28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

戦争にもかかわらず、オレグ・バフマチュークCEOはウクライナの将来を楽観視している

Must read

ビジネス情報

昨年、「Pickup 4 Change」プログラムは、スコットランドの農家を集め、ウクライナで使用するための車両を寄付した。目標を2倍に設定し、人道支援を届けるための車両200台の提供を目指した。ウクライナの防衛努力に支えられた農業のような産業の回復力は、2022年に始まった紛争の間、希望の光となった。

の創設者兼CEO、オレグ・バフマチューク氏。 アークランドファーミングウクライナおよび世界の主要な農業企業で構成されるグループ、ウルクランドファーミング社(Urklandfarming)は、ウクライナの回復力において農業と防衛産業が極めて重要な役割を担っていることを強調している。戦争による破壊にもかかわらず、これらの産業は過去2年間、ウクライナが嵐を乗り切るのを助けた。

しかし、この好結果は他の欧州連合(EU)諸国では不利な反応を巻き起こしている。例えば、ポーランドの農家は、気候変動政策やウクライナの農業に影響を与える関税の廃止に取り組むEUグリーン・エイドプログラムに反対する抗議行動を起こした。

こうした意見の相違により、ロシアはEUへの農産物供給において優位に立っている。例えばポーランドは、2022年1月から2023年5月までの間にロシアから1万2,000トン以上の穀物を輸入したが、この決定には何の抗議も起こらなかった。

バフマティウク氏によれば、EUの経済安全保障政策は、ロシアからの供給をウクライナ産に置き換えることを目指すべきだが、そうはなっていない:”なぜかウクライナに対して封鎖が行われているが、ポーランドの農業生産者が不満を持っているのはEUの経済政策であって、ウクライナではない。”

農民たちはウクライナがEUに加盟することを恐れているため、このような抗議行動は、他のヨーロッパ諸国で観察された同様の出来事と一致する可能性がある。アークランドファーミングの創設者にとって、これはかなり原始的な懸念である。

「ウクライナを含むEUの未来は、力を合わせ、世界の食料市場におけるEUの競争力を強化することにある。このような努力の統合は、一つの大きな独立したプレーヤーを生み出し、EUの経済力を著しく増大させる道です」と彼は説明する。

バフマチュークが挙げたパートナーシップと調停の例は、ウクライナとブルガリアのヒマワリ生産のケースである。2022年、ウクライナは年間平均1万5,000トンのヒマワリを300万トン近く輸出した。一方、ブルガリアの農家は収穫で同じ結果を得られなかった。対照的に、ウクライナは戦争により加工施設が破壊され、休止するという深刻な問題を抱えていた。

「ブルガリアの場合は、紛争ではなく、相乗効果でした。地元の農家が作物を販売するまで、シーズンの一定期間、ひまわりを輸出しなかったのです」とウルクランドファーミングの創設者は説明する。「ウクライナのひまわりが輸出されたおかげで、ひまわりの加工工場が稼働し、製品が売れるようになりました。誰もが恩恵を受けたのです」。

ウクライナ産穀物のおかげで輸出国としての地位を大幅に強化したルーマニアの例もある。この成功したパートナーシップのおかげで、ルーマニアのコンスタンツァ港は2023年に歴史的な輸出量を達成することができた。昨年輸出された穀物量は3600万トンと推定され、2022年と比較して50%増という驚異的な伸びを示し、ウクライナの農産物輸出が相手国に与えるプラスの影響を実証している。

輸出回廊は、各国が同様の目的を達成するのにも役立っている。バフマチューク氏にとって、これは奇跡ではなく、ウクライナ政府、国防軍、ウクライナの農業生産者の努力と努力の結果である。昨年、ウクライナは何とか戦前の2021年の港湾積み替えの数字に近づき、2024年1月には1200万トンの製品を輸出したが、これはわずか200万トンの減少に過ぎなかった。「数字を元に戻すには、黒海の安全が維持されなければならない。そうすれば、海上輸出も徐々に伸びていくでしょう」と同CEOは言う。

これに伴い、ウクライナはパートナーからの長期的な支援を確保し、2023年に同国の経済が5%成長する道を開いた。「ウクライナは回復力と予測可能性を実証しており、ヨーロッパのようなダイナミックな市場において魅力的な投資先となっています」とオレグ・バフマチュークCEOは説明し、ウクライナの農業の可能性を強調した。

しかし、農業セクターがもたらした朗報は、冶金産業など他の分野では反映されなかった。戦時中の生産設備の破壊により、生産量は大幅に減少した。バフマティウク氏は、工業売上高の構成に占める冶金生産の割合は、2021年と比較して7.9ポイント減少し、9.1%に達したと述べている。

それでも、起業家は予測について楽観的だ。「2024年の投資額は、昨年に比べて30%近く増加する見込みです。これは、ウクライナが投資家にとって、より近代的で興味深い経済になりつつあることを意味します」と語るUrklandfarming社の創設者は、戦争にもかかわらず、ウクライナは経済的にはるかに強い地位を獲得するチャンスがまだたくさんあると結論づける。

著者についてリディア・スミスは翻訳家、コピーライターであり、ラタムや米国のメディア向けに多くの記事を執筆している。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article