32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

エネルギー市場の動揺で原油が急落、WTIは2ヵ月連続のマイナスに

Must read

アメリカ

  • WTIは今週赤字に転落し、2ヶ月目の下落を記録した。
  • 米国産原油、供給減少にもかかわらず生産量に懸念残る
  • OPEC+は自主減産を維持する見通し

ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)米国産原油は、週明けの安値を更新し、月曜日からマイナスに転じ、1バレルあたり77.00ドルを割り込んだ。エネルギー・トレーダーは、世界的な需要が米国の原油生産に押し流されることを避けられないと懸念している。

米国石油協会(API)およびエネルギー情報局(EIA)によると、米国産原油の供給量は前週比で大幅に減少したが、製油所在庫の増加により、今週はバレル買いが減少した。メモリアルデーのドライブシーズンを前に、石油精製製品メーカーが意図した以上の供給量を抱えていたことに加え、予想以上に暖冬で暖房用オイルの需要が減少したことが響いた。

アメリカ OPEC+は現在の生産量上限を延長する計画だが、新たな制限は見送り

石油輸出国機構(OPEC)とその非加盟同盟国の拡大ネットワークであるOPEC+は日曜日に会合を開き、石油カルテルが世界の原油を支えるために2023年に実施している自主的な生産制限について協議する予定。 原油価格.OPEC+は現行の生産枠を維持する見通しで、無名の情報筋によると、OPEC+は生産枠を2025年まで延長する可能性が高いという。しかし、エネルギー・トレーダーは、米国の原油生産量が増加の一途をたどっていることから、現在の生産量制限で十分なのか懐疑的な見方を強めている。

ジョー米大統領 バイデン イスラエルとパレスチナのハマスが数カ月間の停戦に合意する可能性が出てきた。原油市場は、イスラエルとハマスの紛争が世界の原油生産にとって重要な近隣諸国に波及する可能性を懸念し、数カ月にわたって原油の入札価格を引き上げてきた。

米個人消費支出(PCE) 物価指数 4月のインフレ率は前月比予想外に低下し、予想の0.3%に対し0.2%に低下した。米連邦準備制度理事会(FRB)が9月に利下げを実施するとの観測が市場で高まったが、米国個人消費の伸びが急低下したことがWTI需要に悪影響を及ぼし、原油相場の急騰を促すことはできなかった。4月の個人消費は0.2%増と、予想の0.3%増を下回り、前回の0.7%増をさらに下回った。

アメリカ WTIテクニカル見通し

WTIは、金曜日に76.50ドルと週間最安値を更新し、週間では赤字となり、米国産原油の2カ月目の下落が確定した。WTIは、金曜日に78.40ドル近辺の日中高値まで上昇したが、78.30ドルに下降している200時間指数移動平均線(EMA)を上回った後、急落した。

WTIは、米国産原油が79.00ドルの200日EMAを決定的に突破できないまま、慣れ親しんだテクニカルレベル付近での値固めを続けている。 WTI は2024年も8%近く上昇を続けるが、それでも4月に87.00ドルをわずかに上回った今年のピークからは12%近く下落している。

アメリカ WTI時間足チャート

アメリカ WTI日足チャート

本ページに掲載されている情報には、リスクや不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。本ページに掲載されている市場や商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article