32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

今週はPCE統計を控え、ECBの金利動向が注目される – 市場の動向は?

Must read

ビジネス情報

Investing.com — ウォール街の株式市場がメモリアル・デーのため休場となる月曜日、投資家は連休明けに発表される米国のインフレ率に注目している。欧州中央銀行(ECB)のチーフ・エコノミストは、フィナンシャル・タイムズ紙のインタビューで、他の主要国に先駆けて金利を引き下げる構えであることを示唆した。その他では、委任状作成アドバイザーのグラス・ルイスが、テスラ(NASDAQ: )の株主に対し、イーロン・マスク最高経営責任者の巨額報酬を拒否するよう求めたと報じられている。

1.今週のPCEデータ

個人消費支出(PCE)価格指数は金曜日に発表されるが、FRBが好んで使用するインフレ指標であるため、年内の金利の方向性を見極める手がかりとして注目される。

先週のFRB議事録では、インフレ率が目標水準である2%まで持続可能な下降軌道にあるのか疑問視する政策担当者の慎重な発言があった。

投資家は今週、ミシェル・ボウマン総裁、ロレッタ・メスター・クリーブランド連銀総裁、リサ・クック総裁、ジョン・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁、ラファエル・ボスティック・アトランタ連銀総裁など、複数のFRB発言者からさらに話を聞く機会がある。

また、木曜日には第1四半期の経済成長率の改定値が発表され、水曜日には米国の経済状況をまとめたFRBのベージュブックが発表される。

2.欧州中央銀行(ECB)のレーン総裁、金利引き下げを開始する用意があると発言 – FT

欧州中央銀行(ECB)のチーフ・エコノミスト、フィリップ・レーン氏がフィナンシャル・タイムズ紙に語ったところによると、ECBは来週開かれる政策決定会合で、過去最高となる4%の金利引き下げを開始する準備が整ったという。

FT紙のインタビューに応じたレーン氏は、「大きなサプライズがない限り、現時点では最高水準の規制を撤廃するのに十分な材料がある」と述べた。

ユーロ圏のインフレ率がECBの目標値である2%に近づいていることを示すデータに刺激され、市場ではECBが6月6日の会合で預金金利を25ベーシスポイント引き下げるとの見方が広がっている。

このような動きは、スイスやスウェーデンのような国の中央銀行による同様の引き下げと呼応するだろうが、他の主要経済国よりも先に実施されるだろう。FRBとイングランド銀行は今年後半まで金利を引き下げるとは見られておらず、投資家は日本銀行が金利を引き上げ続ける可能性に賭けている。

レーン氏は、ウクライナ戦争勃発後の短期的なエネルギーコスト高騰の影響を大きく受けたため、欧州圏の物価は他の経済圏よりも早く冷え込んだ可能性を示唆した。

エコノミストは、金曜日に発表されるユーロ圏の5月のインフレ・データでは、物価が前月よりも年率で上昇する一方、基調的な数値は前年同月比のペースにとどまると予想している。投資家は、この数字がECBによる追加利下げにどう影響するか注目するだろう。

3.アジア株は高値圏で推移、さらなる利上げの手がかりが待たれる

月曜のアジア株の大半は上昇し、先週の損失からやや回復した。

地域市場は、金曜日にウォール街がテクノロジー株の上昇によって史上最高値で引けたことを好感した。

中国株と株価指数は共に上昇した。

月曜日に発表されたデータによると、4月の中国経済は前月から安定したペースで成長し、中国最大の産業のひとつが着実に改善していることを示した。しかし、北京の最近の景気刺激策に対する楽観的な見方が和らぎ、中国市場の上昇は限定的なものにとどまった。

4.グラスルイス、テスラ株主にマスク氏の給与パッケージに反対票を投じるよう勧告-報道

委任状アドバイザリー・グループのグラス・ルイスは、来月開催予定の電気自動車メーカー、テスラの株主総会で、イーロン・マスク最高経営責任者に対する数十億ドル規模の報酬パッケージ案を否決するよう推奨した、とメディアが報じている。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、グラスルイスは、最近460億ドルと評価されたこの報酬契約を、「純粋な金額ベースと、行使時の希薄化効果」の両方において「過大」であるとした。週末に発行された71ページの報告書の中で、同アドバイザーはテスラの「提供された根拠はこれらの懸念にほとんど対抗するものではない」と付け加えた。

テスラの取締役会は当初、2018年に約558億ドル相当の給与パッケージを承認していたが、1月に米デラウェア州の裁判官によって無効とされた。先月、同社は10年間のストックオプション付与を含む契約を再提案した。

テスラの取締役会議長であるロビン・デンホルム氏は今月初め、ロイターに対し、マスク氏の潜在的な報酬額が大きいのは、テスラが在任中に野心的な収益と株価の目標を達成することで正当化されると語った。

5.原油価格上昇

月曜の欧州市場では、トレーダーが米国のインフレ率や今週の石油輸出国機構(OEC)会合に関するさらなる手掛かりを待ち、原油価格が上昇した。

原油先物相場は、米国東部時間03時27分(日本時間07時27分)までに0.2%上昇し77.39ドルとなった。

米国と英国の市場が休日であるため、取引量は限られる見通し。

先週は、米国の長期金利が上昇し、世界最大の原油消費国である米国の需要が落ち込むとの懸念もあり、両限月ともそれぞれ2%超の下落となった。また、米国の在庫が予想外に増加したとのデータも原油の重荷となった。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article