29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

今後のデータはパウエル議長の助けになるかもしれないが、FRBが利上げを検討するトレンドが優勢になるだろう

Must read

ビジネス情報

Investing.com — 今後の経済データはパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長にいくらかの安心感を与えるかもしれないが、粘り強いインフレとトレンドを上回る成長という基本的な兆候が優勢となり、FRB議長は最終的に屈服して緩和バイアスを捨てざるを得なくなるだろう。

MRBパートナーズのマネージング・パートナーでグローバル・ストラテジストのフィリップ・コルマー氏は、最近のインタビューでInvesting.comのヤシン・エブラヒム記者に、「パウエル議長に安心感を与えるために、いくつかのデータは逆に低下するだろうが、今後6ヶ月間の基本的なトレンドは堅調になると思う」と語った。

今年に入ってからの最近の経済データの数々は、金利が成長とインフレを抑制するのに十分制限的であるというFRB総裁の見方を助けていない。

トレンドを上回る経済成長と粘り強いインフレを背景に、FRB総裁は、現在の高水準の金利がやがて経済を動かし、インフレ率を目標の2%に戻すには時間が必要だという考えに大きく傾いている。

「それは [the recent higher inflation readings] パウエルは火曜日、アムステルダムで開催された外国銀行協会の年次総会でのスピーチで、「このことが我々に教えてくれたのは、我々は忍耐強く、制限的な政策がその役割を果たすのを待つ必要があるということだ」と述べた。

しかし、もし政策が制限的でなく緩和的であれば、時間はFRBの成長とインフレを抑制するという目標に有利に働くことはなく、むしろ不利に働くことになる。

「問題は、彼がおそらくバランスを間違えていることだ」とコルマー氏は付け加えた。「パウエルは政策が制限的だと考えているが、我々はまだ緩和的だ。

第三者広告。Investing.comによるオファーや推奨ではありません。情報開示を見る

こちら

または 広告を削除する.

コルマー氏は、「市場やデータのすべてが、金利が制限的であることは真実ではないことを物語っている」と付け加え、経済データとインフレがFRBの予想よりも堅調に推移すると予想される中、来年の利上げまで金利は据え置かれる可能性が高いと予想した。

「FRBは今年いっぱい、少なくとも選挙までは金利を据え置き、その後、私たちが予想するようにデータが堅調に推移すれば、来年の利上げに目を向ける可能性が高いと思います」とコルマー氏。

しかし、FRBが緩和ケーキを食べながら、あるいはデータが好調を維持しても緩和基調を維持する方法がある:インフレ目標を3%に引き上げるのだ。

しかしパウエル議長は、2%のインフレ目標を引き上げることには消極的なようだ。

「もしパウエル議長が3%を容認しないのであれば、今年後半から来年にかけて、利下げではなく、利上げの可能性について話すべきだ」とコルマー氏は付け加えた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article