28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

本日の株式市場:ナスダックが史上最高値を更新した後、世界株式はほぼ下落

Must read

香港 — 水曜日、アジア市場は慎重な取引でまちまちとなり、米国株が過去最高値を更新した後、ほとんどの地域のベンチマークが上昇した。

米国先物は上昇したが、原油価格は下落した。

東京の日経平均は、輸入コストの上昇が輸出の前年比8%増を上回り、先月の貿易赤字が増加したと発表した後、0.6%下落の38,719.35となった。このデータは、アナリストの予想を下回るものだった。

香港のハンセン指数は、0.4%高の19,288.93となった。

上海総合指数は0.1%未満の上昇で、3,158.64まで上昇した。

韓国では、コスピは0.1%高の2,726.35となった。 オーストラリアS&P/ASX200は0.1%未満の上昇で7,855.00となった。

台湾のTaiexは、市場の重鎮である台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング社の株が2.1%上昇し、1.2%上昇した。

タイの市場は祝日のため休場。

火曜日、S&P500種指数は0.3%上昇し5,321.41となり、先週記録した最高値を上回った。ナスダック総合株価指数は0.2%高の16,832.62となり、史上最高値を更新した翌日となった。ダウ工業株30種平均は0.2%上昇の39,872.99ドルで、先週の高値のすぐ下に位置している。

インフレが冷え込む中、米連邦準備制度理事会(FRB)が今年後半に利下げに踏み切るとの観測から、株価指数はこのところ過去最高値を更新している。また、米国の大企業が予想を上回る利益を上げているとの報道が増えたことも、市場を押し上げている。

メイシーズは、アナリストの予想を上回る利益を計上した企業の大合唱に加わり、株価は序盤の変動を受けて5.1%上昇した。

半導体業界のサプライヤーであるラム・リサーチも、100億ドルを上限に自社株を買い戻すプログラムを発表し、相場を下支えした。同社は、1株につき10株の株式分割を実施すると発表した。株価は2.3%上昇した。

これは、パロアルトネットワークスの3.7%の下落を相殺するのに役立った。このサイバーセキュリティ企業は、予想以上の利益報告を行ったが、今四半期の収益の予想レンジを示し、その中間値はアナリストの予想を少し下回った。

ドナルド・トランプのトゥルース・ソーシャル・ネットワークを運営するトランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループは、上場企業としての最初の四半期報告で3億2760万ドルの純損失を開示した後、8.7%下落した。

ロウズは、アナリストが懸念していたよりも良い最新四半期の業績を報告したにもかかわらず、1.9%下落した。同社は、高金利が顧客の活動を抑制しているため、重要な基礎的売上高が最大3%減少することを含め、今年の売上高予測を維持していると述べた。

連邦準備制度理事会(FRB)が主要金利を過去20年以上の最高水準に維持しているため、住宅ローンやクレジットカードなどの支払金利は割高になっている。連邦準備制度理事会(FRB)は、高インフレを食い止めるために高金利を維持しながらも、景気後退を引き起こすほどには高金利を維持しないという、綱渡りのような政策を行っている。

今週は、トップクラスの経済報道はあまりなく、市場が大きく動く可能性があるのは、今後の利益報告からだろう。

今週のヘッドライナーはエヌビディアで、人工知能技術をめぐる熱狂の中で株価は急上昇している。水曜日に最新の四半期決算を発表する予定で、期待は大きい。

ターゲットも後日、木曜日にはロス・ストアーズも発表する。米国の家計の支出がどの程度持ちこたえているのか、詳細が明らかになるかもしれない。高インフレが続く中、家計へのプレッシャーは高まっており、低所得者層へのプレッシャーは最も高いようだ。

その他の取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油は61セント安の1バレル78.05ドル。国際標準のブレント原油は64セント安の1バレル82.24ドル。

米ドルは、156.16円から156.30円まで上昇した。ユーロはほぼ横ばいの1.0856ドル。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article