31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

この株式市場の興奮を避ける

Must read

ダウ40,000ドル達成を見守る投資クラブ

ゲッティ

株式市場が新たな成長局面にあるとの見方は、どこにでもある。その証拠は?メディアはこぞって株価指数の最高値更新を報じている。最近では、ダウ工業株30種平均(DJIA)が初めて4万ドルに達した。

では、その明確な証拠の何が問題なのか?インフレだ。インフレはドル建てで測定・分析されるものすべてに影響を及ぼす。そして現在のようにインフレ率が高いときは、成長と改善を著しく誇張する。株式市場は特にインフレの誤解を招きやすい。

DJIAが40,000に達したのが良い例だ。

Covid期間の累積インフレ率21.1%を調整すると、40,000は33,000になる。しかも、このインフレ調整後の水準に初めて到達したのは3年前の2021年4月である。これがその写真で、報告されたインフレ調整後のDJIAを示している。

報告値(オレンジ)とインフレ調整後(緑)のDJIA

ジョン・トビー(セントルイス連銀-FRED)

では、結論は?

第一に、DJIAはまだ3年前の高値を突破していない。第二に、前回の高値に位置しているため、突破への期待と、突破に失敗して最近の上昇を戻すかもしれないという懸念の両方がある。

S&P500とナスダックはどうだろう?

ここで「広範」が見えてくる。まず、報告されている3つの指数すべてから始めましょう。すべて新高値。

報道された米国主要3指数

ジョン・トビー(セントルイス連銀-FRED)

次にCPI(全品目)指数を加えてみよう。株価指数が上記であるのに対し、CPIは高い上昇を示している。

3つの指数とCPIの比較

ジョン・トビー(セントルイス連銀-FRED)

今度はインフレ調整後の指数である。新高値は姿を消し、以前のような希望と懸念が入り混じった状況がいたるところで生じている。

インフレ調整後の3つの指数

ジョン・トビー(セントルイス連銀-FRED)

インフレ効果を見るもう一つの方法:偶数レベルの調整

このグラフは、「実質」水準がCovid期間中にどのように変化したかを示している。DJIAが調整後35,000ドルに達するには2,000ドル以上、調整後40,000ドルに達するには8,000ドル以上の上昇が必要であることは明らかです。

インフレ調整後の主要指数水準

ジョン・トビー(セントルイス連銀-FRED)

S&P500とナスダックのパフォーマンス向上については?

第一の理由は時価総額のウェイトです。大企業が有利なため、2つの指数はプラスの影響を受けている。さらに、成長株がバリュー株を上回ったため、ナスダックはS&Pを上回ることができた。

しかし、これらの違いには警告がある。今日の2021年の高値への戻りは、当時と同じ違いを示している。では、この株式市場環境は新たに形成された強気相場の基盤なのだろうか?それとも、以前の状態に戻っただけで、反転の可能性があるのだろうか?

結論:メディアが全面的に同意するときは、逆張りするときである。

メディアは、株式市場は史上最高の成長局面にあると主張している。インフレを調整すると、その見方を否定する「本当の」姿が浮かび上がってくる。したがって、今は熱狂的な楽観主義者ではなく、慎重な現実主義者になるべき時である。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article