21.3 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

投資家が決算とメガキャップの見通しを消化し、ウォール街は高値引け

Must read

ビジネス情報

チブイケ・オグ著

(ロイター] – マグニフィセント・セブンをはじめとするメガキャップの成長株の四半期決算に投資家の注目が集まる中、一流企業の好決算を受けて米国株は高値引けとなった。

テスラ(NASDAQ:)は、電気自動車の新モデルの発売とアナリスト予想を下回る四半期収益を発表し、火曜日の市場が閉まった後、テクノロジー株の決算サイクルをスタートさせた。同社の株価は、時間外取引で6%上昇した。

今週後半には、マイクロソフト(NASDAQ:)、アルファベット(NASDAQ:)、メタ・プラットフォームズ(NASDAQ:)など、他のハイテク大手の決算が予定されている。

また、ゼネラル・モーターズ(NYSE:)の四半期決算が予想を上回り、4.4%高で取引を終えた。

11セクター中10セクターが上昇した。S&Pの素材セクターは、鉄鋼メーカーに引きずられて下落した。 ヌコール (NYSE:)は、第1四半期の業績不振の後、8.9%下落した。

アトランタにあるトゥルーイスト・アドバイザリー・サービシズの共同最高投資責任者、キース・ラーナー氏は「昨日から売られ過ぎのバランスが続いているが、今日のきっかけは、好調だった幅広いセクターの決算報告に市場が再注目していることだ」と述べた。

S&P500種指数は、前日比263.71ポイント(0.69%)高の38,503.69、S&P500種指数は59.95ポイント(1.20%)高の5,070.55、S&P500種指数は245.34ポイント(1.59%)高の15,696.64となった。

火曜日に発表されたデータによると、4月の米企業活動は需要の減退により4ヶ月ぶりの低水準に冷え込んだが、インフレ率は投入価格が急上昇する中でも小幅に緩和され、消費者物価の上昇を緩和する可能性を示唆した。

第三者広告。Investing.comによるオファーや推奨ではありません。情報開示を見る

こちら

または 広告を削除する.

投資家は、金曜日に発表される3月個人消費支出(PCE)指数(連邦準備制度理事会(FRB)が推奨するインフレ指標)に注目するだろう。

LSEGのデータによると、金融市場では現在、利下げ幅が年初の約150ベーシスポイントから約43ベーシスポイントに縮小している。

「PMIは少し弱く、雇用は少し弱く、この時点で市場は、これは悪いニュースであり、良いニュースであると受け止めている。

スポティファイ(NYSE:)は、スウェーデンの音楽ストリーミング大手が初めて10億ユーロ(11億ドル)を超える粗利益を計上した後、11.4%上昇した。

GEエアロスペース(NYSE:)は、通期の利益見通しが強気で8.3%上昇した。ダナハー(NYSE:)は、ライフサイエンス企業が四半期利益と売上高予想を上回ったため、7.2%上昇した。

格安航空会社のジェットブルーは、第1四半期の収益が低調だったため、年間収益見通しを下方修正し、株価は約19%急落した。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄が値下がり銘柄を4.89対1で上回った。ニューヨーク証券取引所の新高値は86銘柄、新安値は30銘柄だった。ナスダック市場では、3,051銘柄が上昇し、1,135銘柄が下落した。

S&P500種株価指数は52週間ぶりの高値を12銘柄、安値を2銘柄更新し、ナスダック市場は高値57銘柄、安値85銘柄となった。

米国取引所の出来高は105.7億株で、過去20日間の平均110.7億株。

第三者広告。Investing.comによるオファーまたは推奨ではありません。情報開示を見る

こちら

または 広告を削除する.

(ニューヨークでChibuike Oguhが取材、ベンガルールでShristi Achar AとShashwat Chauhanが追加取材、Aurora Ellisが編集)

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article