22.5 C
Tokyo
2024年 6月 13日 木曜日

スワイヤーとチャイナ・ライフ・ファンド、北京商業プロジェクトの中海洋株を5億5200万ドルで購入

Must read

テクノロジー

テクノロジー インディゴ第2期開発の完成予想図

インディゴII期開発完成予想図

資金難に陥っている中国本土のデベロッパーSino-Oceanは、現在進行中の債務再編の中で流動性を確保するため、北京の朝陽地区にある商業プロジェクトの全株式64.79%をジョイント・ベンチャー・パートナーのSwire PropertiesとChina Life Insuranceの車両に40億人民元(5億5200万ドル)で売却することで合意した。

合意された取引条件では、チャイナ・ライフが管理・投資するファンドが、インディゴ第2期プロジェクトの49.895%の株式を29.8億人民元(4.12億ドル)で取得する一方、香港証券取引所上場のスワイヤーは、同開発の既存の35%の株式を保有しているが、8.909億人民元(1.23億ドル)で14.895%の株式を追加購入することで、持分の合計が49.895%となる。

スワイヤーとチャイナ・ライフ・ファンドは、シノオーシャンが保有するオフィス、リテール、ホスピタリティ・プロジェクトの権益を1平方フィートあたり1,526人民元相当で取得し、取引総額は、同開発が独自に評価した122億人民元に対して49%のディスカウント、純資産価値84億人民元に対して29%のディスカウントとなる。

「中洋は、「現在の流動性を考慮すると、当グループはIndigo IIプロジェクト開発に関して、計画通りのスケジュールで対象会社に資金を供給することが極めて困難である。 金曜日に香港証券取引所に提出した.”本処分により、当社グループは対象会社への投資を実現し、関連する優先債務および必要な支払義務の返済のための当面の資金源を回収することができるだけでなく、当社グループの現在の財務および流動性の状況を鑑みると困難であった、同プロジェクトに対する将来の資金調達義務からも解放される。”

セブン・オフィスタワー

この取引は株主の承認が必要であり、スワイヤーとチャイナ・ライフ・ビークルは、それぞれ2870万人民元と9610万人民元のSino-Oceanのプロジェクトに対する融資残高の元本と利息を引き受ける。

テクノロジー スワイヤー・プロパティーズのティム・ブラックバーン氏

スワイヤー・プロパティーズのティム・ブラックバーン最高経営責任者

SwireとSino-Oceanが北京市朝陽区の江泰地区に建設中の複合商業施設Indigoの拡張プロジェクトとして、Indigo Phase IIは400万平方フィート(375,841平方メートル)の開発計画で、7棟のオフィスタワー、ショッピングモール、ホテルが建設される。プロジェクトは2025年と2026年の2期に分けて完成する予定で、現在、地下と上部構造の建設が進んでいる。

オフィスビルは合計で 2.800万平方フィート の延べ床面積を有し、商業施設は889,608平方フィート、ホテルは346,803平方フィートとなる。このプロジェクトは 2020年12月に発表された 投資総額は230億人民元で、そのうち中遠は4月時点で63億人民元の出資と融資を行っている。

チャイナ・ライフは、チャイナ・ライフの子会社であるチャイナ・ライフ・プロパティーズを通じて、リミテッド・パートナーおよびジェネラル・パートナーを務めるファンドを通じて、シノオーシャンの2つの事業体から49.895%の株式を取得する。北京の保険会社 は4月に は、49億人民元の追加資本を投入する意向であることを発表していたが、そのうち31億人民元はインディゴ第2期への投資に充当される予定である。

残りの0.21%の持分は北京江泰鎮政府の事業体が保有しており、取引完了後もその持分は維持される。

Sino-Oceanは、今回の売却で18億人民元の損失を計上する見込みだが、財務状況が改善すれば、将来的にプロジェクトに再参加する可能性を示唆しており、今回の合意には、SwireとChina Lifeファンドからの持分とプロジェクト・ローンを買い戻すためのビルダーに対する優先交渉権が含まれている。また、Sino-Oceanは、売却後も建設コンサルタントサービスなど、特定のコンサルタントサービスをプロジェクトに提供し続ける可能性があるとしている。

資産売却

チャイナ・ライフが29.59%の株式を保有する国営企業Sino-Oceanは、資金需要を満たすために資産を売却している。このデベロッパーは2023年に211億人民元の帰属純損失を計上し、借入金総額は961億人民元となった。 12月現在そのうち698億人民元が1年以内の支払期日で、現金および現金同等物はわずか20億人民元だった。

「中国の不動産市場が低迷する中、当グループは流動性圧力に直面しており、一般的な資金調達ルートへのアクセスが困難である。

今回の売却は、香港証券取引所上場のSino-Oceanにとって、Swireへの本土プロジェクトの2度目の売却となる。 Sino-OceanのTaikoo Li Chengduショッピングセンターの株式の半分を買い取った。 を2022年12月に55億人民元で取得する。

Sino-Oceanによるその他の売却には以下が含まれる。 オーシャン・ウェイ・ライフ・プラザ・北京モールデベロッパーは、2023年5月に深センの小売業者Easyhomeに3億5920万人民元で売却することで合意した。 チャイナライフ・ファイナンシャル・センター・オフィス・タワーの10%の株式 を2022年に2億3,000万人民元でチャイナ・ライフの子会社2社に売却した。

2023年9月、中国海洋 支払い停止 全体的な債務再編を促進する必要があるとして、すべてのオフショア借入れの支払いを停止した。

小売業界の明るい話題

Sino-Oceanの処分は、既存のIndigo開発における店舗とオフィスの稼働率がそれぞれ99%と85%に低下したことによる。 12月現在100%と94%から 年前.

SwireとSino-Oceanはそれぞれ、2012年に完成した、946,769平方フィートのインディゴモール、25階建てのAグレードのOne Indigoオフィスビル、SwireのホスピタリティブランドEASTの365キーホテルで構成される、190万平方フィートのインディゴ複合施設の株式の半分を所有している。

北京のAグレードオフィス市場の第1四半期時点の全市空室率は20.1%で、前年同期から3.7ポイント上昇した一方、賃料は同期間に11.4%急落した、 コリアーズ調べ.

コリアーズは、北京のオフィス市場の空室率が2026年には25%に近づくと予測しており、スワイヤーは、中国本土の小売物件からの総賃貸収入が、稼働率の改善と前年比46%の売上高の急増を背景に、2023年には前年比20%増の51億香港ドルに達したことから、中国の首都における小売業のプレゼンス拡大を選択している。インディゴ・モールの同期間の総賃貸収入は13%増、小売売上高は27%増となった。

4月、香港のデベロッパー が決定を発表した。 は、北京の太古里三里屯開発内にあるホテル「オポジット・ハウス」を閉鎖し、「革新的な小売ランドマーク」に建て替えると発表した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article