29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

今日の株式市場ウォール街が連勝で幕を閉じた後、世界の株価は上昇

Must read

東京–。 火曜日、ほとんどの米国株価指数が上昇し、特にエヌビディアのようなテクノロジー銘柄が上昇した。

日本のベンチマークである日経平均は0.2%上昇し、39,141.08となった。オーストラリアのS&P/ASX200は0.2%安の7,851.90。韓国のコスピは0.4%減の2,732.26。香港のハンセンは2.1%安の19,233.09、上海総合は0.4%安の3,159.90。

アジアでは、投資家は中国経済の健全性に関する兆候に注目している。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスは、今年の成長率見通しを4月の4.7%から4.8%に引き上げたが、過度に楽観的ではないと強調した。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスはリポートの中で、「緩やかな景気回復という全体的な見通しに変更はなく、景気拡大は強化された政策刺激策、強化された外需、徐々に改善する民間の信頼感によって支えられている」と述べた。

月曜のウォール・ストリートでは、S&P500種指数は0.1%上昇の5,308.13となり、先週記録した過去最高値まであと0.02に迫った。ナスダック総合株価指数は0.7%高の16,794.87となり、史上最高値を更新した。

ダウ工業株30種平均は0.5%安の39,806.77ドルで、金曜日に初めて40,000ドルの大台を超えた後、最初の取引で下落した。

ノルウェージャン・クルーズ・ラインは、アナリストの予想を上回る今年の業績見通しを発表した後、市場をリードし、7.6%上昇した。ノルウェージャン・クルーズ・ラインは、クルーズ需要が伸びていると発表し、競合他社もこれに追随して上昇した。カーニバルは7.3%上昇、ロイヤル・カリビアン・グループは4.1%上昇した。

インフレが冷え込めば、連邦準備制度理事会(FRB)は今年利下げに踏み切ることができるだろう、という期待が復活したこともあり、米国の3大株価指数はいずれも先週、過去最高を記録した。また、米国の大企業が予想を上回る利益を上げているとの報道が、株価を押し上げた。

先週のヘッドライナーでは、インフレ率が年明けの落胆からようやく正しい方向に戻る可能性が示された。しかし、企業収益に関する市場を動かす可能性のあるレポートがいくつか予定されている。

その筆頭がエヌビディアだ。人工知能技術をめぐる熱狂の中でロケットスタートを切ったエヌビディアは、S&P500種株価指数の昨年来の上昇の主因となっている。水曜日に最新の四半期決算を発表するが、その期待は大きい。アナリストらは、売上高が前年比3倍以上の245億9000万ドルになると予想している。

同社の株価は2.5%上昇し、年初来の上昇率は91.4%に達した。

火曜日のロウズ、水曜日のターゲット、木曜日のロス・ストアーズなど、いくつかの小売企業も予定されている。米国の家計の支出がどの程度持ちこたえているのか、詳細が明らかになるかもしれない。以前ほどひどくはないにせよ、依然として高いインフレの中で、小売業者への圧力は高まっている。

債券市場では、利回りが少し上昇した。10年債利回りは4.42%から4.44%に上昇した。年債利回りは4.83%から4.84%に上昇した。

連邦準備制度理事会(FRB)は水曜日、主要金利を過去20年以上の最高水準に再び据え置いた最新の会合の議事録を公表する。FRBは、高金利によってインフレを抑制しつつも、痛みを伴う景気後退を引き起こさない程度に景気を悪化させるという、微妙なバランス感覚を管理できることを期待している。

CMEグループのデータによると、トレーダーはFRBが今年少なくとも1回は主要金利を引き下げる確率を88%としている。

その他の取引では、ベンチマークとなる米国産原油は40セント安の1バレル79.40ドル。国際標準のブレント原油は36セント安の1バレル83.35ドル。イラン大統領がヘリコプター墜落事故で死亡したことを受け、序盤は上昇する場面もあった。

米ドルは156.27円から156.47円まで上昇した。ユーロは1.859ドルから1.0855ドル。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article