31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

EU、投票を前に反ウクライナ・プロパガンダと闘う

Must read

ウクライナ戦争

月の欧州議会選挙が近づくなか、専門家は、親ロシア派が極右政党や民族主義政党の支持を高めるために、ウクライナ戦争に関する虚偽の主張をソーシャルメディアに氾濫させていると警告している。

親ロシア派のアカウントは、フェイスブック、X、TikTokで、ウクライナ難民を凶暴な犯罪者として描写したり、キエフの政府高官が西側諸国から送られた財政援助を吸い上げて、自分たちのために豪華なヨットや別荘を購入していると主張する投稿を流している。

紛争に最も近い国々で特に有力なもうひとつのテーマは、難民が地元の人々よりも高い国家給付を受けるというものだ。

このようなプロパガンダの目的は、EUの決意を弱め、ドイツのAfDやフランスの国民集会、オランダの自由党のような反移民政党を利することだと、フィンランドのヘルシンキにある欧州ハイブリッド脅威対策センター(ハイブリッドCoE)のアナリスト、ヤクブ・カレンスキーは言う。

このような偽情報は、4億人以上のヨーロッパ人が5年間の新しい議会を選ぶ6月6日から9日の投票において、「間違いなく役割を果たすだろう」と同氏は述べた。

「ウクライナ移民のリスクを誇張すると、反移民政党を後押しすることになる」とカレンスキー氏。

「もしロシアのプロパガンダがなければ、マリーヌ・ルペン(フランス)、ゲルト・ウィルダース(オランダ)、ロベルト・フィコ(スロバキア)のような指導者が率いる運動は、選挙結果を大きく下げただろうと確信している。

オーストリアのウィーンにあるデジタル・メディア・リテラシー・センターの偽情報アナリスト、ディートマー・ピヒラー氏は、ロシアがクレムリンに友好的なヨーロッパの政党を宣伝しようとしているため、6月の投票に向けて反ウクライナの偽情報が強まる可能性が高いと見ている。

同氏は、EUのキャンペーンですでに表面化している2つの主要なトピックとして、対ロシア制裁とウクライナへの財政援助を挙げている。

ウクライナへの支援を止めさせようとする勢力は、偽情報やロシアのプロパガンダを利用して、反ウクライナの立場を “正当化 “している」とピヒラー氏はAFP通信に語った。

しかし、親ロシア派のシナリオは主流政党の政策にも影響を与え、ウクライナを支持する可能性のある人々を黙らせることもあるという。

「一部の政治家たちは、ウクライナやロシアといったトピックを完全に取り上げることを恐れている。なぜなら、ロシアのトロールやボット、親ロシア派による国内レベルでの攻撃を恐れているからだ。

肥沃な大地

カレンスキーによれば、ハンガリーやスロバキアなど、政府が積極的に反移民感情を煽り、ブリュッセルにロシアとの和解を促している国では、親クレムリンの偽情報キャンペーンは特に肥沃な土壌を見つけるかもしれない。

2月24日のロシア侵攻2周年に、スロバキアのフィーコ首相は、ウクライナ人をナチスになぞらえ、モスクワによる侵攻を正当化する発言を繰り返しているが、EUは「ロシア連邦を憎んでいる」と非難し、「両国のための平和計画を打ち出す」よう促した。

ハンガリーの国営メディアはしばしば、ウクライナ紛争が第三次世界大戦につながる可能性を示唆したり、ウクライナ人男性を戦場に強制的に徴用しているという根拠のない主張をしたりしている。

ロシアが2022年2月にウクライナに侵攻して以来、キエフの最も忠実な同盟国であるポーランドでさえ、インターネット上に氾濫するプロパガンダを免れることはできない。

ポーランドの農家はウクライナの穀物輸入の安さに抗議しているし、ポーランドのソーシャルメディアでは、難民が労働市場に押し寄せ、賃金を引き下げたり、地元の人々が夢見ることしかできないような生活保護を受けたりしているという主張が飛び交っている。

ポーランドのワルシャワにあるCasimir Pulaski Foundationのサイバーセキュリティと偽情報の専門家であるAndrzej Kozlowski氏は、「メッセージは、”これはあなたの助けに対するウクライナの感謝の気持ちです”、”彼らは私たちを利用しています”、”彼らは私たちを尊重していません”」と述べた。

2024年初頭にヨーロッパ全土で起こった農民の抗議デモは、多くのヨーロッパ諸国でロシアの宣伝家と極右政党によって武器化されている。

これらの抗議活動は、4月のポーランド選挙と6月のEU投票を前に、「ロシアの情報操作マシンにとって最優先事項になっている」とコズロフスキ氏はAFPに語った。

2024年2月のイプソスの世論調査によると、極右政党のコンフェデレーション(ポーランド議会で唯一、ロシアの侵攻を明確に非難していない政党)が最も急速に支持を伸ばしており、4月7日の地方選挙では12%を獲得する可能性がある。

「当初、我々はロシアの偽情報を一笑に付していたが、統計によれば、ポーランドにおけるウクライナ難民や移民への支持は低くなっており、ウクライナに弾薬や武器を送ることへの支持も低くなっている」とコズロフスキ氏は語った。

ハイブリッドCoEのカレンスキーは、ヨーロッパにとって最大の課題は、団結を保ち、偽情報の洪水に抵抗することだと考えている。

「ロシアは長期戦のエキスパートだ。「彼らは嘘を100回繰り返せば、それがやがて真実になることを知っている。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article