32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

日本のNTTがフィリピンのPLDTデータセンター株を7億5,000万ドルで買収交渉中と発表

Must read

テクノロジー

PLDT社、Vitro Santa Rosa施設を国内最大のデータセンターとアピール。(出典:PLDT)

フィリピンの大手通信会社PLDTは、デジタル・インフラ部門の価値を7億5,000万ドルに引き上げる可能性のある取引で、データセンター事業のほぼ半分の株式を日本の通信グループNTTに売却する交渉を進めているという。 ロイター.

フィリピンの通信会社のデジタル・インフラは、7月に稼動予定の50メガワットの施設を含め、合計99.5メガワットの容量を持つ。

PLDTは現在、容量でフィリピン最大のデータセンター事業者であり、NTTが買収に踏み切れば、タイ、インド、マレーシアのプロジェクトに続く、日本の大手企業によるアジアでの事業展開となる。NTTはすでに、データセンター事業を統括する通信事業者のePLDTデジタル部門の20%を所有している。

フィリピンの若い人口とデジタルサービスに対する旺盛な需要は、世界の投資家から長らく見過ごされてきたが、今年初めに発表されたクッシュマン&ウェイクフィールドの調査では、フィリピンはアジア太平洋地域のデータセンター市場の第9位にランクされており、同国の情報通信技術省(DICT)は2023年半ばに、島国フィリピンのデータセンター容量は2025年までに5倍に成長すると予測していた。

リーダーシップの確立

PLDTの100メガワット近い容量は、ePLDTが所有する11のデータセンターに分散されている。ラグナ州のVitro Santa Rosa施設が7月に稼動すると、その半分が稼働する予定である。

テクノロジー NTTの島田明社長兼CEO

NTTの島田明社長兼CEO、データセンターへの入札は高値にとどまる可能性

PLDTは、マニラの南東にある4,500ラック規模のセンターをフィリピン初の真のハイパースケールセンターとしている。PLDTは3月の年次報告書で、フィリピン最大規模のこのプロジェクトは、同社の「地域データセンター市場におけるリーダーシップと、フィリピンの地域競争力」を確固たるものにするだろうと述べている。

NTTとの契約は、PLDTがデータセンター事業をePLDT傘下のVitroという別事業として設立すると発表してからわずか1ヶ月後に報道された。この事業は3月の時点でフィリピンのデータセンター市場で65%のシェアを占めている。

昨年6月、PLDTは次のように発表した。 12番目のデータセンターを建設する計画を発表した。 この100メガワットのプロジェクトにより、既存のポートフォリオが2倍以上になる。

「私たちは、フィリピンがアジアの次のハイパースケーラ・ハブとなるよう支援するとともに、現地のさまざまなセクターのデジタルトランスフォーメーションの旅をサポートし続けたいと考えています。そのため、私たちはエコシステムに多額の投資を行ってきました」と、ePLDTの社長兼最高経営責任者(CEO)のビクター・ジェヌイノ氏は当時述べている。

ラグナ州の施設の他に、ビトロ社はマニラのマカティ市とパラナケ市、パンパンガ州のクラーク市、そして首都の南に位置する大都市セブ市に事業施設を有している。

既存の施設は、主に銀行・金融、不動産、エレクトロニクス、製造部門の企業を対象としており、会社記録によれば、国家政府会計を扱っている。

NTTの投資の可能性の報道は、フィリピンの大物、マニー・V・パンギリナン氏のファースト・パシフィックが支配するPLDTが交渉中と言われてから2年以上が経過している。 データセンター事業を5億ドルで売却するため.

PLDTは今回の報道についてコメントを控えたが、昨年、同社は以下のことに合意した。 同社は昨年、1,012基のセルタワーをKKRの支援を受けた通信インフラ会社フロンティア・タワー・アソシエイツに売却し、リースバックすることで合意した。 に2億2000万ドルで売却する。

東南アジア進出

NTTは本記事掲載時点ではミンティアンディの問い合わせに回答していないが、フィリピンのデータセンター事業の株式を取得することは、同社の東南アジアにおける事業拡大と一致する。

昨年、NTTはバンコクに12メガワットのデータセンターを開設した。 タイで3番目の拠点 をオープンした。 マレーシアのサイバージャヤに6番目の施設を開設した。.

同グループは現在、30都市に100の施設を持つ世界第3位のデータセンター・プロバイダーである。現在 10月に発表されたレポートNTTデータのITサービス部門は、今年3月までの12ヶ月間にデータセンター・ポートフォリオを強化するため、少なくとも3500億円(現在22億5000万ドル)を投入することを目標としていると発表した。

「データセンター事業は長期的に成長し続ける見込みであり、健全な財務状態を維持しつつ、この事業への投資を積極的に行っていく」と同社は述べた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article