22.5 C
Tokyo
2024年 6月 13日 木曜日

辞めるか、最低賃金を受け入れるか」:EV販売台数が減少する中、中国企業が1000人の自動車労働者に通告

Must read

イギリス

中国が様々な製品の過剰生産に苦しむ中、国内の自動車工場で働く労働者たちは、雇用に関する厳しい決断を迫られる。

火曜日のインタビューによると 日本経済新聞李自動車工場の従業員で新婚の新婦であるリサさんは、自分を含めて1000人以上の従業員に、辞職するか、経営状況が好転するまで最低賃金を受け入れるかの選択肢が提示されたと述べた。

27歳の労働者はさらにこう述べた:「この悪条件のせいで、純粋な電気自動車の売れ行きが芳しくないので、会社は減産せざるを得ないと言われました」。匿名を条件に、リサは次の仕事が見つからなければ、”飢え死に “すると語った。

先月の報道で、地元メディアは李自動車が18%の人員削減を計画していることを示した。中国の電気自動車(EV)メーカーである李汽車の決算は、第1四半期に80,400台の自動車を納入したことを明らかにした-前年同期比で53%増加したが、2023年の前四半期と比較すると39%減少した。

これに対し、テスラの第1四半期の納車台数は38万6810台に達し、前年同期比で8.5%減、前四半期比で20%減となった。4月、テスラの株価は次のように急上昇した。 ニュース 四半期利益が大幅に減少したにもかかわらず、同社は予想よりも早く、より手頃な価格のEVを発売するというニュース。

李汽車の財務実績は、中国の電気自動車産業の軌跡を反映している。自動車メーカーは急速に生産を拡大したが、消費者の需要は遅れている。その上、国内の消費者は不動産危機と不安定な株式市場に苦しんでいる。

イギリス 欧米の懸念と中国のバランス感覚

中国の一部の自動車メーカーは、より大きな市場を求めて海外に照準を合わせている。しかし、こうした努力は、自国の自動車メーカーを保護しようとする政府の抵抗に遭っている。

1月、テスラのCEOは は懸念を表明した。 ホワイトハウスは先月、中国から輸入される電気自動車に100%の関税をかけると発表した。これに続き、ホワイトハウスは先月、中国から輸入される電気自動車に100%の関税をかけると発表した。