29.2 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

グーグル検索、AIオーバービューを全米に展開

Must read

テクノロジー

グーグルのサーチ・ジェネレーティブ・エクスペリエンス実験が、その機能のひとつを卒業し、すべての人に提供する準備が整った。AIオーバービューについて話しているのだが、これは以前から実験的に提供されていたもので、現在は米国のすべてのGoogle検索ユーザーに展開されている。将来的には、さらに多くの国で提供される予定だ。

グーグルは、この機能が年内に10億人に達すると見込んでいる。AIオーバービューは、その名の通り、トピックの概要と詳細を知るためのリンクが表示される。これはすでにGoogle検索でいくつかのトピックで利用可能だったが、今は「AI」が付いているので、より良いものに違いない。

グーグルによると、AI概要のリンクは、クエリに対する従来のウェブリストとしてページが表示された場合よりもクリックされたとのことである。

“間もなく “あなたは、言葉を簡略化したり、物事をより詳細に説明したりするオプションでAIオーバービューを調整することもできるようになる。これは、米国の英語のサーチラボでデビューする。

AIオーバービューはまた、一度に質問することができる複雑な質問のためにも機能する。そのため、「ボストンで最高のヨガやピラティススタジオを検索し、その紹介特典やビーコンヒルからの徒歩時間の詳細を表示する」と検索することができる。これも米国では英語でサーチラボに提供される予定だ。

その他の新しい検索機能には、プランニング機能が含まれる。Googleが例として挙げているのは、「簡単に準備できるグループ用の3日間の食事プランを作成する」というもので、その結果、「ウェブ全体から幅広いレシピを集めた出発点」が表示される。何かを変更したい場合は、調整を依頼するだけで、Searchが食事計画をカスタマイズし、DocsやGmailにエクスポートすることができる。

これは旅行にも使えます。この機能は現在、アメリカの英語版サーチ・ラボで利用可能で、今年後半には、パーティー、デート、ワークアウトなど、より多くのカテゴリーとともに、カスタマイズ機能が追加される予定だ。

次は、「新鮮なアイデアを探している」ときに、検索が生成的AIを使って一緒にブレーンストーミングを行い、通常の検索結果ページのように見えるが、AIという言葉が追加された、AIで整理された検索結果ページを作成する。では、これのどこがAIなのか?AIが生成した見出しは、「幅広い視点とコンテンツの種類を特徴としている」。

これは間もなく、ご想像の通り、アメリカでは英語で利用できるようになる。まずは食事とレシピに対応し、次に音楽、映画、書籍、ホテル、ショッピングに対応する予定だ。

最後に、米国ではサーチ・ラボを通じて英語でビデオ検索ができるようになる。つまり、ビデオをアップロードして、それについて質問することができるということだ。例えば、レコードプレーヤーの調子が悪くて、「針のついた金属片が不意に漂っている」というような場合だ。

このようなニッチな問題に遭遇した場合、トラブルシューティングの手順とリソースが記載されたAIの概要が表示されます。

ソース

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article