32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

イングランド銀行、公正な金融キャンペーンのリーダーから非難を浴びる

Must read

イギリス

7月に予定されている総選挙を前に、国民は保守党と労働党の経済戦略を注視している。現在のところ、経済の見通しは改善している。 12ヵ月CPIインフレ率 3月は3.2%、4月は2.3%に低下した。

保守党に対する世論調査の評価が暗澹たるものであることを考えると、政府はインフレ率の低下を自分たちの効果的な経済政策の結果であると強調したいのだろう。首相 は次のように述べている。 最新のインフレ率は「計画がうまくいっている証拠であり、私たちが下した困難な決断が実を結んでいる証拠だ」と述べた。さらに、英国は将来「明るい日々」を期待できるが、それは「すべての人の経済的安定と機会を向上させるという計画を堅持した場合に限られる」とスナック氏は主張した。

しかし、インフレについての議論は、政府や財務省だけに焦点を当てるのではなく、金融政策決定におけるイングランド銀行(BOE)の役割も考慮しなければならない。

ロンドン・シティの中心、スレッドニードル・ストリートに位置するイングランド銀行は、英国で最も重要な政策決定機関のひとつである。財務省の経済政策とは異なり、BOEの決定は時の政府によって左右されることはない。これは1997年、新労働党のゴードン・ブラウン首相が英国の金融政策に長期的な信頼性を持たせるため、中央銀行を政府から独立させて以来のことである。

日銀の独立性は、金融政策を非政治的にし、英国の長期的な経済見通しに利益をもたらすことを意図しているが、日銀の金融政策委員会(MPC)による決定は依然として批判や論争の対象となっている。日銀に対する懐疑的で批判的な人物の一人に、公正金融キャンペーン(Campaign for Fair Finance)の創設者でFairMoney.comの共同創設者であるロジャー・ゲオルブ博士がいる。ゲウォルブ博士は、負債に苦しむ英国の消費者を助けたいという意欲を持つ金融評論家である。

ゲオルブ博士は、銀行金利を現在の5.25%に引き上げ、維持するというBOE MPCの決定に異議を唱えている。今年初めのインタビューで、ゲウォルブ博士は、英国経済は金利の引き下げを切実に必要としており、MPCが実施した利上げはインフレを悪化させ、経済を制約していると主張した。ゲウォルブ博士によれば、金利が4分の1ポイント下がるだけでも英国経済にはプラスになるという。しかし、その恩恵を十分に受けるためには、金利の引き下げを段階的に持続させる必要がある。

前回の会合後、BOEのMPCで5%への利下げに賛成したのは2人だけだった。残りの7人は5.25%の据え置きに賛成した。2023年8月にMPCが5%から5.25%への利上げを決定して以来、銀行金利は5.25%に据え置かれている。この決定は過去13回の利上げに続くもので、14回連続の利上げとなった。BOEは、物価上昇を鈍化させ、インフレ率を目標金利の2%に戻すために利上げを行ったと主張している。

イギリス コスト・プッシュ型インフレと需要プル型インフレ

ゲウォルブ博士の説明は、さまざまなタイプのインフレの分析に基づいている。同氏によれば、英国は現在コストプッシュ型インフレに直面している。コストプッシュ型インフレは、供給者が生産コストの上昇を経験し、それを価格上昇を通じて消費者に転嫁する場合に起こる。例えば、供給ショックによってエネルギーコストが上昇した場合、企業は生産コストの上昇をカバーするために消費者向けの価格を引き上げる。さらに、エネルギーが消費者によって直接消費される場合、その価格は高くなる。

対照的に、需要主導型インフレは、需要が供給に対して相対的に増加し、価格を押し上げる場合に起こる。例えば、マネーサプライが増加し、それが消費者の支出につながると、財やサービスに対する総需要が総供給に対して相対的に増加し、物価上昇圧力が生じる。言い換えれば、財やサービスの供給が需要の増加に追いつかなくなれば、価格は当然上昇する。

