32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

イスラエル五輪制裁は「問題外」:IOC

Must read

ウクライナ戦争

パリ】国際オリンピック委員会(IOC)は、ガザ侵攻をめぐるパリ・オリンピックの前にイスラエルを制裁する計画はないと、トップが金曜日に語った。

2024年パリ五輪のIOC調整委員会のピエール=オリヴィエ・ベッカーズ=ヴィエジャント委員長は、ガザでの紛争と、モスクワがIOCから出場停止処分を受けたロシアのウクライナでの戦争は「異なる状況」であると述べた。

「今、(イスラエルへの)制裁を想像するのは問題外だ」と、ベッカーズ=ヴィエジャント氏は3日間のフランス首都への出張を終えた金曜日に記者団に語った。

「IOCが最初にロシアを制裁し、次にロシアオリンピック委員会(ROC)を制裁するに至った理由は非常に具体的である。と彼は言った: 「ロシア、そして最近ではROCがオリンピック憲章の本質的な部分を損なった。

「パレスチナのオリンピック委員会やイスラエルのオリンピック委員会はそうではありません。これらは異なる状況であることは明らかです。”

2022年2月にロシアがウクライナに侵攻した4日後、IOCはすべての国際スポーツ連盟に対し、ロシアとベラルーシの選手を大会から除外し、ロシアで開催される今後の大会を中止するよう求めた。

IOCのトーマス・バッハ会長はその後、ロシアは北京冬季オリンピックの直後に行われた侵攻によって、オリンピック憲章と「オリンピック休戦」に違反したと述べた。

IOCは昨年10月、ロシアに占領されたウクライナ東部の地域スポーツ組織をメンバーに加えたため、ロシアオリンピック委員会を資格停止処分にした。

ロシアとベラルーシの選手たちは、今年のパリ大会では、団体競技以外では中立として、またウクライナへの戦争を積極的に支持していない限り、出場が認められている。

IOCは、ロシアから8人、ベラルーシから3人の選手だけが中立として出場資格を得たと見積もっているが、ロシアが大会全体をボイコットするのではないかという憶測が広がっている。

10月7日のハマスによる攻撃に端を発し、約1140人の死者を出したガザでの戦争について、パレスチナの活動家やフランスの左派議員の集団は、IOCからイスラエルに制裁を科すよう求めている。

これに対してイスラエルはハマスの排除を宣言し、ガザの保健省によれば、少なくとも30,878人(そのほとんどが女性と子供)が死亡した侵攻を開始した。

IOCのトーマス・バッハ会長は今週、パリ大会の期間中、イスラエル選手団は特別に保護されると述べた。

スイスの新聞『24 Heures』が報じたところによると、「対策は講じられるだろう。 「イスラエル人は大会期間中、安心して過ごさなければならない。オリンピック村であろうと他の場所であろうと、誰もが平等に扱われなければならない。

“誰もが尊敬され、敬意を払う態度を持たなければならない”

ドーン』2024年3月9日号掲載

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article