33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

テンセントが支援するドイツの航空新興企業リリウムが中国法人を設立

Must read

テクノロジー

テクノロジー テンセントが支援するドイツの航空新興企業リリウムが中国法人を設立
テンセントが支援するドイツの航空新興企業リリウム、中国法人を設立 クレジット リリウム

中国のハイテク大手テンセントが支援するドイツの航空会社リリウムは月曜日、中国南部の深セン市宝安区政府との協力協定の一環として、同市に地域本部を設立したと発表した。リリウムは宝安低高度経済産業公共サービスセンターに現地法人(力翎航空)を設立し、欧州の電動垂直離着陸機(eVTOL)メーカーとしては初めて、同地区に地域事務所を置く。同社は、同社の飛行体が最終的に現地の安全要件を満たし、中国でのeVTOLの商業運用の前提条件である耐空証明を取得することで、「この地域の低高度経済における積極的かつ貢献的な業界プレーヤー」となることを期待している。このニュースは、TechNodeが以前報じたように、中国の数十の地方政府が最近、eVTOLの開発を促進するための作業計画を発表し、北京が「低高度経済」と呼ぶものを強化するよう呼びかけていることに対応したものである。中国の企業データベースQichachaによると、深センに拠点を置くテンセントが約22%の株式を保有する筆頭株主で、リリウムは4月、登録資本金190万ユーロ(200万ドル)の全額出資子会社を深センに設立した。[[リリウムリリース, テックノードレポート]

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article