31.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

ティシュマン・スペイヤー、上海初の集合住宅プロジェクトで5,000万ドルのホテル購入を完了

Must read

テクノロジー

ホリデイ・イン・エクスプレス上海五角城がサービスアパートメントに生まれ変わる

マンハッタンを拠点とするデベロッパー兼投資家のティシュマン・スパイヤーが運営する投資ファンドが、上海北東部の楊浦地区にあるホテルの株式の過半数の取得を完了し、同ホテルはシンガポールのフレイザーズ・ホスピタリティが運営するサービスアパートメントに転換されることが決まった。

この取引条件では 12月に合意されたティシュマンのビークルは、香港上場の農業・投資会社であるEverChina International Holdingsから、296室のHoliday Inn Express Shanghai Wujiaochangを3億6,000万人民元(5,040万ドル)で購入した。

「ティシュマン・スペイヤー・チャイナのウィルソン・チェン最高経営責任者(CEO)はリリースの中で、「今回の買収は、上海のポートフォリオを多様化する魅力的な機会となりました。「この買収は、当社の上海ポートフォリオを多様化させる魅力的な機会となりました」と、ティシュマン・スペイヤー・チャイナのウィルソン・チェン最高経営責任者はリリースで述べている。

このプロジェクトは、ティシュマンにとって上海での初の集合住宅プロジェクトであり、ティシュマンとフレイザーズの中国本土における2件目の共同事業となる。 を設立している。 を設立し、深圳の羅湖地区にある325戸の賃貸アパートを取得、フレイザーズ・ホスピタリティのブランドで運営する。

楊浦地区ハブ

ティシュマンはジェネラル・パートナーとして、この不動産に投資するファンドの2.5%の株式を所有し、さらにそのマネージャーも務めている。このファンドのリミテッド・パートナーは、本土の信託会社National TrustとGuotong Trustで、それぞれ54.51%と31.51%を所有し、残りの11.48%は山東省の鉄鋼会社Shiheng Special Steel Group Co.傘下の投資会社が所有している。

テクノロジー ウィルソン・チェン、ティシュマン・スペイヤー中国CEO

ウィルソン・チェン、ティシュマン・スペイヤー中国CEO

購入物件には、20階建て延べ1万5,949平方メートルのホテルと、地下2階を占める1万8,329平方メートルの駐車場が含まれる。この物件は、楊浦地区の黄興路と国順路の交差点に位置する複合商業施設「イーフ・ビジネス・プラザ」の一部で、上海地下鉄10号線の国光路駅から約1キロの場所にある。

この対価は、不動産に関連する負債を公表していない資産に対する現金補償を反映したもので、2023年12月の鑑定によるホテルと駐車場の合計価格3億3700万人民元に対して6.8%のプレミアムを示している。ホテル部分の対価3億6,040万人民元に基づき、同資産は1平方メートル当たり1万9,208人民元、鍵1本当たり103万4,966人民元で取引された。

エバーチャイナは売却益810万香港ドルを計上する見込みだが、資産の評価額は、2014年11月に5億7300万香港ドルを支払って不動産を取得した同社にとって、2億900万香港ドル(2680万ドル)の投資損失となる。

本土の大富豪である江沢民氏が支配し、主にボリビアで大豆農業と牧畜業を営むEverChinaは、負債負担を軽減するためにこの不動産の過半数の株式を売却した。江氏はまた、不動産開発、インフラ建設、農業、鉱業に携わるコングロマリット、上海鵬信集団(Shanghai Pengxin Group)も支配している。

このプロジェクトはまた、ティシュマンが開発した、オフィス、住宅、ホテル、小売店、娯楽施設、公共公園やその他のオープンスペースを含む90万230平方メートルのキャンパス、ザ・スプリングスから4キロ弱の場所に位置している。

3月、Tishman Speyerは、Diaoyutai MGM Hospitalityとの合意を発表した。Diaoyutai Hospitalityは、中国本土のホスピタリティ・プロバイダーであるDiaoyutai State Guesthouseと、米国のゲーミング・ホスピタリティ大手MGM Resorts Internationalの合弁会社で、TishmanとShanghai Chengtou Holdingが複合施設内で開発している56階建てのタワー内に、205室のMirage by MGMを建設・運営する。

アップグレードが進行中

フレイザーズは、16ヶ月の改装工事を経て、モデナ・バイ・フレイザーのブランドでこの物件を運営する予定である。完成後は、2階から20階にスタジオ、1ベッドルーム、2ベッドルームのユニットを配置し、2025年4月に試験オープンする予定だ。

同プロジェクトの1億4600万人民元の改修工事を管理するティシュマンは、建物のファサードの改修に加え、低層階のエントランス、専用ロビーを再設計し、フィットネスセンター、オールデイダイニングレストラン、多機能ルームなど、居住者向けのさまざまなアメニティも設置する。

SGX上場のフレイザーズ・プロパティの子会社として運営されるフレイザーズ・ホスピタリティは、10年間このアパートを単独で管理する。

流行の上海賃貸住宅

ティシュマンの買収は、世界的な投資家が上海の賃貸住宅プロジェクトにより多くの資金を投じている中で行われた。若いプロフェッショナルの旺盛な需要、持ち家コストが高い中での賃貸志向の高まり、政策的支援などを背景としている。

「中国/上海の賃貸住宅市場は、引き続き投資家の大きな関心を集めている。「この市場には、政府の強力な支援や構造的な推進力など、他のニッチ分野にはない深みがあると考えられている。

4月、シカゴを拠点とするラサール・インベストメント・マネジメントは上海で2件目の賃貸住宅プロジェクトを立ち上げた。 新たに設立したCOZIブランドで 今後3年以内に中国の賃貸住宅部門に100億人民元(14億ドル)を投資する戦略の一環として。

昨年9月、米ファンドマネジャーのPGIMリアルエステートは、中国本土の大手ホスピタリティ企業であるHワールド・グループのアパートメント管理部門とのジョイントベンチャーを主導し、上海の宝山区にあるアパートをデベロッパーの香港上場企業であるパワーロングから買収した。 500戸の住宅プロジェクト.

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article