29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

ロシア中央銀行、制裁にもかかわらず世界的統合を促す

Must read

ビジネス情報

サンクトペテルブルク(ロイター) – ロシア中央銀行のエルビラ・ナビウリナ総裁は24日、サンクトペテルブルクで開催されたロシアの主要な年次経済フォーラムで、欧米の制裁にもかかわらず、ロシアは協力する用意のある国々と世界経済に統合されなければならないと述べた。

かつては欧米の一流銀行家や企業幹部が参加したこのイベントだが、現在の主な外国人参加者は、ロシアにまだ友好的な国々からである。ボリビアとジンバブエの大統領は、金曜日の本会議でロシアのプーチン大統領と共に登場する予定である。

モスクワが2022年2月にウクライナに軍隊を派遣して以来、西側諸国の制裁により、ロシアは世界の金融システムへのアクセスを奪われている。モスクワは新しい貿易ルートを開拓しようとしているため、国際決済の面で特にその影響を感じている。

「制裁にもかかわらず、私たちはグローバル経済に統合されなければならない。

「これは何を意味するのか?決済と支払いの独立したシステムが機能することです。預金システムの相互接続、格付けの相互承認、監査報告書、保険契約を意味する」。

ナビウリナは、ロシアは金融分野の技術開発をリードする必要があるが、ロシアが他国のソリューションに頼ることができない場合、それは難しいだろうと述べた。

アントン・シルアノフ財務相は、ロシアの金融主権の確保について語った。マキシム・レシェトニコフ経済相は、投資支援、主権技術の開発、ロシアの労働市場の苦境を解決することを3つの主要課題として挙げた。

中央銀行のデータによると、ロシアへの外国投資は約40%減少し、6960億ドルになった。その大部分は、キプロスやオランダで法人化されたロシア企業からのものである。

ビジネス情報 © Reuters.ファイル・フォト:2024年4月11日、ロシア・モスクワで開催されたロシア銀行協会の大会に出席したロシア中央銀行のエルビラ・ナビウリナ総裁。  REUTERS/Evgenia Novozhenina/File Photo

大統領府のマキシム・オレシキン副長官は、軍隊の重要性を強調した。

「今後6年間の重要な課題は軍隊の近代化です。「軍隊の成功なくして経済の成功はない。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article