32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

アレス、GLPの非中国ファンドマネジメント事業への投資について協議中と発表

Must read

テクノロジー

テクノロジー マイケル・アロウゲティ、アレス最高経営責任者兼社長

アレス・マネジメントのマイケル・アロウゲティ最高経営責任者(CEO)兼社長は、同社のアジアにおけるプレゼンスを拡大している。

アレス・マネジメントは、過去4年間に一連の買収を通じてアジアでのプレゼンスを拡大してきたが、金曜日に米国企業がGLPの中国以外のファンド・マネジメント事業の株式を取得する可能性があるとの報道があり、これまでで最大の買収に踏み切る可能性が出てきた。

GLPキャピタル・パートナーズの日本、東南アジア、欧州、米国、ブラジルでの事業を買収すれば、アレスの既存の3780億ドルの運用資産に約660億ドルの資産が加わることになる、 ブルームバーグの報道によると両社の話し合いを知る人物を引用している。

アレスは、2020年に香港を拠点とするディストレスト・デット専門のSSGキャピタル・マネジメントを買収した後、2022年に元KKR不動産幹部のブライアン・サザギルを雇用し、それ以来、この地域の不動産ファンド・マネージャーの買収を積極的に模索している。

2022年時点で450億ドルの中国での運用資産を持つGLPは、昨年11月に最後の投資適格のオフショア信用格付けを失ったため、本土事業のためにますます国内資本への依存を強めている。昨年8月、GLPは70億ドルの中国物流資産を売却可能にすると報じられた。

ディールストリーク

GLP、日本最大の物流デベロッパーおよびファンドマネジャーに、アレスとともにランクイン は12月に明天地に GLPキャピタル・パートナーズは1年前の発表によると、日本で約300億ドルの資産を運用していた。1年前の同社の発表によると、GLPキャピタル・パートナーズは日本で約300億ドルの資産を運用していた。

テクノロジー ミンメイ

明Z美のGLP、11月に最後の投資適格オフショア格付けを失う

昨年7月、Aresは東南アジアの拠点を以下のように拡大した。 シンガポールのプライベート・エクイティ・ファーム、クレセント・ポイント・キャピタルを買収した。を買収し、同地域における運用資産38億ドルを追加した。同社はまた、PAG、シティック・キャピタル、アブダビ投資庁、ムバダラ・インベストメント・カンパニーとともに、今年初めに 83億ドルの買収 大連万達集団の主要ショッピングモール経営事業を83億ドルで買収した。

アレスが同地域で事業を拡大する中、GLPはグローバルで以下のような処分を行っている。 ブラジル事業の倉庫12物件を売却 を1月にブルックフィールドのジョイント・ベンチャーに3億ドルで売却した。

GLPチャイナは2月、債務の重圧を和らげるため、一部のファンドの出資について投資家と協議していると報じられた。S&Pは昨年11月、GLPとGLPチャイナ・ユニットを「BB」に格下げした際、同社の流動資産と当面の負債の不均衡を指摘した。

S&Pは格下げに関するプレスリリースの中で、「GLPの報告された短期負債は、2022年12月末時点の28億米ドルから、2023年6月時点で65億米ドルに膨れ上がっている」と述べた。

「この増加は、2024年上半期に16億米ドルの債券満期が近づいていることと、過去6ヵ月間に回転信用枠(RCF)の引き出しが増加したことによる。短期満期は、2023年6月末時点の現金残高25億米ドルに比して大きい。”

GLPのニコラス・ジョンソン最高財務責任者(CFO)は5月の投資家向け電話会議で、同社は来年償還期限の10億ドルの社債を返済する準備をしており、2024年中にすでに17億ドルの社債を返済したと述べ、投資家を安心させた。ジョンソン氏は、GLPの負債の約46%が今年満期を迎えるため、同社は2025年の社債を返済するために新たな負債にアクセスする可能性があると述べた。

ジョンソン氏は電話会見で、GLPは手元現金、営業キャッシュフロー、資産売却から今年の債務を返済する計画だと述べた。

本土市場の圧力

2023年、GLPキャピタル・パートナーズは中国本土で5本の人民元建てインカムファンドを展開し、国内保険会社やその他の現地投資家からの資金調達を支援した。

4月、GLPの21.4%を取得したチャイナ・ヴァンケは、GLPキャピタル・パートナーズに出資した。 を取得した。 を買収し、筆頭株主となった。 株式を売却していると報じられた。 流動性が逼迫する中、倉庫建設業者とファンド・マネジャーの株式売却が報じられた。

GLPは昨年2月、物流資産のオーナーからアセット・ライト・マネージャーへの移行を目指し、GLPキャピタル・パートナーズを指定ファンド・マネジメント部門として導入した。

アレスとGLPの代表者は、Mingtiandiの取材に対し、両社の協議に関するコメントを拒否した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article