継続的な取り組みは、長期的な事業価値だけでなく、社会的責任も支えている。

    持続可能性の目標を自社の使命と整合させ、従業員や利害関係者を巻き込み、進捗を測定することに成功する組織がある一方で、多くの組織は、革新的な技術やインフラへの多額の投資、プロセスの変更、規制遵守の維持が必要となる炭素排出量削減のための野心的な戦略の実施に苦戦している。

    低炭素の設計と製造、循環型経済のライフサイクル、サプライチェーンとバリューチェーン全体にわたる持続可能なパートナーシップを経済的に実践するために、一部の企業は、世界的、地域的、地元的に高い持続可能性の専門知識、戦略、リソースを導入しているエネルギーパートナーと提携することで前進している。

    バッテリー・パワーでより良く

    二酸化炭素削減計画の重要な要素のひとつに、リチウムイオン蓄電池の利用がある。

    再生可能エネルギー源は、従来のエネルギー源よりも二酸化炭素排出量が少ない。そしてリチウムイオン電池は、再生可能エネルギーの効率を高め、大気の質を改善し、カーボンニュートラル政策の普及を促進することで、再生可能エネルギーの利用を促進するのに役立つ。

    リチウムイオン電池は、送電網を安定化させ、ピーク時の電力需要のための化石燃料への依存を減らし、電気自動車の普及を可能にします。リチウムイオン電池は、太陽光発電や風力発電などの断続的な再生可能エネルギー源に依存する組織が、そのようなエネルギーをより効果的に使用し、発電と配電による排出を最小限に抑えるのを助けることもできる。

    そして、電気自動車、ドローン、船舶のための持続可能な移動エネルギー貯蔵を提供し、二酸化炭素排出量と大気汚染物質を削減し、ドローンによる燃料消費量と大気汚染を減らすのに役立つ。

    ピーク時に電力を蓄え、ピーク時に放出することで、蓄電池は企業が送電網の負荷バランスをとり、リアルタイムのニーズに合わせたインテリジェントなスケジューリングで信頼性の高いバックアップ電力を提供し、また送電網の緊急時に重要なバックアップエネルギーを提供するのに役立つ。

    技術が進化し続け、コストが下がり続けるにつれて、電池の採用と応用はより広まり、気候変動との戦いにおける電池の役割を後押しするかもしれない。

    電池メーカーであるREPT Battero社は、これらの製品へのアクセスをより多くの組織に広げている。電気自動車やエネルギー貯蔵システム用の標準化・カスタマイズ可能なバッテリーなど、幅広い新エネルギー・アプリケーションを提供し、特定の運用ニーズや排出目標に適合させている。また、同社のスマート・ソフトウェア制御・予測ツールは、顧客が最適な蓄電容量と放電サイクルを予測・管理し、エネルギー消費とコストを節約するのに役立つ。

    地域およびグローバルな専門知識

    企業は、グローバル・レベルとローカル・レベルの両方の専門知識とリソースをもたらすエネルギー・パートナーと協力することで、持続可能性への取り組みを強化することができる。

    より大きな組織であるTsingshan Holding Groupの一員となることで、REPT Batteroの自動車およびエネルギー貯蔵用リチウムイオン電池の研究、開発、生産が強化され、企業の顧客は、エネルギー戦略、資源使用、排出、コストを改善するための強力な技術とエンジニアリングを利用できるようになります。

    REPT Batteroのウェンディング・バッテリーは、従来のセルよりも高いエネルギー密度と効率を持ち、15%多いエネルギーを保持し、10%少ない熱を発生し、15%小さい設置面積を占めます。

    インドネシアのニッケル産業、ステンレス鋼生産、その他のメーカーへの投資は、同地域の顧客に原材料の信頼できる供給、よりコスト効率の高い生産、効率的なイノベーションを開発する機会を提供するのに役立っている。また、同地域での大きな存在感により、その持続可能な開発の実践は、省エネルギー、カーボンニュートラル、環境保護を後押ししている。

    インドネシアでは、REPT Battero社の蓄電システムにより、顧客の電力浪費を40%削減し、ピーク時とオフピーク時に必要なエネルギーを供給している。さらに同社は、バッテリーのトラック輸送を環境に優しいモノレール・システムにアップグレードし、自社の二酸化炭素排出量を削減している。

    グローバル・エネルギー・パートナーとの協力は、グローバルに展開するエネルギー依存型企業にとって特に重要である。地理、政治、環境・社会ガバナンスやリサイクルに関する規制などの要因によって、持続可能性のイノベーションを重視する地域もあれば、現在の市場競争を重視する地域もある。

    このような違いに対応することは、持続可能性方針を地域的または世界的に拡大する必要がある組織にとって極めて重要である。大規模なバッテリーの専門家とのパートナーシップは、炭素消費削減の取り組みを進める上で非常に貴重なものとなる。

    未来のためのバッテリー

    地球の健康と福祉は、すべての組織の責任であり、その組織が奉仕する地域社会とその事業の利害関係者の両方に対するものである。

    幅広い事業展開と革新的な精神を持つリチウムイオン電池プロバイダーとの提携は、組織の循環性と持続可能性を高めるのに役立ちます。

    REPT Batteroと提携する組織は、エネルギー密度を最大化し、材料使用量を最小化するための研究、リサイクル可能なバッテリーの設計、リサイクル業者との協力、よりスマートで安全な持続可能な世界のための責任ある廃棄と循環性を奨励することを優先するパートナーと提携します。


    についてもっと知る REPTバッテロは、持続可能性とエネルギー効率の高いウェンディング・リチウムイオン電池に関するパートナーシップを締結しました。

    引用元へ

    - Advertisement -spot_img

    More articles

    - Advertisement -spot_img

    Latest article