BOEは、ロシアのウクライナ侵攻の決定とガス価格への影響、パンデミック後の雇用可能人数の減少などを挙げ、英国におけるコストプッシュ型インフレの現実を認めている。労働供給が減少すれば、雇用コストは増加し、企業はそのコストをカバーするために価格を引き上げることになる。

しかし、ゲウォルブ博士は、コストプッシュ型インフレは、エネルギーと食料市場が適応し、時間とともに変動するため、常に自ら下落すると主張している。「食品サイクルが動いて価格が下がり、エネルギーサイクルが動いて価格が下がる。したがって、この種のインフレに対処するために利上げは必要ない。時間の経過とともに生産コストの変動は解消され、インフレは緩和される。「2009年にも同じようなコストプッシュ型インフレがありました」とゲウォルブ氏は指摘する。その時、BOEはコスト・プッシュが一巡するまで3年間金利を0.5%に据え置いた。

さらにゲウォルブ氏は、利上げがコストプッシュ・インフレに対処するという考え方に不満を表明した。「彼ら(BOE)は利上げがインフレ対策であるかのように言い続けている。というのも、英国のコストプッシュ型インフレは、需要を増加させディマンドプル型インフレを生み出す個人消費によってもたらされていないからだ。

さらにゲウォルブ博士によれば、金利はコストプッシュ・インフレに対処しないばかりか、インフレを悪化させる。日銀の14回にわたる連続利上げは、インフレを「長期化、拡大、煽動」してきた。同氏は、コストプッシュ型インフレに対応して金利を引き上げると、お金を借りるコストが上昇するため、企業はさらに価格を上げざるを得なくなると詳しく説明した。従って、基準金利の引き上げは、「燃え盛る山火事に油を注ぐ」ような、さらなるインフレを引き起こすだけなのだ。さらに、金利上昇は消費者を息苦しくさせ、住宅ローン、賃貸、不動産市場に悪影響を及ぼし、若者の不動産取得を阻んでいる。

イギリス 日銀の能力

ゲオルブ博士の日銀批判は、MPCが決定した利上げに反対することにとどまらない。アンドリュー・ベイリーに対しては、彼の能力とMPCの同僚の能力の両面から強い批判を表明した。さらに彼は、BOEは “集団思考 “に陥っていると主張した。ゲウォルブ博士によれば、「ベイリーとその厚顔無恥な同僚たちは、誰の言うことも聞こうとしない」のだという。

アンドリュー・ベイリー氏はケンブリッジのクイーンズ・カレッジで歴史を学んだ。後にケンブリッジ大学で経済史の博士号を取得したが、ベイリー氏は日銀を率いる知的能力について批判されてきた。ゲウォルブ博士は、デイリー・メール紙のシティ・エディターで、ガーディアン紙の元アシスタント・エディターであるアレックス・ブルマー氏との会話に言及した。ブラマー氏は、ベイリー氏は「経済学者ではない」とし、金融行動監視機構(FCA)での前歴を考慮すると、「この特別なテーマで指揮を執るだけの知的能力はない」と述べた。さらに、ブラマーによれば、ベイリー氏はFCAで、特に “ウッドフォード投資帝国の問題 “に対して “行動が遅かった “という。

ゲウォルブ博士はバーナンキ氏も批判した。昨年7月、日銀はバーナンキ氏が日銀の予測能力に関する見直しの責任者を務めると発表した。2006年から2014年まで米連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めたバーナンキ氏は、2008年の金融危機を見抜けなかったとしてゲウォルブ博士に批判された。ゲウォルブ博士によれば、バーナンキ氏を招聘したのは間違いであった。ゲウォルブ博士は、30年間BOEのチーフ・エコノミストを務めたアンディ・ハルデイン氏の方が良い選択だったと示唆した。

今年4月12日に発表されたバーナンキ・レビューでは、BOEに対するいくつかの批判が明確に述べられている。報告書によると、「最も深刻な問題」は「日本銀行の予測インフラ」に関連している。報告書は、「重大な欠点」を持つ日銀の「基本経済モデル」であるCOMPASSの交換または刷新を提言した。さらに報告書は、日銀のソフトウェアの更新と近代化、「モデルの保守と開発」を継続的な優先事項とすること、生産性、労働供給、雇用と労働者のマッチング効率、サプライチェーンの混乱、貿易政策などの供給側要因にもっと注意を払うよう予測の枠組みを見直すことを提案した。

イギリス 日銀の政治

金融政策がこれほどまでに誤って管理されているのであれば、なぜ日銀はその決定とその背後にある制度的な仕組みについて、もっと世論の監視の目にさらされないのだろうか?

ゲオルブ博士によれば、「ゴードン・ブラウンは1997年に日銀に自由な独立権限を与えた。その結果、”誰も手を出せない”。ゲウォルブ博士はまた、政府が行動を起こしていないことを批判し、現首相と首相は “何もできないほど弱い “と述べた。

例えば、昨年11月に発表された貴族院経済問題委員会の報告書では、金融政策に関して日銀に対する重要な批判が表明されている。ゲウォルブ博士は、1997年以来BOEを定義してきた「業務上の独立性」の枠組みを見直すことを目的とした貴族院の報告書の「すべての言葉に」同意した。同報告書では、英国経済が近年2%のインフレ目標を達成できなかったのは、「金融政策運営の誤りを反映している」と主張している。ゲウォルブ博士は、「財務大臣がこのような報告書を手に取り、何か行動を起こすと思うだろう」と指摘した。

より具体的には、貴族院の報告書は日銀の主な限界を強調した。第一に、量的緩和(QE)の「繰り返し使用」によるBOEのバランスシートへの影響と、BOEの運営上の独立性への懸念である。報告書は、QEの利用は政府の政治から必ずしも独立していない可能性があり、BOEが真の意味で独立していないことを意味すると説明した。

第二に、気候変動などの問題に対処するためにBOEの権限が拡大したことで、BOEの主要目標を優先する能力が「危うくなる」懸念がある。

第3に、報告書は、バーナンキのレビューを反映し、日銀のモデリングと予測システムが十分に強固でないとの懸念を表明した。報告書は、「多様な意見を育み、挑戦を奨励する文化を強化する」ために「協調的な努力」が必要であることを示唆した。MPCの雇用・任命慣行にも注意を払わなければならない。

第四に、報告書は、日本銀行の権限が拡大するにつれて、日銀職員が十分に説明責任を果たしていないことを意味する、民主主義の欠陥が生じているとの懸念を表明した。

結論として、私はゲウォルブ博士に、野党第一党としての労働党の役割について質問した。ゲウォルブ博士は、現保守党政権や日銀に劣らず労働党にも批判的だった。もし労働党が当選しても、金利とインフレに関するシナリオは変わらないとの見解を示した。

労働党のシャドウ・チャンセラーであるレイチェル・リーブス氏は、メイズ講演の中で、「日本銀行の金融政策委員会は、物価の安定という第一の目的を追求する上で、完全な独立性を持ち続けなければならない」と述べた。彼女はまた、労働党が日銀のインフレ目標2%を支持することも表明した。さらに、労働党のアジェンダには、ゲウォルブ博士のような人たちによる日銀批判に取り組む意志を示すものは何もないようだ。

結論として、英国が投票に向かう中、経済政策形成における日銀の役割は依然として重要な問題である。現政権はインフレ率の低下を政策の成功として称賛しているが、ゲウォルブ博士のような批評家は、金利に対するBOEのアプローチは見当違いであり、有害であると主張している。今度の選挙で、経済のシナリオが大きく変わるのか、それとも現状維持が続くのかが決まるだろう。BOEの決定とその独立性の精査は、間違いなく英国の経済状況における議論の焦点であり続けるだろう。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article